• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

内向きな若者じゃダメですか?

2011年1月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 サッカーの日本代表チームが好調だ。開催中のアジアカップでは、グループリーグを一位で勝ち上がって、決勝トーナメントにコマを進めている。
 先行きについてはまだ不透明な部分もあるが、今大会の結果がいずれに転ぶのであれ、とにかく、新生日本代表の選手諸君が実力をつけてきていることだけは疑いない。ひとつひとつのプレーの精度が、前の世代の選手たちと比べて、明らかに際立っている。まことにめでたい。

 サッカーを見ていてうれしいのは、伸び盛りの若者の姿を日々確認できることだ。さよう。成長と躍進。われわれ日本人が見失って久しいものだ。その伸び盛りの若々しいプレーぶりに、私のような旧世代の人間は、懐かしさを覚えるのである。

 サッカーを別にすれば、わたくしどもの国自体は、長い停滞のうちにある。もしかして、これは一時的な停滞ではなくて、何かの終わりなのかもしれない、と、そう思えてくるほどに長い低迷期だ。かれこれ20年になる。ザック・ジャパンの選手たちの全人生に相当するデッドロック。いくらなんでも長い。

 だからなのかどうなのか、若い者が内向きになっているということが、ことある毎に喧伝される。
 で、その傾向に対して、中高年の男たちは、苛立ちを隠さない。
「とにかくチマチマしてやがるんだ」
 と、おっさんたちは、寄ると触ると若い連中の覇気の無さについて語り合っていたりする。
 世の中がギスギスしている。
 とても良くない。

 今日もどこかの雑誌のページで、「識者」を名乗る中高年が、日本の若者の内向き志向を指摘し、その傾向を嘆き、彼等を叱咤し、海外に雄飛するべきである旨を力説している。見る前に跳べとか、跳ぶ前に考えるなとか。

 言いたいことはわかる。
 内向きな若者は、たしかに、ハタから見て、闊達に見えない。
「しっかりしろよ」
 と言いたくなる。
 私も半分ぐらいはそう思っている。
 でも、若い連中の立場に立って考えてみれば、たぶん、内向きになってしかるべき理由があるはずなのだ。無理からぬ事情みたいなものが。

 今回は、「内向き」ということについて考えてみたい。
 若い人たちが内向きになっているという俗説が本当なのかどうか。
 本当なのだとすると、その原因は奈辺にあるのか。
 また、内向きであってはいけないと、どうして「識者」はそのように考えるのか。そういったあたりのあれこれについて。

 私自身は、どちらかといえば内向きな男だ。昔から、様々な場面で、その点について指弾されてきた。
「ものを書く人はもっと見聞を広めないと……」
 と、ド素人のおばさんに面と向かって説教をくらったことさえある。
「いやあ……ははは」
 と、そう言われてなお、あえて論駁しなかったあたりが私の弱点で、もしかして、そういうヌルさも含めて、人びとは私を内向きと評価したのかもしれない。うむ。なので、ここでは、言われっぱなしの若い人たちと共闘するつもりで、ひとつ反論を試みてみようかと思っている。
 内向きには内向きの良さがある、ぐらいな形で、前向きの結論が提示できればまずは上出来。ま、苦しい論陣にはなるだろうが。

コメント63件コメント/レビュー

落とし処がもう一つ納得いきません。内需の拡大が見込めない現状で企業活動で海外に打って出ることは今の流れでしょう。就活においての学生アンケートで海外勤務を望まない学生が増えているとの結果もあります。多くの学生がイヤミさんと接することはないと思いますので、若者の内向き思考の原因は他にあると思います。外=海外、内=国内ではなく、創造力と活力が内向きになっているのではないのでしょうか。その意味では国内の停滞が内向きにさせている要因ではありますが、それを打破する気力が若者に感じられないということだと思います。(2011/01/24)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「内向きな若者じゃダメですか?」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

落とし処がもう一つ納得いきません。内需の拡大が見込めない現状で企業活動で海外に打って出ることは今の流れでしょう。就活においての学生アンケートで海外勤務を望まない学生が増えているとの結果もあります。多くの学生がイヤミさんと接することはないと思いますので、若者の内向き思考の原因は他にあると思います。外=海外、内=国内ではなく、創造力と活力が内向きになっているのではないのでしょうか。その意味では国内の停滞が内向きにさせている要因ではありますが、それを打破する気力が若者に感じられないということだと思います。(2011/01/24)

バブルより下の世代の人にはイヤミさんのかわりに「インドで人生観変わった」とか言い出す自分語りな人が多い気がします。欧米かぶれかっこ悪い、的な。でも中身はイヤミさんと一緒ですよね。(2011/01/24)

毎回楽しく読んでおります。世相を的確に切り取り論を展開する著者の力量に、いつも感服しております。が、今回の内容はちょっと論の展開の仕方が雑だと思います。「国としての日本が世界の中で停滞しているという事実が、その中にいる若者の海外志向に水を差している」と著者は言っておりますが、そうでしょうか?日本国内が停滞しているのであれば外にチャンスを求めるしかないので、論理的に考えれば、逆に若者の海外志向は強まるのではないでしょうか?若者の志向が内向きに向かっているのは、ここ20年の国内の(経済的な)停滞とは別の理由があるからではないでしょうか?(2011/01/23)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

国際交渉では、自国のことをよく知っていることが強みになります。

行天 豊雄 国際通貨研究所名誉顧問