• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「愛の秩序にしたがう人々」は偉大で輝きにみちている

わたしは愛する【19】

2010年11月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

パスカルと自己愛

 これまでみてきたアウグスティヌスやキルケゴールの愛の秩序は、愛する対象についての秩序だったが、主体における愛の秩序というものも考えられるはずだ。有名なのがパスカルの愛の秩序だろう。

 パスカルでもアウグスティヌス的な愛の秩序の思想は存在する。しかしパスカルは人間にとって自己愛がきわめて強いものと考えていたために、隣人愛の次元がほとんど考えられていない。神への愛と自己愛の対峙のうちで思考が進められるのだ。パスカルは「すべての人は、幸福になることを探し求めている。それには例外がない。どんな異なった方法を用いようと、みなこの目的に向かっている」[1]と考える。「すべてのものは何よりも自分を愛するからである」[2]と。

 この自己愛はあまりに普遍的で強いものであるために、神に向かう道は自己の外部に求めることができないほどである。「われわれは自分の外にあるものを愛することはできないので、われわれのうちにあって、しかもわれわれでない存在を愛さなければならない。このことは全人類の一人一人について真実である」[3]と言えるほどなのだ。

 だから神に向かう道は自己のうちのこの「われわれでない存在」を通じてでなければ開かれない。「神の国はわれわれのうちにある。普遍的な善は、われわれのうちにあって、われわれ自身であり、しかもわれわれではないものである」[4]。神を信仰するということは、自分が愛すべきではないもの、憎むべきものであることを認識することである。「真の唯一の徳は、それゆえに自分を憎むことである」[5]

 自分を憎む必要があるのは、自我というものには憎むべき二つの性質があるからだ。自我は自分の幸福のことしか考えないし、自分の幸福のためには、他者を自分にしたがわせようとするからだ。「それはすべてのものの中心になるから、それ自身、不正である。それは他人を従属させようとするから、他人には不快である。なぜなら、各人の自我は互いに敵であり、他のすべての自我の暴君になろうとするからである」[6]。人間は「生まれつき不正」[7]なのだ。

パスカルと隣人愛

 自己のうちにある神ではない自我を憎むべきであると同時に、わたしを従属させようとする他者、わたしを魅了して神の国を忘れさせようとする他者もまた憎むべきである。「一人の神があるとしたら、彼のみを愛すべきであり、過ぎ行く被造物を愛してはならない」[8]。そして「われわれをそそのかして被造物に執着させるものは、すべて悪である。……したがってわれわれは、われわれ自身と、われわれをそそのかして一人の神いがいのものに執着させるすべてのものを、憎まなければならない」[9]という結論は避けがたい。この論理には隣人愛の登場する余地がないかのようである。

 隣人愛にみえるものも、実はたがいの憎しみが仮装したものかもしれない。というのも「すべての人は生来たがいに憎みあうものである。人は邪欲を公共の福利に役立たせようとして、できるだけ用いた。だが、それは見せかけにすぎない、愛の虚像にすぎない。なぜなら、実のところ、それは憎しみにほかならないのだから」[10]

三つの秩序

 しかしパスカルはこのようなアウグスティヌス的な愛の秩序、すなわち、愛する対象における秩序のほかに、信仰する主体における愛の秩序を考えた。すでに古代のギリシアにおいて、プラトンは魂の三つの秩序という概念を提起していた。魂には理性的な部分と、気概を司る意志の部分と、欲望の部分があり、たがいに自分の望む方向に進もうとして争っているのだった。パスカルの秩序はこのような魂の内部の秩序ではなく、人間を身体の秩序、心情の秩序、精神の秩序という三つの秩序で構成されている存在とみなそうとするものである。

コメント1

「中山元の哲学カフェ」のバックナンバー

一覧

「「愛の秩序にしたがう人々」は偉大で輝きにみちている」の著者

中山 元

中山 元(なかやま・げん)

哲学者、翻訳家。

1949年生まれ。東京大学教養学部教養学科中退。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長