• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

Vol.6 「堀やん先生、なんでこの句はあきまへんの?」

「一句のなかに眼目がないと俳句は締まらない」

  • 千野 帽子,堀本 裕樹

バックナンバー

2011年3月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 句会に出たのに選ばれない、投稿したのに選ばれないというのは「いやまだまだで」と顔で笑ってはいても、内心では「な、何で?」と結構春の嵐だったりします。シュトゥルム・ウント・ドラング。

 「持ち帰って検討します」とスゴスゴ帰るときにあのイヤ~な感じ、といいますか、心で「次こそは」と誓った俳句人口一千万の方々のために、「かわずくん」ではお待ちかね様、千堀の堀やん※こと堀本裕樹さんが登場! 今週から、その堀やんに惜しくも選に漏れてしまった句の「なぜ?」を訊く連載記事を始めますよ。

※堀本先生は梅咲き誇る紀州和歌山のご出身。そこで関西ネームで呼ばせていただくことに。

連載管理人A(以下A) 句会で、まったく自分の句が取ってもらえない(点が入らない=誰からも評価されない)と、いやな汗が出てきますよね。

堀本(以下堀) ぼくも先日、全員がうまい句会に出たときは焦りました。

A 堀やん先生でも!

 誰ですか堀やん先生って。

A twitterではホリーノとも呼ばれていますが…。

 そうそうぼくホリーノって、おいっ! イタリア人か!

A さすが関西人、ノリ突っ込みが自然です。

 ごほごほ。ところで第一回は三百二十二句も応募していただいて、有難いですね。

A でも…実は管理人は俳句初心者なので、選ばれた句とそうではない句の違いがいまいちわからないんですよね。「どう直せばいいのか、ガイドラインが欲しい」というご要望もコメント欄でいただきました。

 そこで早速、今日から堀やん先生に課外授業として、「どうしてこれがダメだったんですか?」「それはね、ここをこうしたら良かったのに」という、具体的なご指導をいただくことにしましたー!

春一番ゆらり輝くゆりかもめ
まめQ

A 新橋の「ゆりかもめ」の駅の辺りの感じや、ゆりかもめって強風に弱くて急いでるときは困るよね、などと、ビジネスマンらしい句だなぁと感心したのですが。

 たしかに、新橋の感じもありますね。でも、これ、モノレールの「ゆりかもめ」なのか、鳥の「ゆりかもめ」なのか、判断が付かないんですよね。いずれにしても、「ゆらり輝く」の措辞(言葉の使い方)はいいですね。

 ぼくは鳥の「ゆりかもめ」と解釈したので、春一番の強風に対して、「ゆらり」という言葉は少しゆったりし過ぎていると思いました。しかも、百合鷗はそんなに大きな鳥ではないですからね。春一番に対して「ゆらり」の言葉の選択が引っかかってしまいました。

A そっか、ゆりかもめって鷗の仲間ですもんね。はやぶさ、雷鳥、つばめと日本の電車は鳥の名前が多いですねー。知ってますか、つばめグリルって超特急つばめにちなんでいるんですよ。

 (スルー)これは作者が意識して作ったかどうかはわからないけど、「百合鷗」は冬の季語ですから、一応季重なり(季語がふたつ以上入っている)です。

A 春と冬、ふたつの季語があることになってしまう。

 でもこの場合は、「春一番」が主たる季語になると判断できますね。「型」もしっかりしているし、センスのある作者だと思います。

A やっぱり? この方センスありますよね。

 次に期待!

A まめQさん、お待ちしています~。さて、次の句です。

コメント0

「千堀の「投句教室575・別館」 飛び込め! かわずくん」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック