• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

仕事なんて楽しいワケがない!
プロは客に尽くして喜ぶものでしょ

第74回:日産自動車 GT-R【開発者編】その2

2011年1月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。フェルディナント・ヤマグチでございます。
 いやはや大変な寒さでございますね。山からはチラホラと雪便りが……どころじゃなくて、連日連夜大雪のニュースが届いています。豪雪でお悩みの方には大変申し訳がないのですが、この盛大な降雪はスキーヤーの私にとって実にめでたいことです。今シーズンは春まで心おきなく楽しめそう。私はこの週末から白馬で遅めのシーズンインとなります。今年もバンバン滑りますよ。
 クルマとジョギングに加えてスキーの記事を書くのはどうかなぁ……。え?そんなの書いても読者は喜ばない?日経ビジネスオンラインの読者諸兄は、ガチでスキーを楽しんでこられた世代だと思うのですがいかがでしょう。みなさま最近スキーには行っておられますか?

 さて、今回も先週に引き続き盛大に参りましょう。“スキーにも行けるスーパーカー”日産自動車「GT-R」の開発責任者、水野和敏氏の新春大放談第2弾です。

 今回もクルマの開発を軸に“仕事”にフィーチャーしたお話が続きます。

*   *   *

フェルディナント(以下F):水野さんはGT-Rを何のために作っているのですか?ニッサンという会社のイメージリーディングのため?宿敵ポルシェに勝つため?それとも自分ご自身の満足感のためでしょうか。

日産自動車 Infiniti製品開発本部 第二プロジェクト統括グループ 車両開発主管 水野和敏氏

水野(以下水):どれも違う。ぜんぜん違う。俺はGT-Rをお客のために作っているんだ。会社のために作っているんじゃない。無論、俺のために作っているのでもない。そこを勘違いしてもらっちゃ困る。

F:お客のため……ですか。

水:そう。お客のため。これはクルマに限らないけれど。往々にしてエンジニアは“自分のため”にモノを作ろうとする。

F:職人気質というのでしょうか、自分が納得するモノが一番良いんだ、という感覚をお持ちのイメージはありますよね。

水:本当の職人ってお客を見ている人なんだよ。だって、一流寿司店の板さんって、自分で食うことなんか楽しんでないでしょう。お客をどれだけ喜ばせるかばかりを考えてるでしょう。それが一流ってもんです。
 二流以下の板前は、自分で握った寿司をお客と一緒に食ってビールなんか飲んで喜んでいる。フェルディナントさんの言う通り、多くのエンジニアは二流の板前の方向に走っていて、自分の作ったものに酔いしれている。

F:自分で握った寿司を一緒に食って喜んでいる。なるほど。

水:これじゃ、どうしようもないよ、本当に。

F:確かにいますね。そういう寿司屋さんが。しかも世間では“一流”と言われているお店が結構そうだったりする。

水:自分はお茶漬けを食っていればいいんです。何も自分が自分の握った寿司を食おうなんて思わなくていいんだ。そんな自分のメシに使う時間があるのだったら、お客のためにより良い寿司を握るために研究しようと言うのが一流の板前です。
 最近の若い人に高級車の開発をしろ、高級車のお客様の気持ちが分かるように勉強しろ、と指示すると、「だって俺、金ないですから、高級車に乗ったことがないですから分かりません」と平気な顔で言ったりするんだ。こんなヤツが本当にいる。もう最低。こんなヤツはクソ食らえだ。

