• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「草食化」という思考停止が招く「少子化」

2011年3月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ここ数日、とあるレアな商品(←内緒だよ)を求めて、都内のショッピングセンターをいくつか巡回していたのだが、目当てのブツは、しかしと言うべきか、やはりと言うべきなのか、見つからなかった。

 代わりに、違うものを見つけた。いつもそうだ。私は探しているのとは別のモノを見つける。気がつくと、意図した目的地とは違う場所にたどり着いている。そして、夢に見ていたのとは微妙にズレた感じの人と出会い、予定の人生とは異なった、よりぬかるんだ道を歩むことになるのだ。BGMはロング・アンド・ワインディング・ロード。あるいは、ステアウェイ・トゥー・ヘブン。断じてマイ・ウェイではない。

 私が店頭で発見したのは、「ホワイトデーの終焉」だった。ほかにも気づいた人がいるかもしれない。自分の目で売り場を見て回った人は感知したはずだ。それほど、今年のホワイトデー商戦は、ショボかった。
 なにより、特設売り場の規模が小さい。例年、エントランスの一番目立つ場所を占有しているのに、今年は、地味な一角に追いやられている。人だかりも少ないし、品揃えも微妙に貧乏くさかった。
「なるほど」
 私は一人内心で膝を打っていた。
「若者のホワイトデー離れ、だな」

 帰宅後、早速、記事検索をしてみた。なんとなくうれしかったからだ。若者よ。君らは偉いぞ。離れるべきものからどんどん離れて、ほとんど徒手空拳じゃないか。頑張れ。この調子で仙人になってしまえ。

 しかしながら、「ホワイトデー」「縮小」「終焉」「離れ」「売上減少」といったあたりのキーワードを順繰りに入力して、ホワイトデー商戦の縮小化傾向を扱った記事をサルベージしにかかってみると、これが一向に出てこない。
 表示されるのは、「ホワイトデーにおすすめのイチ押しアイテム」だとか、「ホワイトデーの女心を酔わせる最高のひととき」だとかいった調子の、猫なで声のテキストばかり。否定的な記事はまるでひっかかってこない。

 もしかして、Google先生は、ホワイト伯爵と裏で手を結んでいて、ホワイトデー商戦にとってネガティブな情報を、検索結果から排除し去っているのだろうか。
 いや、そんな取ってつけた陰謀論を持ち出すまでもなく、商品の売上に貢献しないタイプの記事は、そもそも書かれていないのかもしれない。さもあろう。モノが売れないことについては、誰もが心を痛めている。あえて不況布告記事を書きたいと考える記者は少数派なのであろうし、萎え萎えな経済分析を読みたがる読者も、どうせそんなに多くないはずだ。それ以上に、何かが売れない旨の記事をスポンサードしたいと考える広告主が払底しているに違いない。

 であるから、昨年来定番化している「若者の○○離れ」記事でも、その論調は、若い人たちの意気地の無さを嘲笑するか、でなければ、古き良き時代を回顧するぐらいのところに着地する決まりになっている。市場の成熟を評価し、消費者の賢明さを寿ぎ、旧時代の商品文化の終焉を宣告する正直な記事にはついぞお目にかかれない。つまるところ、商業メディアの記事は、広告のおまけなのだな。

 テレビ業界でも事情はそんなに変わらない。彼らはブーム到来のニュースで消費を煽ることはしても、ブームの終焉については口を閉ざす。たとえば、食べるラー油のブームは、ほぼ終了しているが、その観察はニュースにならない。何かのブームが終わったとか、ある購買行動が末期を迎えているとか、かつてお洒落だったトレンドがダサくなっているといったようなストーリーは、Qシートから外される。というのも、市場にとってマイナスなニュースはスポンサーを連れてこないからだ。それどころか、市場の実態をありのままに描写すると、広告を引き上げられかねない。悪くすると訴訟を起こされるかもしれない。くわばらくわばら。

