• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ニンテンドー3DS発売日レポート

~発売時の空気から任天堂の戦略を読む!~

2011年3月3日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2月26日。世界に先駆けて、日本でニンテンドー3DS(以下・3DS)が発売されました。

 大手量販店では、予約券を持ちながらも「一刻も早く購入したい」と考える人たちが集合。長蛇の列を作るところも出現しました。通常の開店時刻よりも早い8時30分から、予約券所有者に向けての販売を開始する店舗もありました。

秋葉原にある「ヨドバシカメラマルチメディアAkiba」など、大手量販店では8時半から販売を開始。1000人を超す行列が一斉に店内へ。
これまでの任天堂ハードの発売時と比べると、行列にキッズ層が少ないのが特徴的。かなり意図的に、キッズ向けのタイトルを隠していることが、その要因でしょう。

 これにより、初回出荷分の40万台は、ほぼ完売した模様。今後も、コンスタントに市場に投入されるようです。

 わたしも、もちろん初日に購入し、じっくりプレイしてみました。なるほど、これは「とびきり面白いオモチャ」でした。素晴らしいです。

 とくに本体内蔵の「ARゲームズ」は凄いです。カメラを使って自分のデスクを映していると、そこがシューティングゲームの舞台になり、ビリヤード(のようなゲーム)の盤面になり、魚影が動く水面になる。かつてない感覚を味わえる6種類のゲームが用意されているのです。どれも凄い。

 いやあ、まさか自分のデスクで鯛が釣れるとは思いませんでしたよ(笑)。

 え? そんな多彩な内蔵ゲームがあることは知らなかったよ! どこで発表されていたの? と思っている方もいるでしょう。

 そうなんですよ。こういった面白いソフトを、任天堂は、発売時まで伏せていたんですよね。このあたりこそが、今回のニンテンドー3DSのプロモーション戦略の、なんとも興味深い点といえましょう。

なぜ内蔵ゲームの中身は伏せられたのか?

 ゲーム機は、ソフトがなければ、ただの箱。

 これがゲームビジネスの鉄則です。面白そうなゲームがあるからこそ、ユーザーはゲーム機を買うのです。

 だからこそ、ゲーム機によっては、完成までほど遠い段階の大作ソフトを発表することもあります。「こんなソフトを作っていますよ!」とアナウンスすることが、ユーザーのハードの購入意欲を高めるからです。「面白いソフトがあるよ!」というアピールは、とにかく大切なのです。

 とすると、今回の任天堂のやり方が、なんとも異色であることが、おわかりになるでしょう。

 だって、6種類もある「ARゲームズ」の中身を、ほとんど公開しなかったのですよ! 発売直後から楽しめるゲームを、あえて隠し続けていたのです。ゲームビジネスの常識の逆を行く、まさしく前代未聞のやり方といっていい。意図的に「飛車角金銀落ち」で勝負をスタートするようなものですから。

 なぜ、任天堂は、こんなことをしたのか?

 その理由は、2つあると推測していいでしょう。今回は、それについて解説いたしましょう。

コメント0

「デジタルエンタメ天気予報」のバックナンバー

一覧

「ニンテンドー3DS発売日レポート」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長