• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

走るのにお役立ちはコレ。
F氏が本当に使っているのはこんなグッズです

肉体派ビジネスエリート編Season2【第2回】

2010年11月29日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。フェルディナント・ヤマグチでございます。
 先週掲載したトレイルランの写真。実はアレ、苗場スキー場です。
 投稿欄に、「野麦峠ではないか」とコメントをお寄せいただいた方。うーん惜しい。
 ちょっと場所が違いました。
 私はふだん自宅近くの川沿いにある遊歩道をホームコースとして走っています。ここは区が結構気合いを入れて整備してくれていて、走っていて非常に気持ちが良い。春先にはたくさんの花が咲き乱れ、この季節は紅葉が美しい。落ち葉をサクサクと踏みしめながら走るのなんざ、なかなかオツなものです。
 しかしどんなに良いコースでも、毎日走っていればやがて飽きてきます。飽きはマンネリにつながり、マンネリはサボりに直結します。よほど意志の強い人でもない限り、毎日コツコツと同じルーティンを繰り返すのは難しい。
 私は典型的なB型人間ですから、極めて熱しやすく冷めやすいたちです。何でもすぐに飽きてしまう。ですから気分を変えるため、先週のように泊まりで山に出かけてトレイルランを楽しんだり、出張の際にシューズを持って行って地元の街をトコトコ走ったりしている訳です。
 いったん違う場所で走ってホームコースへ戻ってくると、視点が変わっているからでしょうか、その度に“新たなる発見”が生まれます。気にも留めていなかった花壇が急に目に入ってきたり、今まで厳しかった坂が急にラクに感じられようになったり……。そしてこれまで以上に快適に楽しく走れるようになる訳です。
 まあ恋愛と同じですね。ずっと同じ彼氏彼女じゃ飽きてしまうでしょう?たまには違う人とデートに出かけたいじゃないですか。ドキドキしながらヒミツのデートに出かけ、また本筋の彼女に会ってみると、“新たなる発見”が生まれて一層ラブラブに……と。
 や、失礼しました。こんなことだから「フェルディナントは日経にふさわしくない」と言われてしまうのですね。もうしません。いえ浮気じゃなくてヘンなこと書くのを。

飽き防止にお買いもの

 とまれ、スポーツでも恋愛でも何らかの方法で“気分転換”を図るのが長続きの秘訣です。しかし、そうしょっちゅう“遠征”をするわけにもいきますまい。時間の問題もあるしコストの問題もある。今回は“飽き防止”の手段として、もっとも手っ取り早い方法である“お買いもの”にフィーチャーいたしましょう。

 お買いもの。つまりグッズの話です。

 ランはスポーツの中でも特にコストのかからない種目です。何しろシューズと簡単なウェア、更に“ちょっとした気合い”さえあればいつでもどこでも始めることができる。しかし単純だからこそ、そこにほんの少しのエッセンスを加えると、これがグっと楽しくなってきます。安売りのジャージよりも、キチンとしたウェアを着た方がキモチ良く走れるでしょう?シューズや小物にしたって同じことです。

 本来であればこうした企画は、キチンとしたスポンサーを立てて、商品を提供して頂き、ついでに広告も入れて貰って進めるのが筋と言うものです。
 撮影に使ったグッズはメーカーの方が、
「あ、それはヤマグチさんに差し上げます。ウチも宣伝になりますから、どうぞそのまま使って下さい」。
「そうですか?いや~なんだか申し訳ないっスね。それじゃ遠慮なく」
という流れになるものなのですが、ケチ日経はそうしてくれません。

 私が編集I氏に提案しても、
「甘ったれるんじゃありませんよ。自分で買って下さい」
 とにべもありません。ちぇ。ケチ!

 そうした背景から、今回は私が現在使用しているグッズを中心に(中心というか、全てなんですが……)ご紹介して参りましょう。どれも中古品であります故、朝っぱらからお見苦しい写真も出で参りますがどうかご容赦ください。

 まずはシューズから。ショップに出かけてみると分かりますが、数多くのメーカーから、莫大な量のシューズが販売されています。さらに価格の幅も大きい。量販店に行けば“そこそこ”のメーカー品が1980円なんていうのもあるし、専門店に行けば2万円を超える高級品もある。安ければ安いに越したことはありませんが、多少のミエもあるし、そもそも多少のおカネをケチって故障でもしたら元も子もありません。シューズにだけはおカネをかけましょう。
 ここでケチっては絶対にいけません。そして買うときは必ずフィッティングのプロが居る専門店に行って下さい。履き慣れているメーカーの、同じラインのものを買うのならまだ良いですが、履いたこともない初めてのメーカーを通販で買うなどということは自殺行為です。絶対にやめましょう。

 私は現在3種類のシューズを履き分けています。
 まずはこれ。

コメント2件コメント/レビュー

体調も天候も毎日違う。だから飽きない。走ってねーだろ(2010/11/29)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「走るのにお役立ちはコレ。
F氏が本当に使っているのはこんなグッズです」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

体調も天候も毎日違う。だから飽きない。走ってねーだろ(2010/11/29)

あー、苗場でしたかー。残念!ではあのピークはどこだったのでしょうかねぇ。オカルトかもしれませんが、ああいうグッズって効きますね。私はフ○イテンを使っていました。復活しようかなぁ・・・膝痛いし肩は凝るし。今後も《楽しくも役立つかどうかは分からないが面白い記事》を読ませて下さいね。そろそろ旧車モノも見たいなぁ。世界に誇る名車シリーズとか。その頃の(今は引退された?)関係者にインタビューとか。どうですか?Iさん?(2010/11/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表