 てなわけで、今週のニュースワイドは、各局とも中国製の偽ブランド品が摘発されたというニュースをポジティブな情報として取り上げていた。どのチャンネルもソースは同一。放送原稿もほぼ同じ切り口だった。つまり、「ニセモノはけしからん」の大合唱だ。ニュース原稿によれば「N級品」と呼ばれる、最新の中国製のフェイクは、従来の「スーパーコピー」を超える品質で、専門家でも鑑定が困難なほどホンモノそっくりなブツなのだという。

コメント72件コメント/レビュー

私は日本経済がジリ貧になっても日本人人口が減っても、そのこと自体は別に問題視しなくてもいいとは思う。ただ子どもたちの未来に「楽しくないこと」しか見えないのは悲しいと思うし、若者が「ケータイゲームが一番面白い」と言っているのも悲しいことだと思う。人生の楽しさは「人を喜ばせること」であったり「他の人にはできないようなことを自分ができること」ではないかと思う。「草食化」という言葉の選び方の是非はともかくとして、「できれば頑張ることや苦労は避けて生きて行きたい」という若者が増えていることは、「楽しくない人生を送っている若者が多い」こととして問題視してもいいのではないか。生きる上で「達成感がない」のはマズいと思う。ところが「恋愛を避けている男」は「チャレンジを避けている男」でもあり、「無難な選択肢しか選べない男」とも重なる。チャレンジすることなしに達成感は得られない。日本社会は、そういうチャレンジしない子どもを大量生産していると言える。そんな弱い男は、目の前でおぼれている人を助けることもできないはず。チャレンジし、挫折を経験して強くなる、社会はそういう子どもを育てないといけないと思うが如何か。(2012/05/07)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「「草食化」という思考停止が招く「少子化」」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私は日本経済がジリ貧になっても日本人人口が減っても、そのこと自体は別に問題視しなくてもいいとは思う。ただ子どもたちの未来に「楽しくないこと」しか見えないのは悲しいと思うし、若者が「ケータイゲームが一番面白い」と言っているのも悲しいことだと思う。人生の楽しさは「人を喜ばせること」であったり「他の人にはできないようなことを自分ができること」ではないかと思う。「草食化」という言葉の選び方の是非はともかくとして、「できれば頑張ることや苦労は避けて生きて行きたい」という若者が増えていることは、「楽しくない人生を送っている若者が多い」こととして問題視してもいいのではないか。生きる上で「達成感がない」のはマズいと思う。ところが「恋愛を避けている男」は「チャレンジを避けている男」でもあり、「無難な選択肢しか選べない男」とも重なる。チャレンジすることなしに達成感は得られない。日本社会は、そういうチャレンジしない子どもを大量生産していると言える。そんな弱い男は、目の前でおぼれている人を助けることもできないはず。チャレンジし、挫折を経験して強くなる、社会はそういう子どもを育てないといけないと思うが如何か。(2012/05/07)

先が見えない時代に固定費を削減したいのは個人も同じ。非婚化・少子化は当然。(2012/05/07)

今の日本には”地雷を踏む勇気”が必要ですよね。オダジマさん。他人には地雷を踏む勇気とかナントカいう本を出しておきながら、自分は地雷を踏みにいかないパンダのような竹生人生ってわけにはいかないでしょうよ。人生一番の地雷ってのは、実は”結婚”なのかもしれませんよ。実際私は、リアルに地雷が埋まっている危険地域にも行ったことがありますが、地雷踏んで爆死するかもしれない時の覚悟より、結婚する時の覚悟の方が勇気いりましたよ。爆死する覚悟も勇気もなく、メディアにテキスト流し込んで、竹生系とかいう言葉を世の中に実装しようとしてるだけなら、「草食系」という言葉を生んだ深澤とかいう女性ライターとあまりレベルは変わりませんよ。こんなのがメディアに露出して唱導してれば、少子化なんか止まりようがありませんよ。”地雷を踏む勇気”が足りないのは若者なのではなく、50を過ぎたオダジマさんご自身ではないでしょうかね。(2012/05/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授