• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

反原発と推進派、二項対立が生んだ巨大リスク

ジャーナリズム、調停役として機能せず

2011年3月30日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2011年3月11日14時20分。筆者を乗せたトルコ航空TR051便は、ほぼ定時に成田国際空港を離陸した。大地が大きく揺れたのはその僅か27分後であった。飛行中、日本の情報は伝えられず、筆者が東日本で大きな地震が起きたことを知ったのはイスタンブールのホテルのフロントスタッフの言葉からだった。

 不安に駆られる気持ちを抑えつつ、部屋の無線LANの回線にPCをつなぐ。スクリーン上に映し出された光景は眼を覆うばかりの惨状であった。

日本の安心安全が吹き飛んだ

 以来、刻々と更新されるネット情報を追い、テレビでBBCやCNNのニュースを見続ける日が数日間続いた。最も大きな衝撃を受けたのは、福島第一原発1号機で水素爆発が起きた光景を海外メディア経由で見せられた時だった。原発は地震直後に緊急運転停止こそできたが、津波で予備電源を失い冷却機能を喪失していた。炉内や燃料保存プールの中の燃料棒の崩壊熱を取り去ることができず、燃料棒が破損し、中の放射性物質が外に出てしまう危機的状況に至っていることは聞いていた。

 しかし原子炉建屋が吹き飛ぶ様子を自分の目で見ることになるとは――。筆者は何度か福島の原発を取材で訪ねている。設備を見学させて貰い、原子炉建屋にも入った。建屋の最上階には体育館のような天井の高い巨大な空間が広がっており、その中心から少しずれた場所に見学者用の立て看板が置かれている。そこには「炉心中央部」と書かれており、床にあるマンホールのような蓋の下に原子炉が置かれていることを示しているのだ。マンホールは定期点検中にそこを開け、原子炉内部から燃料棒をクレーンで釣り上げて取り出すためのものであり、横には取り出した燃料棒を収めるプールがあり、水を満々と湛えていた。

 取材の場合にさすがにそこまではしないが、学生などを連れた見学会ではその「炉心中央上」の看板と一緒に記念撮影をすることが多い。筆者と同じく過去に原発を見学し、そこで記念撮影をした人たちにとっても建屋爆発の光景は衝撃的だっただろう。かつて自分がそこに立ったことがある場所が爆発で消えてしまったのだから。

 取材では、放射線が厳密に管理されていると説明を受けていたが、それでも全面的に安心できているわけではない。こわごわ原子炉施設の中を見て回り、しかし、炉心の上に実際に自分の足で立ってみると、足の下には日本の繁栄を支える電気を作るために猛烈な熱を発生させている原子炉があるのに、その熱も全く伝わらず、何も感じさせない平穏がそこにはある。それが確認できた時に、なんとなく原発は結構安全なのかもしれないと思い始める。それが原子炉を実際に見たものの平均的心境だったのではなかったか。

 だがその思いは裏切られた。「とめる」「ひやす」「とじこめる」を安全の合い言葉としてきた日本の原発は震災によって制御不能に陥り、崩壊熱の発生をとめられず、冷却水を循環させてそれをひやせず、放射能を建屋内にとじこめることもできない状態となり、日本人の安全安心への意識を根底から覆した。

コメント101件コメント/レビュー

「人工的な操作を必要とせず、自然の力で安全性を確保するこうした方法を受動的安全性と呼び、PIUSは設計構造そのもので安全性を確立した炉形式ということで固有安全炉と名乗っていた。」「より安全な炉があると認めれば、いま動いている原発の安全性に問題があると認めることになる。反原発運動のアピールで不安を感じている国民を安心させるべく現在運転中の原発に関して「絶対安全」と繰り返して述べて来た以上、「より安全な原発」の存在は許容できず、その道を選ぶことができないのだ。」:前者は,Fail-Safe(故障した場合は安全側に作用する)という機械設計の基本的概念の言い換えだと思います.このような常識が通用しない原子力分野が異常なのであって,まさしく人災であると確信致しました.(2011/04/07)

「タケダジャーナル」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「人工的な操作を必要とせず、自然の力で安全性を確保するこうした方法を受動的安全性と呼び、PIUSは設計構造そのもので安全性を確立した炉形式ということで固有安全炉と名乗っていた。」「より安全な炉があると認めれば、いま動いている原発の安全性に問題があると認めることになる。反原発運動のアピールで不安を感じている国民を安心させるべく現在運転中の原発に関して「絶対安全」と繰り返して述べて来た以上、「より安全な原発」の存在は許容できず、その道を選ぶことができないのだ。」:前者は,Fail-Safe(故障した場合は安全側に作用する)という機械設計の基本的概念の言い換えだと思います.このような常識が通用しない原子力分野が異常なのであって,まさしく人災であると確信致しました.(2011/04/07)

>「少なくとも推進派は理性的な「つもり」なんだから、廃絶派は具体的で現実的な数字で対案を持ってきて議論したら?」では理性的に話す前提で、福島原発の事故を何とか収束させてくださいな。それからでないと理性的な話云々は無理でしょう。簡単にできる現実的な解をお教えしましょうか。休眠状態、待機状態にある発電所を再稼働させるだけでいいんですよ。東電や東北電関連では被災してしまった火力発電所がありますからその修理や代用が必用ですが、それだけで十分なんですよ。新技術を投入しなくても当面はそれで問題ありません。CO2の問題が残りますが、この際京都議定書の件は諦めて復興するまではCO2には目を瞑る必用があるでしょう。今の原発も順次新型の火力発電所に切り替えて、古い火力発電所は順次CO2を出さない発電所に切り替えていけば問題はありません。最も問題なく費用もかからず原子力を排除できますよ。なぜ水火原の3種類をバランスよく分配しているのかというと原発が将来使えなくなっても問題ないように振り分けているんです。日本の電力政策は元々そうなっているんですよ。(2011/04/06)

コメント欄の廃絶派が原発の代案について「多分」「できるはず」「だろう」と具体性のない根拠や「危険なんだから」と定量的でなく感情を拠り所にすることに対し、議論にならないから推進派が頭から反対派のコメントを却下にかかる。かくして原発問題は平行線。まるでこの記事が伝えていることそのものだということに気がついていないのだろうか?◆少なくとも推進派は理性的な「つもり」なんだから、廃絶派は具体的で現実的な数字で対案を持ってきて議論したら?でなきゃ話は平行線だよ。あと危険なんだから、ってのも無し。メリットとリスク(コスト)をきちんと評価しなきゃ。でなきゃ誰も好き好んで原発なんて使わないって。火力発電だってむやみに止めてるんじゃないんだよ。リスク(コスト)があるから止めたんだって。日経読んでるくらいなんだから事業推進計画くらい立てられるでしょ?(2011/04/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長