• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

フェイスブックで友達何人できたかな

2011年1月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「フェイスブックは始めないんですか?」
 と、昨年の秋以来、何人かの知人に同じことを聞かれた。
 答える代わりにオウム返しをしてみる。
「そちらは?」
「…いや。まだです」
 なるほど。興味はあるけれども、踏み出せない。誰かに先鞭をつけてほしい……そういうことなら私と同じだ。臆病なオウム同士の応答。デクレッシェンドな同語反復。曲がったクチバシを持つ鳥の鳴き声。

 こういう時は、粗忽者の知り合いに電話をしてみる。
「やってますよ」
 思った通りだ。やっぱり手を出している。こういうものを放っておける男ではないのだ。ガチョウはガチョウ。いつも歌っている。があがあ。
「どう?」
「面白いですよ。オダジマさんもぜひ」
 うむ。でもなあ。オレ、ミクシィで懲りてるし。
「アレとはずいぶん違いますよ。イトも引かないし」
 イト? 意図のことか? それより、塩漬けにしてあるツイッターを再生させるのが先決かもしれない。だよな。フェイスブックは、ツイッターを軌道に乗せてからの話だ。

 いや、それ以前に、ブログを再開するべきじゃないのか? いくらなんでもあんまり放置しすぎだし。
 ……というよりも、本当のことを言えば、ウェブ上の連載を停滞させているのが一番の問題で、そこのところのデッドロックが……と、思いは、いつもの堂々巡りをなぞりつつ、想定通りの深みにはまっていく……さよう。2010年は停滞と逡巡の一年だった。定期で動いていたのは、ほぼこの連載のみ。あとはろくに仕事をしなかった。反省せねばならない。そして、今年こそ気力を再起動させなければいけない。

 年が明けてから、年長の知人とさる用事で鎌倉までご一緒した。
 帰り道の雑談の中で、先方の紳士が
「今回の紅白は面白かった」
 と、おっしゃられた。
 ちょっと意外だった。私には少しも面白くなかったからだ。

「ツイッターを始めたからかなあ」
 と、彼は言う。
「ああいうものは大勢で見ないとね」
 と。なるほど。それで合点が行った。

 私は、例年、紅白を見る時には2ちゃんねるの実況板を立てることにしているのだが、昨年末は、実況民の質が荒れてきている(「○○(←差別語)ざまあ」とか、「売国××氏ね」とか、そんな書き込みの比率が急増している)ことにうんざりして、単独で見たのだ。
 と、どうにもつまらない。何の臨場感もない。
「バイヨンってなんだ?」
 と思っても、尋ねる相手がいない。咳をしても一人。家族の者は各々の部屋でそれぞれの番組を見ている。あるいはスカイプ用のヘッドセットを装着して、テレビを無視している。

 要するに紅白歌合戦の退潮は、番組の劣化よりも、お茶の間の衰退により深く起因していたということだ。送り手の問題ではない。受け手の側の問題だったのだ。その証拠に、ツイッターであれ匿名実況掲示板であれ、画面のこちら側に共同視聴する「場」が共有されていれば、あれは十分に楽しい番組になるのだから。

 ということは、もうすこし敷衍して、歌謡曲の衰退は、聴き手であるわれら日本人の全般的な孤立という状況に答えが求められる問題であるなのかもしれない。なんとなれば、「うた」は、元来、単独で聴くものではなく、複数の人間が共に歌う共感の言葉であるべきものだからだ、と、そんな話をしながら、私たちは横浜で別れた。うむ。私はもっとナマの会話をする機会を持つべきなのかもしれない。

コメント33件コメント/レビュー

この記事は、極めて評論家的な記事と感じました。>古い友達をフェイスブックに召喚することにしよう。記事の出だしから思うに、これはただの方便と受取ました。おそらく、この筆者は、これからの半年間、何もしないか、アカウントを作ってもこれといった活動をしない、そう私に思わせるに相当の記事でした。「Facebookにアカウントを作って、斯々然々したが、こういう点でくだらなすぎる」というような記事であれば、断然面白いと思うのですが。1日で疲弊する学生を紹介されていますが、それはその学生の勝手で、あなた自身がサービスを利用することに対して疲弊する必要(義理)はないのです。コミュニケーションを考察するにしては、浅い、と思いました。私はmixiもFacebookも利用していますが、それなりに楽しさを享受しています。疲れているときはやらないだけですし。(2011/01/30)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「フェイスブックで友達何人できたかな」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この記事は、極めて評論家的な記事と感じました。>古い友達をフェイスブックに召喚することにしよう。記事の出だしから思うに、これはただの方便と受取ました。おそらく、この筆者は、これからの半年間、何もしないか、アカウントを作ってもこれといった活動をしない、そう私に思わせるに相当の記事でした。「Facebookにアカウントを作って、斯々然々したが、こういう点でくだらなすぎる」というような記事であれば、断然面白いと思うのですが。1日で疲弊する学生を紹介されていますが、それはその学生の勝手で、あなた自身がサービスを利用することに対して疲弊する必要(義理)はないのです。コミュニケーションを考察するにしては、浅い、と思いました。私はmixiもFacebookも利用していますが、それなりに楽しさを享受しています。疲れているときはやらないだけですし。(2011/01/30)

Facebookが本名を晒す場所だとは知りませんでした。 ミクのあのひともこの人も、「え”、こんな名前なの??」てな感じで楽しんでおります。 他に楽しみ方が判らないのはご愛嬌??(2011/01/30)

仕事の会合などで自分並みの年齢の方は、いきなりケータイ番号を聞いてくることはなく、メールアドレスのある名刺をいただく事で終わる。必要になったら個別に聞けばいい。名刺交換して無くてもそういえば、●●さん知ってたっけ、という調子。しかし、若年層の方は5分ほど話が弾むと、いきなりケータイの赤外線を向けてくる。(使い方わかんないんだけど。。。)5分で友達認証って事で。ここが距離感のちがいだな~って思う。そういう人からの年賀状は、ちょっと脅迫状に感じるので、きちんとお返事を書く。そのくらいの読みが出来る大人ではある。”「重い槍予算」の語源”、反応しました。口角の端。(2011/01/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表