• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本シリーズ開幕、勝つのはセの王者かパの雑兵集団か

セ王者・中日の“勝利の方程式”がカギを握る

  • 森本 美行

バックナンバー

2010年10月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年の日本プロ野球の日本一を決める日本シリーズが明日開幕する。

 雌雄を決するのは、2位の阪神タイガースをわずか1ゲーム差で上回ってリーグ優勝を遂げた中日ドラゴンズと、首位の福岡ソフトバンクホークスと2.5ゲーム差の3位でレギュラーシーズンを終えた千葉ロッテマリーンズ。リーグ覇者と3位通過チームという対照的な顔合わせとなった。

クライマックスシリーズでの勝ち上がりも対照的な2チーム

中日をリーグ制覇に導いた落合博満監督

 両者は、日本シリーズの出場チームを決めるクライマックスシリーズでの戦いぶりも対照的だった。

 ロッテは、ファーストステージではリーグ2位の埼玉西武ライオンズを2連勝で下したものの、ファイナルステージはソフトバンクに1勝3敗とされ、先に王手をかけられた。そこから3連勝して、日本シリーズ出場を勝ち取る離れ業をやってのけた。

 一方、セリーグ覇者としてファイナルステージから登場した中日。デッドヒートの末に優勝を手にしたレギュラーシーズンとは打って変わり、ファーストステージを2連勝で勝ち上った読売ジャイアンツを寄せつけず、4勝1敗で退けた。

 王者らしい結果を出した中日。そして瀬戸際からの大逆転劇で波に乗るロッテ。果たしてどちらが日本一の座に輝くだろうか。

 両チームのファイナルステージでの戦いをデータから振り返り、日本シリーズの行方を左右しそうなキーポイントを探ってみよう。

伏兵が思わぬ活躍を見せたロッテ

 まずは奇跡的なカムバックによって日本シリーズ出場を果たしたロッテから。

 ロッテがあと1敗で敗退という絶体絶命の状況から3連勝できたのはなぜか。第1の要因として伏兵の活躍を挙げたい。

 よくポストシーズンのような短期決戦のカギはラッキーボーイが握ると言われる。ロッテにはまさにラッキーボーイが現れ、ここぞという場面で活躍した。

 例えば8番打者の大松尚逸。クライマックスシリーズのファーストステージとファイナルステージを通じての打率は1割9分2厘と低迷したが、ファイナルステージ初戦では2回表に先制点となる3ランホームランを打つ。ソフトバンクに王手をかけられた後の第4戦では、4回表2死1、2塁の場面でタイムリーヒットを放ち、反攻の口火を切った。

 そして7-0で快勝した最終戦でも、8回にダメ押しの2ランホームランを打って、ステージ計6打点。MVPに近い活躍で特別賞を受賞した。

コメント2

「森本美行のスポーツ解剖学 データでひもとく試合の“真実”」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長