• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

98. 『知ってるつもり?!』をこじらせて。

  • 千野 帽子

バックナンバー

2010年11月17日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のチノボーシカです。

すばる』2010年12月号 集英社、880円(税込)

 《すばる》2010年12月号に、小説家の藤野可織さんが「フィギュアスケートのシーズン」というエッセイを書いている。

 藤野さんにとってフィギュアスケートとは、〈エアロビクスの大会〉的な珍妙さと〈ローザンヌ国際バレエコンクール〉的な壮麗さが〈寄せては返す〉ものであり(そうそう、フィギュアスケートとは妙ちきりんかつ壮麗なものです)、〈珍妙さと壮麗さに動揺するあまり、私はフィギュアスケートのこととなるとすっかり取り乱すようになってしまった〉のだという。

 これはあのスポーツに私が感じているものとほぼ同じだ。作家とはなんとうまいことを書くものだろう。

ただし私は、ここ数年のブームに引きずられて熱くなったにわかファンに過ぎない。〔…〕
それにしたって、もう5、6年だ。ファン歴は浅いが、それでもこれだけの期間入れ込んでいれば少しは目が肥えようものなのに、〔…〕ジャンプの種類もろくに見分けることができない。ルッツとフリップの区別なんか、ぜんぜんつかない。回転不足もわからない。スピンのチェンジエッジもだめだ。〔太字部分は原文では傍点〕

藤野さん、俺もですよ。

 というか、藤野さんに比べて私のほうがもっと浅い。〈チェンジエッジ〉、そう言えばそういう言葉があったなあ…。

 半可通という言葉があるが、私はフィギュアスケートについては「全不可通」なのだ。

 まさに6年前、中野友加里選手と安藤美姫選手を応援しようと決め、その後男子では高橋大輔選手(ポートランドでの優勝おめでとうございます)のニュースに注目してきた私だが、実況解説者がなにを言っているのか、いまでもけっこうわかっていないことが多い。

 どうなんでしょう、フィギュアスケートの中継を見ている人は、荒川静香の解説に完全についていけるほどあれを、試合を、把握しているのでしょうか。

 それまで見てきたプロ野球や総合格闘技よりも、フィギュアスケートの解説が遥かに難解に思えるのは、私の耄碌のせいなのだろうか。

コメント0

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)