• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

池上彰さんに聞く!
なぜメディアは「わかりやすく伝える」ことができないんでしょうか?

『世界を救う7人の日本人』発売記念連続インタビュー【4】

2010年11月30日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

伝えるメディア側が、実は視聴者や読者をバカにしている?

――前回までのお話で、日本の国際貢献が、新しいインフラ市場やBOP市場の発達と密接に関連していること、そして多くの日本人が現場で奮闘していることを知りました。国際貢献というと、税金のムダ使いじゃないか、現地で役に立ってないんじゃないか、というぼんやりしたイメージがあったのですが、メディアの末席にいながら不明を恥じる次第です。

池上 私も現場を取材し、専門家の方々と直にお話しすることで、日本の国際貢献の意味がはっきり見えるようになりました。

 実は長年、日本国内で「国際貢献」という言葉はあまりイメージがよくありませんでした。それというのも、70年代から80年代にかけて、「日本は国際貢献分野でカネは出すけれどもヒトは出さない」と何度も批判されたからです。

 きわめつけは、90年代初頭の湾岸戦争のときです。日本は130億ドル以上の資金援助を多国籍軍に対して行いました。ところが、このとき、まさに「日本は、カネは出すが、ヒトは出さない」と参戦国の批判を浴びたんですね。終戦後も、イラクに侵攻されたクウェートは、参戦国に感謝決議を行ったものの、日本の名はそこにありませんでした。

 かくして国際分野で日本はカネは出すけれどヒトは出さない、というイメージができあがってしまいました。
 問題はそのあとです。90年代から2000年代にかけて、日本の国際貢献の現状について、メディアの多くは現場取材を行いませんでした。貢献の内容の変化についても検証がされませんでした。

 今回、『世界を救う7人の日本人』の取材を通して、私はアフリカのスーダンやウガンダの国際貢献の現場に赴きました。そして、「カネは出すが、ヒトは出さない」というのが固定化した誤ったイメージであることを思い知りました。

 スーダンの片田舎では日本人の専門家が、母子保健の改善に村の村落助産師たちを指導して回っている。紛争停止から間もない南部のジュバでは、打ち捨てられた戦車が道端にあり、満足に舗装もされていない街の中を、現地の人たちが新しい就労機会を得るためのさまざまなプロジェクトを遂行するために、国際機関や、JICAや、NPOなどさまざまな組織に属する日本人たちが、文明生活ができるぎりぎりの環境下で奮闘している。

 日本の国際貢献の特色は、むしろ「ヒト」にありました。現地の人たちの目線で、現地の人たちに交じって、新しい社会インフラを構築し、そのインフラが活用されるためのサービスをともに作っていく。言語の違いがあります。文化や習慣の差があります。そんな差異を、辛抱強く、けれども期日までにちゃんと超えて、ミッションを果たす。

 (たいしたものじゃないか、日本の国際貢献)と思うと同時に、日本で報じられている情報と国際貢献の現実との間には大きなギャップがある。これはきちんと伝えないと、と強く思いました。

アフリカ・スーダンの小学生、中学生たちにも伝えたいニュースがあるはずです。

――本来は、もっと前からメディアがきちんと検証して伝えていなければいけなかった事実ですね。国際貢献とインフラ市場やBOP市場とのかかわりも知っていたら、私たちビジネスメディアでも取材すべきことはたくさんあったはず。なぜメディアは検証してこなかったんでしょうか? 私から質問するのは心苦しいのですが……。

池上 いささか厳しい物言いになってしまいますが、あえていいます。それはメディア側に立つ人間が、国際貢献のような問題は内容が難しいし、日本人と直接関係がないから、どうせ取り上げてもテレビだったら視聴率はとれないし、新聞や雑誌だったら部数増に結びつかないし、書籍だったら誰も買わないだろう、と決めつけてきたからでしょう。

コメント5件コメント/レビュー

国際貢献でお金が現場に直接投入されるまでに、役所などで中抜きされるお金はどのくらいの比率だろうかがいつも気になっている。(2010/11/30)

「著者に聞く」のバックナンバー

一覧

「池上彰さんに聞く!
なぜメディアは「わかりやすく伝える」ことができないんでしょうか?」の著者

山根 小雪

山根 小雪(やまね・さゆき)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション、日経エコロジーを経て、2010年1月から日経ビジネス記者。エネルギーを中心に、自動車や素材など製造業を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

国際貢献でお金が現場に直接投入されるまでに、役所などで中抜きされるお金はどのくらいの比率だろうかがいつも気になっている。(2010/11/30)

メディアの報道はいつも本質からずれている、この思いは池上さんと同じです。例えば、尖閣問題の本質は、中国漁船は日本の領海を侵犯したのかしないのか、侵犯したとすれば日本の法律はそれに対してどのような対応をとることになっているのか、というところが議論の本質です。しかし、そんな取り上げ方があったでしょうか。それと取り上げるテーマの問題があります。これは国会にも当てはまりますが、選挙基盤の一般人が受けると思われるような問題を取り上げてしつこく質問します。選挙資金だとか、失言だとか。国の問題の基本は、食料とエネルギーと軍事でしょう。食料自給率では計算方法がおかしいこともさることながら、40%という状態を動考えるか、レアアースの比ではないでしょう。同じことはエネルギーにも言えます。核の抑止力を言いながら非核三原則との矛盾をテーマにしたことがあるでしょうか。これらの問題について議論できないタレント候補を投票させる有権者の問題を取り上げたことがあるでしょうか。分り易い解説とは、本質を見極めた解説であると考えています。(2010/11/30)

池上彰に問いたい。なぜメディアは嘘・捏造・出鱈目・大袈裟・偏重な報道をするのか。視聴率が15%あっても、正しく理解してる人は何人?ハッキリ言えばほぼゼロ。何故なら見て終わるだけだから。見た後にググるなりして自分でも調べたのなら記憶に残るけど、テレビで見ただけでは記憶に残らないもの。って言うか、あの番組も真実を隠蔽して放送してるから信用できない。いや、あれを関西で製作すればもっと真実を知ることができる。で、関東以外で放送すれば良いだけ。国際貢献に否定的な意見が多いのはNPO擬きが詐欺を行うから。それをマスゴミが偏重報道しNPOは詐欺集団みたいな印象を与えてるのも原因。また、不都合な事は報道せず、都合が悪くなってくると報道の自由だの表現の自由だの騒ぎ出す。ところが特落ちを恐れて他社と同じ事しか報道しない。辛某も言ってたけど、尖閣流出ビデオは日テレは当初報道するなって命令してたからね。フジテレビとNHKが放送してからGOサインが出たんだから。マスゴミの99%が馬鹿でDQNだから「わかりやすく伝える」ことができないだけ。特に関東のメディアは言論統制し表現を制限した違憲メディアばっかりなんだから。(2010/11/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長