• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

池上彰さん、ニッポンの「ガラパゴス」技術こそ、BOP市場を攻略するカギになるって本当ですか?

『世界を救う7人の日本人』発売記念連続インタビュー【2】

2010年11月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

―― 前回のインタビューで、多くの日本人が国際貢献の現場で活躍しているとうかがいました。国際貢献のプロジェクトを進めるためには、地元の政府関係者とも密接にかかわることになりますよね。そこで注目したいのが年収3000ドル以下の40億人以上いると言われるBOP(ベース・オブ・ピラミッド)市場。日本の途上国への国際貢献は、BOP市場への足がかりになるのでしょうか?

池上 もちろん、公的機関の国際貢献は、企業がBOP市場を開拓する上での足がかりになります。

 途上国は、経済的な側面で大きな可能性を秘めている一方で、社会システムがまだまだ整備されていない国が多いのが特徴です。私が取材したスーダン南部のように、ついこの前まで紛争状態だった国もありますし、長い間独裁政権下にあって、民主主義的な社会を成立させるだけの法律も、社会常識も行き渡っていない国もあります。

 国際貢献は、まさにこうした国々の社会システムを整備していくお手伝いです。先進国のビジネスルールがそのまま通用する世界ではない国において、国際貢献を通じて構築した現地との人脈や社会に対する好感度は、日本企業のBOP市場開拓に必ず役に立つはずです。

―― 池上さんご自身、今回の書籍でスーダンやウガンダの現地取材を行っていますね。BOPの中心はアフリカ諸国ですが、実際にご覧になって経済面での成長の兆しは感じられましたか?

池上 はい。スーダン南部のように紛争が休止してから時間がたっておらず、復興への道のりがまだまだ険しい地域もありますが、なにせアフリカの53の国のうち、すでに20カ国近くが経済成長し始めています。この流れを無視するわけにはいかないでしょう。

スーダン南部のジュバで開かれた職業紹介イベント「オープンデイ」を取材する池上さん。紛争から復興への道のりは険しい

 BOP市場の潜在的な市場規模は500兆円以上とも言われています。これまで貧困層が多かったということは、逆に言えばそれだけ成長の可能性を秘めている地域が多い、ととることもできるわけです。

 ただし、残念なことに日本の公的機関の国際貢献と、一般企業のBOP戦略は必ずしも歩調を一にはしておりません。

 すでに欧米諸国は将来離陸するであろうBOP市場をにらんで、様々な形で動き出しています。具体的には公的機関の国際貢献と一般企業の市場進出の歯車が合っています。

 一方の日本はというと、国際貢献の現場の専門家の方から聞いた話の多くは、「日本の公的機関はBOP市場の開拓には消極的だし、企業の活動もまだまだ目立っていない」というものでした。潜在力はあるだけに、もったいない話です。

―― なぜでしょう? どうも欧米と日本の間で、BOP市場の捉え方に温度差があるような感じがしますね。

池上 ここで、商社マンを題材にした古い笑い話をご紹介しましょう。
 ……昔々、2人の商社マンがとある途上国に靴を売りに行きました。現地を視察したら、住民は誰も靴を履いておらず、裸足で生活をしています。

 それを見て、片方の商社マンはさじを投げました。
「ダメです。こっちの人は誰も靴なんか履いちゃいない。一足も売れないよ」
 同じ光景を見た、一方の商社マンはにやりと笑いました。
「この国は宝の山だ。なぜかって? 誰も靴を履いてないだろう。だったら国民全員が新規顧客じゃないか!」

コメント3件コメント/レビュー

途上国在住です。日本の中古車に日本語のロゴがついたまま走っているというのは、日本のユーザーは車を丁寧に使って中古車でも状態がいいと考えられており、日本語のロゴの付いた中古車は価値が高いとされているためで、欧米から輸入された中古の日本車より価値が高いとされているそうです。オーナーはいい車に乗っていることを示すために、あえて日本語のロゴを残し、それを格好いいとして誇示します。でも、後付で意味不明な漢字や漢字っぽい記号を書き込んだものもあり、中には噴出してしまうようなものもあります。(2010/11/16)

「著者に聞く」のバックナンバー

一覧

「池上彰さん、ニッポンの「ガラパゴス」技術こそ、BOP市場を攻略するカギになるって本当ですか?」の著者

山根 小雪

山根 小雪(やまね・さゆき)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション、日経エコロジーを経て、2010年1月から日経ビジネス記者。エネルギーを中心に、自動車や素材など製造業を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

途上国在住です。日本の中古車に日本語のロゴがついたまま走っているというのは、日本のユーザーは車を丁寧に使って中古車でも状態がいいと考えられており、日本語のロゴの付いた中古車は価値が高いとされているためで、欧米から輸入された中古の日本車より価値が高いとされているそうです。オーナーはいい車に乗っていることを示すために、あえて日本語のロゴを残し、それを格好いいとして誇示します。でも、後付で意味不明な漢字や漢字っぽい記号を書き込んだものもあり、中には噴出してしまうようなものもあります。(2010/11/16)

遠い将来はともかく特殊な商品を除き多くの商品にとって「グローバル」な市場というものは無い。あるのは個別の個性を持った市場の集合体だ。ガラパゴス化とは「グローバル」な市場が存在することを前提とする幻想とも言えよう。「グローバル」に市場を勝ち取るための戦略の必要性を否定はしないが、その結果各個別市場の個性を無視することになれば本末転倒であり、百害あって一利無しであろう。その意味でまさにわが意を得たりと言う内容だった。(2010/11/16)

水だけでなく、ごみ処理施設の技術も、日本は優れているのではないでしょうか?今、メキシコに住んでおり、Veracruz州を旅行してきましたが、国道MEX-175沿いは、トロピカルな雰囲気もあり、自然もたくさんあって、非常に大切にされるべき環境であるのに、町と町の間の国道沿いが、そのままゴミ廃棄場になっており、溜まると、そのまま、火をつけて燃やして処理する、という状態のようでした。近くには、さとうきび畑もあり、決して豊かとは言えない暮しをしている人々がいます。このようなごみ処理方法が、健康的にも環境的にも害を与えるという概念がまだないのか、それとも、認識していても、政府の予算がないので後回しになっているのかわかりませんが、とても心を痛める状況でした。いつも、拝読している記事ですが、あまりにも、今日考え、思ったことと近かったので、コメントさせていただきました。(2010/11/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長