コメント9件コメント/レビュー

「スポーツ選手や歌手などの世間が目にする素晴らしいパフォーマンスの裏にある大きな苦しみや、喜びの源泉」「会社の拡大による組織の分断は喜びの源泉を失うもの」水野氏の示す日本企業の課題は、氏が例に出したスポーツ界に答えがあると考えている。企業=チームスポーツと考えれば、日本人に合った戦術は、サッカーや野球、バレーなど競技に関わらず、「個人能力だけでなく、チーム一丸となって組織力で勝つ」というもの。その答えは「日本人が勝つためには」という本質を突き詰めた答えであり、違う競技でも同じ結果になるという事は、それが心身ともに日本人の特性が最も効果的に発揮される方法であるということ。ハイパフォーマンスの為には苦しい練習をこなすのは当たり前であり、そうして培ったこの力をチーム力に昇華させるのは、阿吽であり、チームの一体感である。つまり”組織力”だ。翻ってビジネスの世界ではどうだったか?これからの社会は、「個人の力のみが頼り」「成果こそ全て」などとマスメディアは煽りたて、それを鵜呑みにしたのかどうかは分からないが、大企業の経営陣も右に倣えで成果主義を導入。しかし成果主義は人件費抑制の道具でしかなく、賃金減少に苦しむ市民の消費が細り、結局企業も国も苦しんでいる、というのが現在の不況の側面の一つだろう。「日本企業の課題」を屋上会議室で論じさせる前に、本質を見抜く能力が無いままに(売りに走っているだけ?)、世論の形成に大きな影響を与えている既存マスメディアについて論じてもらいたかった。(2011/01/17)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「仕事なんて楽しいワケがない!
プロは客に尽くして喜ぶものでしょ」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「スポーツ選手や歌手などの世間が目にする素晴らしいパフォーマンスの裏にある大きな苦しみや、喜びの源泉」「会社の拡大による組織の分断は喜びの源泉を失うもの」水野氏の示す日本企業の課題は、氏が例に出したスポーツ界に答えがあると考えている。企業=チームスポーツと考えれば、日本人に合った戦術は、サッカーや野球、バレーなど競技に関わらず、「個人能力だけでなく、チーム一丸となって組織力で勝つ」というもの。その答えは「日本人が勝つためには」という本質を突き詰めた答えであり、違う競技でも同じ結果になるという事は、それが心身ともに日本人の特性が最も効果的に発揮される方法であるということ。ハイパフォーマンスの為には苦しい練習をこなすのは当たり前であり、そうして培ったこの力をチーム力に昇華させるのは、阿吽であり、チームの一体感である。つまり”組織力”だ。翻ってビジネスの世界ではどうだったか?これからの社会は、「個人の力のみが頼り」「成果こそ全て」などとマスメディアは煽りたて、それを鵜呑みにしたのかどうかは分からないが、大企業の経営陣も右に倣えで成果主義を導入。しかし成果主義は人件費抑制の道具でしかなく、賃金減少に苦しむ市民の消費が細り、結局企業も国も苦しんでいる、というのが現在の不況の側面の一つだろう。「日本企業の課題」を屋上会議室で論じさせる前に、本質を見抜く能力が無いままに(売りに走っているだけ?)、世論の形成に大きな影響を与えている既存マスメディアについて論じてもらいたかった。(2011/01/17)

>最近の若い人に高級車の開発をしろ、高級車のお客様の気持ちが分かるように勉強しろ、と指示すると、「だって俺、金ないですから、高級車に乗ったことがないですから分かりません」と平気な顔で言ったりするんだ。こんなヤツが本当にいる。もう最低。こんなヤツはクソ食らえだ。<この発言からするとご本人は高級車などに乗らずに勉強できたのでしょうか。あるいはご自分でいろいろな高級車を買って体験していたのでしょうか。自分で貧乏人だったと言うのですからそれはちょっと考えにくい。つまりは会社が評価用に買った他社の高級車を乗り回して勉強してきたわけでしょ。だったら若い人達にも会社で買った高級車を貸してガンガン乗り回し体験してもらえばいいだけでじゃないでしょうか。公私混同しちゃいけません。独立した評論家なら自腹で車買って(まあレンタカーでも良いか)勉強するしかないけど、大手企業の社員が能力開発のためになんで自腹で高級車まで買わなきゃならないの。この方、なんか粋がってカッコ良いことばかり言ってるけどほんとかなぁと疑いたくなります。(2011/01/17)

先にコメントされてるお二方の内容に頷ける部分は多々有りますが、水野氏の根底には「クルマが好き」と言うのがあり、その上でお客に対してどの様に提供するかを語ってる様な気がします。決して魂が入って無い訳ではないかと。体壊してまで仕事するには、クルマに対して愛と言うか信念が無いと無理じゃないかと思います。(2011/01/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長