• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ニンテンドー3DS体験会レポート

子供たちの姿に大ヒットを確信できた3日間

2011年1月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1月8~10日。幕張メッセで「ニンテンドー3DS体験会」が開催されました。これが世界初の、一般向けの体験会とあって、活気にあふれる3日間となりました。広い会場に用意された376台の試遊台、そして67画面あった映像出展コーナーには、多くの人だかりが作られたのです。

 その様子を見て、やっと確信できました。このゲーム機は、必ずヒットします!

 たくさんの人が訪れたからヒットする、と考えたのではありません。ゲームファンが夢中になるかどうかは、ゲーム機のヒットとは、じつは無関係です。それらのゲーム機は、「一部のゲームファンだけが愛するマシン」になる可能性もある。大衆に普及しないこともあるのですね。

 しかし、25年を越える家庭用ゲーム機の歴史において、一度たりとも例外のない法則があります。それは「小さな子供たちが夢中になった」ゲーム機は、すべてヒットしてきた、という事実です。

 そして、このニンテンドー3DS体験会には、小さな子供たちがたくさんいました。ゲームに夢中になっている姿がありました。それを見て、ああ、ニンテンドー3DSはヒットするに違いない! と確信を持つことができた次第です。

 本体の発売日は2月26日。まずは日本で、順調なスタートダッシュを切ることになるでしょう。

「ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D」(任天堂/2011年春発売予定)。世界的大ヒット作の3D版。会場内でもっとも混雑しており、最大で150分待ちの行列が作られた。
画像のクリックで拡大表示
「レイトン教授と奇跡の仮面」(レベルファイブ/2011年2月26日発売/5800円税込)。「レイトン」シリーズ最新作。本体と同時発売。ここが会場内で2番目に混んでいた試遊コーナーとなった。
画像のクリックで拡大表示

子供たちを夢中にさせた「顔シューティング」

 そんな視点から、この体験会をレポートするならば、もっとも注目すべきゲームは「顔シューティング」でしょう。体験会場内で、もっとも小さな子供たちの姿が目立ったコーナーでした。とくに、小さな女の子の姿が目立っていたのが印象的です。

 これ、ひとことでいうと、「自分の顔が襲ってくる3Dシューティングゲーム」です。

 ゲームをスタートすると、画面には「いま、あなたが見ている風景」が表示されます。デジカメやビデオカメラをイメージしてください。それらの機器って、付属のモニターには、カメラが向いている方角の風景が表示されますよね? それと同じように、ニンテンドー3DSをいろいろな角度に動かすと、画面には、向いている方角にある現実の景色が表示されます。

 そして、その現実の景色の中に、敵が登場するのですね。

コメント0

「デジタルエンタメ天気予報」のバックナンバー

一覧

「ニンテンドー3DS体験会レポート」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官