• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

サンタクロースの贈物と純粋な贈与という幻想

贈与する[2]――正義について考える【3】

2010年12月16日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

南フランスのレストランにて

 このように、贈与することには、正義が成立するための条件を作り出す力があることは、明らかだと思う。人々の間で友好的な関係が存在していないかぎり、正義を語ることはできないのである。この贈与と社会関係について、面白いエピソードがある。

 レヴィ=ストロースによると、南フランスではランチにレストランに入ると、定食に小さな赤ワインのボトルがついてくるという。料金に含まれているのだ。そして小さなレストランではランチは相席である。ぼくもパリで図書館に通っていた頃はよくランチを食べた。もちろん相席で、メニューは定食一種類だけというところが多い。つめて座っていればプレートに乗せた食事が供される。

 パリではワインはついてこないが、南部ではワインがついてくる。しかし客はそのワインを自分では飲まないのだという。「小瓶にはかっきりグラス一杯分のワインが入っているであろうが、その中味は、持ち主のグラスではなく、隣の客のグラスの中に注がれる。するとすぐに、その隣の客が互酬性に合致した行動をとるだろう」[1]

 いわば客はたがいに自分のワインを見知らぬ他人に「贈与しあう」のである。まず片方の客が自分のワインを相手に贈与する。すると贈与された客は、ただちに自分のワインを相手に贈り返す。これは完全に等価の交換である。しかし中味はまったく同じ、店のおしきせのワインである。交換することに何の意味もないのだ。だからこれは交換とは言えない。贈与としか言いようがないのである。そして贈与には、交換とは異なるさまざまな意味が含まれている。

贈与の三つの効果

 これから食事をしようとする二人の客は、目の前に、あるいはすぐ隣に、見知らぬ人と一時間近い時間を過ごすことになる。夕食であれば、テーブルをともにするのは親しい人だけである。しかしランチではこの見知らぬ他人と時間を過ごさざるをえない。そこにいくらかの不安が生まれるだろう。

 ワインを贈与することは、この不安を和らげ、適切な「社会的な距離」[2]を作りだす効果を発揮する。それは「空間的な並置の変わりに、社会的関係をもたらす」[3]のである。相手が返礼をしないことは考えられないから、相手もまたワインを贈ることで、たがいの関係が成立する。それまでは見知らぬ他人だったのが、ワインを贈りあった同士になる。しかもある程度の距離をおいた袖の触れ合う他人となるのだ。

 この贈与の第二の効果は、ワインを贈られた同士は、ほぼ確実に会話を始めるということである。「どちらから来られましたか」とか「よくお見かけしますね」とか、何か語らざるをえないだろう。言葉を交わすことが避けられない「義務」となるのだ。「ワインの提供をうけることはほかのものの提供、つまり会話の提供をも認めることになる」[4]のである。

 もはや贈与の前の状態に戻ることはできない。これはうっとうしいことでもあるが、ある意味では好ましいことでもある。かつては田舎で夜道に人とすれ違ったら、「お晩です」と一言かけるのが義務であったのと同じことだ。言葉を交わさずにいると、魔物か悪者かと疑われかねない。たがいに言葉を贈りあうことで、自分の不安を和らげることができるし、相手の不安も収まるだろう。

コメント4件コメント/レビュー

何かすごく納得しました。昔、在籍していた会社で『上司』に「私はこういう仕事(開発)が出来ますという」=『贈り物』をしようとしたのですが、受け取ってもらえず。左遷されたのは、相互に贈与するという文化的な素地がなかったのか、それとも、その価値に見合うだけの『お返し』を上司が出来そうなないからなのか。いったいどっちだったのだろう。(シン@50代技術者)(2010/12/16)

「中山元の哲学カフェ」のバックナンバー

一覧

「サンタクロースの贈物と純粋な贈与という幻想」の著者

中山 元

中山 元(なかやま・げん)

哲学者、翻訳家。

1949年生まれ。東京大学教養学部教養学科中退。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

何かすごく納得しました。昔、在籍していた会社で『上司』に「私はこういう仕事(開発)が出来ますという」=『贈り物』をしようとしたのですが、受け取ってもらえず。左遷されたのは、相互に贈与するという文化的な素地がなかったのか、それとも、その価値に見合うだけの『お返し』を上司が出来そうなないからなのか。いったいどっちだったのだろう。(シン@50代技術者)(2010/12/16)

素朴に、自分の(と思われる、たまたま自分の手元に去来した)物財・時間などの資源を手の内に囲い込まずに、見返り意識も薄く、他の者(生きとし生けるもの)に供出すること。この利他的な行為を贈与の原点と考えました。行為としての贈与は、他者との関係や社会的な文脈において様々な解釈が可能でしょう。相手に対する善意というか、受取る側の喜びを自らの喜びとするという、「感情」が元にあることが共通基盤にあるからこそ、贈与が社会的に有意義な行為なのだと思います。野良猫が懐かなくても面倒を見たり、見ず知らずの凍える人に上着を差し出すのも、表立った見返りは求めません。(道草の友)(2010/12/16)

今まで特に意味も感じずに行っていたお酒の注ぎあいも贈与のやり取りの意味があると思うと新鮮ですね。特に結婚式で互いの親戚となる者同士が互いの席に出向いて酌をしあうことに象徴的意味があるとは思い至りませんでした。そうなると酒が飲めない人はバケツが必須ですね。また、我が家でも子供にせっせと幻想を植え付けていますが、その意味が明かされる来週が楽しみです。特に娘が正義感が強くて父親のことを攻めたててくるのですが、もしかしたら解決の糸口があるのかとも思い期待度大です。ところで「こみゅんイタリアン」は「コミュニタリアン」のミスタッチでございます。「孤独なコミュニタリアン」と自己矛盾してみたものでお恥ずかしい限りです。(「こみゅんイタリアン」だとイタリア共産党の残党のようですがとてもそんなパルチザンのように勇ましくは無いので十重二十重に恥ずかしい)(2010/12/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員