• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

パリで浅田真央さんは「私はスケートが好きなんです」と言った

  • 岩崎 夏海

バックナンバー

2010年12月20日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 浅田真央さんの本を書くことになった。

 これは、真央さん本人を初め、さまざまな方々のご協力のもとにスタートした企画である。
 もともとは、出版社の編集者の方(ここでは仮にAさんとする)が、ぼくのもとを訪ねてきてくれたことがきっかけだった。Aさんは、今年初め、後にベストセラーとなるぼくの著書『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(以下『もしドラ』)がまだ出たばかりの頃に、「これは素晴らしい本だ」と評価してくださり、「これに類する本をうちでも書いてくれないか」という提案を携えられ、会いにきてくれた。

 しかしながら、ぼくはこれを丁重にお断りした。なぜなら、『もしドラ』に類する本は書かないと、もうすでに決めていたからだ。同時に、次に出す本は「自分が興味のあることを取りあげたドキュメンタリーにしたい」という思いもあった。だから、そのことを率直に申しあげると、Aさんは、「では何に興味があるのですか?」と聞いてきた。そこでぼくは、こうお答えしたのだ。
 「任天堂と、浅田真央さんです」

グランプリシリーズのパリ大会に出場した浅田真央さん

 任天堂に興味があったのは、ぼくの本業がエンターテインメント制作であることから、「世界で最も成功したエンターテインメント企業であるところの任天堂」に興味があったのと、マネジメントをテーマにした本を書いたことから、「エンターテインメントを組織で作るとはどいうことか」を取材したいと思ったのだ。

 一方、浅田真央さんは、これは自分でもよく分からない、漠然とした興味からだった。
 この時はまだ、バンクーバーオリンピック(2010年2月)は開催されていなかったが、真央さんは女子フィギュアスケートのメダル候補であったし、それ以前に国民的な人気者だったので、当たり前のように知っていた。

 しかし一方で、ぼく自身があまりフィギュアスケートに詳しくないということもあって、よく知らない存在でもあった。彼女を見るのはテレビの中継とニュース(たまにドキュメンタリー)に限られていて、だから彼女がその世界ではどのような存在で、また彼女自身がどういう人間かというのも、ほとんど知らなかったのである。

ぼくは浅田真央さんに興味があった

 この「知らなかった」ということが、彼女に興味を持った理由の一つかも知れなかった。ぼくは、中継やニュースで彼女を見る時には、いつもその演技や言動に引きつけられた。しかし一方では、なぜそれほど引きつけられるのかが分からなかった。だから、彼女の魅力や人となりといった情報を、いつでも欲していた。

 しかしそれらは、中継やニュースを見ている限りでは、得ることができなかった。なぜなら、中継やニュースでは、常に真央さんの点数や順位、あるいはライバルとの関係ばかりに焦点が当てられ、肝心の魅力や人となりといったものには、ほとんど触れられなかったからだ。

 だから、真央さんの報道に触れる時は、いつももやもやとした不満を抱かされていたのだが、さりとてそれを解消する手段も持ち合わせいなかったから、それらはいつしか、心の底に澱のように沈殿するようになっていたのである。

 その積もり積もったものが、Aさんから「何に興味があるのですか」と聞かれた時に、思わず出たのだ。そうしてぼくは、自分に気づかされた。
 「あ、ぼくは、浅田真央さんに興味があったのだ!」

編集部注:この記事は、作家の岩崎夏海さんが、浅田真央さんが出場するフィギュアスケートの試合を観戦する、その観戦記シリーズです。

コメント17件コメント/レビュー

真央さんは素直さ(人間性)が滲み出る滑りでいつも癒されます。転倒した時には自分自身がドキリとする事に驚きます。人前で転ぶ事に惨めさを堪えて次の演技をする精神力、風格、品格には敬服します。昔から七転八起の諺がありますが真央さんの滑りには学ぶ事が多いです。(2010/12/23)

「なぜ浅田真央はぼくの胸を打つのか」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

真央さんは素直さ(人間性)が滲み出る滑りでいつも癒されます。転倒した時には自分自身がドキリとする事に驚きます。人前で転ぶ事に惨めさを堪えて次の演技をする精神力、風格、品格には敬服します。昔から七転八起の諺がありますが真央さんの滑りには学ぶ事が多いです。(2010/12/23)

浅田選手の場合、練習が好きだ、たくさんしているといっても、客観的な指導者にきちんとつかず(ここ数年のコーチ選びの迷走からもこれはうかがえます)、自己満足の回転不足ジャンプをして、「飛べた」と思い込んでしまうが故の、不振じゃないでしょうか。もともと、オリンピック前からその徴候は充分にありました。それでも無理矢理オリンピック銀メダル、世界選手権優勝にできてしまうのは、すごいのでしょうが。少なくともアスリートとしての聡明さにかけてます。(2010/12/22)

このような記事を書いてくださって、本当にありがとうございます!フィギュアスケートと浅田選手の一ファンとして、涙が出るほど嬉しいです。個人的に、浅田選手が常に自らの限界に挑戦していく姿、新たな一面を切り開いていく姿にいつも感動させられています。他の選手ももちろん努力しておられるのですが、浅田選手は特別、私の中でその姿が光って見えるのです。でも、岩崎さんのおっしゃる通り、高く飛ぶためには一時かがむ時期も必要なわけで。。。挑戦には当然失敗も伴うのに、そのマイナス面ばかりがクローズアップされて報道されてしまうのを、ずっと悔しく思っていました。特に最近では、短期的に結果が出なければ一斉に手のひらを返して叩くかのようなマスコミの報道が多く、実力ある若い選手を、よってたかって潰したいのかと疑ってしまうほどです。そのような中でのこの記事。こうやって余計な偏見なく、長期的な視点をもって、彼女の挑戦や今の姿をまっすぐに伝えてくれる記事を読めて、久しぶりに胸につかえていたものが溶けていったような気がしました。また続きを読めるのを楽しみにしています。(2010/12/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授