• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

97. 『読まず嫌い。』の著者が上野千鶴子『女ぎらい』を読む。

  • 千野 帽子

バックナンバー

2010年11月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のチノボーシカです。

 紀伊國屋書店出版部の季刊PR誌《scripta》連載、上野千鶴子『ニッポンのミソジニー』の第7回「女子高文化とミソジニー」(同誌2008年7月号)の論の運び(誤記をもとに他人を攻撃したこと)について、少々批判的に取りあげたことがある。この連載の第80回がそうだ。

女ぎらい ニッポンのミソジニー』上野千鶴子 著、紀伊國屋書店、1575円(税込)

 じつは私はすでにこの話題について、ことし1月に文芸誌《真夜中》2010年早春号で軽く触れていたのだが、字数の関係で詳しく述べられなかったので、6月に改めて取りあげた次第。

 上野さんの連載は2007年1月から2010年7月までの3年半にわたり、このたび『女ぎらい ニッポンのミソジニー』として紀伊國屋書店から刊行された。

 連載中にここで取りあげたことで、紀伊國屋書店編集部の目に留まったそうだ。単行本が送られてきた。単行本では当該箇所は訂正されている。

*   *   *

セクシィ・ギャルの大研究 女の読み方・読まれ方・読ませ方』上野千鶴子 著、岩波現代文庫、840円(税込)

 私は10代のころ、オタクコンテンツの「男女別学」性と週刊誌(《アサヒ芸能》とか《女性自身》とか)の「男女別学」性とが同型である可能性に気づいた(「24年組の少女漫画を読む男性SFファン」「少年漫画を読む腐女子」は、それだけではじつはオタクコンテンツの「男女別学」性の反証とはならない)。

 そのとき、上野さんの『セクシィ・ギャルの大研究 女の読み方・読まれ方・読ませ方』をたまたま手に取ることがあって、自分の仮説にgoサインが出た気がしたものだ。

コメント1

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員