• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

Vol.9 「降格になっても、あなた自身は何も変わらないよ」と言われて、素直に頷けますか?

  • “う”あがりOL

バックナンバー

2011年1月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

★本連載のタイトルと、うつ病を「う」と表記していることについては、こちらをご覧下さい。また、うつ病については「お父さんが『眠れない』のは、心の問題ではない --自殺対策について精神科医ができること」の記事も、ぜひ(担当編集Y)

 みなさま、こんにちは。すっかりごぶさたしてしまいました、“う”あがりOLです。

 新しい年を迎えて、いかがお過ごしですか? 今年の抱負は何とお決めになりましたか? 私は今年、「う」のために遠ざかっていた趣味の書道を再開しようと思っています。好きだった趣味に興味を持てなくなってしまうのも「う」の特徴。そうなってしまう前に、趣味の世界を広げ、深めて、自分自身をリフレッシュさせてあげるのも、効果的な予防策のひとつだと思います。

 さて、今回は「降格」のお話です。

担当編集Y:「げげっ!? 降格? うあがりOLさんが!?」

:「実はそーなんですよ。なかなか受け入れるのは大変でしたー」

 会社に勤め、順調に行けば、平社員→主任(係長)→課長→部長代理→部長という具合に昇格していきます。そして、その逆が「降格」です。言うまでもなく、マイナスの評価ということです。

 「う」になる前、私は「出世や昇格に疎い」タイプだったと思います。

 取り立てて優秀なわけでもなく、人に抜きん出て能力があるという自覚もない凡庸な人間だったので、出世や昇格を期待するよりどころがなかったのです。あるとすれば、「できれば上司をガッカリさせたくない」という、ごく人並みの感覚でした。マジメに頑張って働いていれば、いつか上司も認めてくれるだろうと、そんな風に考えていました。

 それでも、仕事大好き女子だった私は、昼夜を問わず、土日を問わず働き、いつしか「うの湯」にどっぷりと浸かることになってしまったのです。

 「う」で3年半も会社を休んだ私は、先日、仕事に復帰してほぼ1年後に、「降格」になりました。う友たち(「う」体験者の仲間たち)の中には、復帰と同時に「降格」になったという仲間もいたのですが、彼らが淡々としていたので「そんなものなのかな」ぐらいにしか受け止めていませんでした。

 でも、実際に自分の身に降りかかってみると、それは、乗り越えにくいハードルだったのです。

“う”あがりの「使い方」が会社にも分からない

 復職して3カ月が過ぎた頃でした。
 私が勤めている会社では、半年に一回、自分が取り組んだ業務の内容を申告し、上司と面談することになっています。

 しかし、
「取り組んだ業務の内容と言われても…」
 私は頭を抱えてしまいました。

 なぜなら、病気から復帰した直後の3カ月間、会社から与えられた仕事はほとんどありませんでした。「以前自分が行った業務の棚卸しをせよ」と言われたこと、ぐらいだったでしょうか。過去に担当した業務をまとめて整理するのに1週間もかからなかったと思います。

 その後、仕事が全く無かったのです。どのくらい無かったかと言えば、パソコンに向かって無為な時間を過ごすことに耐えかね、恐る恐る「自分で企画を立てて動いてみてもいいでしょうか」と、上司に持ちかけ、許可をもらってちょこちょこと社内に売り込みに回るほどでした。

 会社側に立って考えれば、「う」あがりをどう扱ってよいか分からないのだと思います。ラインに入れて仕事をさせ、万が一体調を崩せば、元も子もありません。かといって、「う」あがりにおあつらえ向きの仕事は、そうそうあるわけではなく…。本音を言えば「仕事を任せるなら、無理をさせても不安がない相手」でしょうね。で、不安の大きい「う」あがりには「何もさせない」という状態になることが多いようです。

 この「何もしなくていい=仕事が何も無い」という状況がどれほどツラいか。普通に働く皆さんには想像もできないでしょう。

「え、そんなのラッキーじゃん」

 と思われるかもしれません。でも、いま抱えている仕事を全部、やらなくていい、何もしなくてもいい、だからといって会社を休んではいけない、外出もダメ、電話もダメ。許されるのはパソコンをいじることぐらい、となったら?

 1日は果てしなく長く、1分1秒が過ぎるのを気が遠くなるような思いで待つことになるのです。何もせず、1日8時間を机の前で過ごすことが、どれほどツラいか。しかもさらに、それは何時と期限を切られず、延々と続くのです。

 これに直面して「自分は会社には必要の無い人間なのだ」「自分には何の価値も無いのだ」と落ち込む日が続いたのを覚えています。これは「う」あがりの復帰直後としてはイタい洗礼でした。

 そんな折の「評価シート」提出。さて、私は「自分が行った業務」欄をどうやって埋めたらいいのでしょう? 

 途方に暮れつつ、どうにかこうにか、少ない事実に修飾語をたんまりと乗せてシートを埋め、提出。しばらくして、上司との面談がありました。

コメント34件コメント/レビュー

そもそも、前職に復帰しようと思っていることが楽観的でしょうか、どんどん前向きに自分のやりたいことを見つけて前進あるのみだと思います。(2011/01/29)

「“う”あがり美人になりたくて」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

そもそも、前職に復帰しようと思っていることが楽観的でしょうか、どんどん前向きに自分のやりたいことを見つけて前進あるのみだと思います。(2011/01/29)

8年以上もの長きにわたり「う」の湯に浸かり、カウンセリングも「一旦お休み」となり、病院に通わなくてもよくなり、丸4年が経ちました。でもまだいつも「再発」に怯える日々です。私は「う」にかかった一旦会社を辞め、再入社をしました。そのときの再入社面接で人事担当者から「以前うつ病にかかったのはどうしてだと思いますか?」「もう今回は大丈夫ですか?」という質問を受けたときは、やはりとてもショックでした。私はそのときは既に会社「だけ」のせいではないとは思うようになっていましたが、この質問から、会社は会社としての責任を何にも感じていない、「う」になるようなヤツはストレス耐性の弱いダメなヤツ、と考えているのがありありと感じられ、怒りを感じました。この件を後日カウンセリングの先生に報告すると「そんな失礼な質問をされたのか」とおっしゃっていました。うちの会社は、メンタルヘルスに関する管理職研修や全社研修を実施している会社です。でもその人事部の管理職にしてこのていたらくです。再入社はするけれど、仕事は一生懸命するけれど、会社になんか頼らない、会社になんか心を預けない、会社になんか私の人生を捧げたりしない、と、決心した瞬間でした。(2011/01/25)

未だにこんな状況にあると言うのが信じられないです。私がSEをやっていた35年前に既にこの状況で、たった1年で半数のSEが体調(中に当然「ウ」の人もいた)を崩して辞めて行きました。その際会社は何もしなかったのを傍から見ていて分かったので以降肩の力を抜き万事「適当」に生きてきました。たとえ会社の為に仕事し体調を崩しても会社は何もしない事を「イヤ」と言う程見せつけられましたから。でも結局はここに行ってしまうんですね。悲しむべき事です。(2011/01/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授