• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

家にいても家に帰りたい問題と本当の自分

  • 津村 記久子

バックナンバー

2011年1月11日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 常になんの参考にもならないこの連載だが、今回は特にどうでもいいと思う。テーマは「本当の自分とリラックス」である。自分で自分のことがわからないなあ、とあやふやに生きている人以外には、関わるだけ時間の無駄かもしれないので、最初に注意書きをしておきます。

* * *

 日経ビジネスオンラインのテーマとして適切なのかよくわからないのだけれども、今あえて、本当の自分はどこにいるのかということを考えてみようと思った。きっかけはいろいろあるのだが、とりあえず、未だにメールの絵文字をどこで使ったらいいかよくわからないことを思い出したからだ。

 携帯の絵文字のリストをつらつらと眺めながら、こんなものも使えるのかー、と眺めるのは好きなのだが、今いちどう使ったらいいのかわからない。auと契約しているのだが、「天狗」の絵文字があったりして、いったい携帯メールを使うような日常のやりとりのいったいどこに、天狗の絵文字を入れる瞬間があるのだろうなどと考えに耽る。

・息子が幼稚園に合格しました。鼻高々です(天狗)

・あの人って知り合いに金持ちが多いから(天狗)になってるよね

・生まれ変わったら(天狗)に育てられたいなあ。親に捨てられてるけど特別な感じがするじゃない?

 のような感じなのだろうか。

 auの天狗は、黒目がちで口が半開きというぼんやり仕様なので、わたしは主に「朝急いでて、便器にハンカチを流しちゃったよ……(天狗)」というように、個人的に取り付く島のない話題に対して天狗の絵文字を使っている。

 なんだ絵文字使ってるじゃないか、と思われたかもしれないけれども、わたしは「天狗」しか能動的に使えない。友人からやってきた、「飲み会のお知らせ(四葉のクローバーの絵文字)」みたいなメールをしげしげ眺めながら、もしかしてきれいな一筆箋に申し送りを書く感覚なのか、などと感心しつつ、「お誘いどうもありがとうございます(四葉のクローバー)」などと応用して返信するのが関の山だ。そして、自分と同様に絵文字を使う習慣のない人に「四葉のクローバー」を使用することはない。

* * *

 前置きが長くなったが、もしかしてこれは立派な人格の使い分けではないのか、という考えに至ったのだった。

 こんな間抜けな例を引き出す間でもなく、今の世の中の人々は、オンライン人格、オンライン人格の中のツイッター人格、ブログ人格、フェースブック人格、Yahoo!智恵袋人格、オフラインで人前にいる時の人格、一人でいる時の人格、気のおけない人たちといる時の人格、など、さまざまな人格を使い分けている。

画像のクリックで拡大表示

コメント0

「藁でもよろしいですか?」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監