• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ダウンサイジングへの障壁は奥様
カッコつけなきゃ軽で十分

第81回:ダイハツ工業 ムーヴ 【ユーザー編】

2011年3月3日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。フェルディナント・ヤマグチでございます。

 今回ははじめに“特定の読者”お2人にお礼を述べさせて頂きます。
 バレンタインデーのエアーチョコ騒動で、エアーでなくリアルを本当にお送り下さった奇特な方がいらしたのです。

 Y様。コメント欄で予告いただいた豆落雁。おいしゅございました。落雁を食べたのは実に20年ぶりのことでございまして。新鮮な驚き、というのでしょうか、和菓子の良さを再認識した次第であります。焙茶を飲みながらイッキ食いいたしました。ありがとうございました。
 また、大変な力作である手作りの特大ガトーショコラをお送り下さったA様。ハートで埋め尽くされた箱を開けた時には本当に驚きました。なんと申しますか、イヤ~(^^ゞという感じであります。嬉しゅうございました。
 今後とも当「走りながら考える」をご贔屓のほど、よろしくお願い致します。

 何でも“当たり年”というのはあるものでして、今年はチョコの……とまあ惚気話はこの辺にして本題に入りましょう。今回お送りするのはダイハツ工業「ムーヴ」のユーザーインタビューです。前回の試乗編でも申し上げましたが、軽自動車は圧倒的に地方で売れています。もちろん都内で見かけることもありますが、その多くはマンションの巡回管理とかコンビニのスーパーバイズなどで使われる“商用車”です。ですから一般ユーザーがご利用になる“乗用車”で、しかも発売されて間もないムーヴの新型を見つけ出すのは非常に難しい。
 以前、スズキの「ワゴンR」を特集した際は、たまたまコンビニの駐車場に止めてあるのを見つけて、突撃インタビューを敢行したのですが、今回はいけません。いくら走り回っても見つからない。それではと都下のコンビニに出張って、1時間近くも立ち読みをしながら(コンビニの雑誌売場は駐車場側を向いているので都合がいい)網を張っていたのですが、1台も入ってこない。旧型ムーヴはそれこそ何台も来店するのですが、新型が来ないのです。
 やれやれ今回はボウズか……とすっかり諦めて買い物に出かけたところ、遂に見つけました!環八沿いにあるクイーンズ伊勢丹世田谷砧店。ここの3階に位置する駐車場で、いかにも“様子の良い”紳士が新型ムーヴに乗り込もうとしているではありませんか!締切り間際(なにしろお見掛けしたのが日曜の夜でしたから)。ここを逃したらもう二度とチャンスはありません。失礼を承知で声を掛けさせて頂きました。
 以下、ダイハツ新型ムーヴのオーナー突撃インタビューです。

*   *   *

フェルディナント(以下、F):あの、大変失礼ですが、このおクルマのオーナーの方ですか?少しお話を聞かせて頂きたいのですが……。

 その紳士は一瞬怪訝な顔をしたものの、バゲットが頭を出した紙袋を丁寧に席に置くと、ニッコリ微笑んで、「どうぞ」と言って下さった。

F:お帰りになるところだったのですね。私はフェルディナント・ヤマグチと申します。実はクルマに関する記事を書いておりまして、失礼を承知で声を掛けさせて頂きました。

「TNP」を消費者の頭に刷り込んだダイハツ工業のムーヴ(写真は試乗車です。S氏のものではありません)
画像のクリックで拡大表示

ムーヴのオーナー(以下、S):そうでしたか。私はまた車庫入れの際に失礼があったのかと思い、ひやりとしてしまいました。立派なクルマに乗っておられるから。

F:いえいえ、そんな……驚かせてしまい、失礼しました。今回は、今お乗りになっていらっしゃるダイハツのムーヴを特集しているのです。実際に乗っていらっしゃるユーザーの方の声を聞きたかったものですから……。

S:そういう事なら喜んで協力しましょう。私は軽自動車の推進派です(笑)。

アスコットタイの紳士は「軽」推進派

 その紳士は休日であるのに、キチンとジャケットを羽織っていらっしゃった。首元にはアスコットタイが巻かれ、プレスの効いたパンツをはかれている。このままホテルへ食事に出かけても何ら問題のないような格好だ。
 私はといえば、穴の開いたジーンズに、薄汚いパーカーを被っている。もう20年以上も着ていて、袖口がほつれてしまったボロボロの年代物だ。

F:軽自動車の推進派、と仰いましたが、軽自動車にはずっと……?

S:いえ、実はまだこれで2台目です。この前にはワゴンRに乗っていました。買ってからちょうど3年。車検がきたのでそれを機に買い換えた、という訳です。

F:ワゴンRからムーヴに。軽自動車の2大巨頭を制覇された訳ですね。

コメント8

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「ダウンサイジングへの障壁は奥様
カッコつけなきゃ軽で十分」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師