• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

人生いろいろ クルマ作りもいろいろ

第85回:ダイハツ工業 ムーヴ【開発者編】その3

2011年3月31日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。フェルディナント・ヤマグチでございます。

 読者諸兄は最近“外食”をされましたでしょうか?

 そういえば震災以来、昼メシ以外は一切外で食べていないや……という方も多いのではありませんか。

 何しろ“こういう時”ですから、会社絡みの宴会やパーティーの類は片端からキャンセルになっています。実は先週もマガジンハウス社の「Tarzan」創刊25周年記念パーティー(何と、赤坂のお色気食堂フーターズで開催の予定でした。さすがはマガハ……)や、某高級車の潜在顧客を対象としたシークレットパーティー(こちらは美術館を借りきっての開催予定でした。さすがは……おっと、シークレットなのでここで主催者の名は言えませんが)があったのですが、どちらからも直前に、延期を知らせる内容の丁寧な手紙が届きました。

 ずいぶん念入りな準備をしたでしょうに、行間から無念さが伝わってきます。手紙には色々と書いてありましたが、要するに「まぁこういう時ですから……」ということです。

 首都圏に於ける飲食店の落ち込みぶりは目を覆わんばかりの“惨状”です。抗いがたい“自粛モード”の波に翻弄されているからです。過日の「日経ビジネスオンライン」でも特集していましたが、これはもはや、地震・津波・原発に次ぐ、「第4の災害」と呼んでも差し支えないような状態です。「売り上げ半減」などは当たり前で、中には客足9割減などという悲惨な店も存在します。シャッターを下ろして、“状態が改善するまで”臨時休業を決め込む店もありますが、いったいいつになったら改善するのでしょう。先が見えません。

 この原稿を書いている最中にも東京電力が前言撤回のドタバタ劇を演じています。身内同然であるはずのIAEA(国際原子力機関)天野之弥事務局長からは「終結には程遠い状況」と断じられ、お仲間だったはずのフランスのIRSN(放射線防護原子力安全研究所)からは「先行きは不透明」と詰られ……。予断を許さぬ厳しい状況は当分続きそうです。

 しかし、たとえシャッターを下ろしていても、家賃は情け容赦なく発生します。従業員の給料も遅らせる訳にいきません。彼らには彼らの暮らしがある。食材はもちろん、酒屋への支払い、観葉植物のリース代、水道光熱費……。

 飲食店は、当たれば粗利の大きな“儲かる商売”ですが、客が来なければ話になりません。実際に盛業だった店が、早くも家賃の支払いに窮するケースも出始めている。かなりヤバい状況です。

 馴染みにしていた店が潰れてしまっては堪りません。1年後に残っていたのは体力のある大手のチェーン店ばかり……なんてことになってしまったら最悪です。それこそデートもままならなくなる。

 これは被災地だけでなく、全国的な問題です。日本を“味気ない街”ばかりの国にしてしまっては絶対にいけない。ですから食事に出かけましょう。ばんばんデートもしましょうよ。宴会だってそろそろ良いじゃないですか。うつむいて縮こまっているばかりでは何も始まりません。

 フツーに仕事して、フツーにメシ食って、フツーに酒を飲んで……。“経済を回す”なんて気負う必要はありませんから、いつも通り、極力フツーに振る舞いましょう。私もフツーにデートを……いえ今は大変な時期ですから、より多くの女性と積極的にデートに出かける所存であります。それが経済の復興へと繋がるのです。え?お花見禁止ですって?けっ、構うもんですか。あたくしゃやりますよ。ついでに花火も上げてやろうか。

 それにしても東京電力の広報はなんともお粗末な……。同社の清水正孝社長が「日本広報学会」の会長であらせられるとは、ブラックジョークにしてもタチが悪すぎる。

 さてと、前置きはこれくらいにして本題に入りましょう。ダイハツ工業・「ムーヴ」の開発者編。技術本部 軽製品企画部チーフエンジニア 須藤秀彦氏のインタビュー、今回がいよいよ最終回です。

*   *   *

フェルディナント(以下、F):今回のムーヴは、やはり“燃費”がテーマになると思うのですが、アイドルストップやエンジンルーム拡大のほかに、燃費の向上に関して力を入れたのはどのあたりでしょう?

ダイハツ工業 技術本部 軽製品企画部チーフエンジニア 須藤秀彦氏

須藤(以下、須):燃費をよくするのって、すごく背反が多いんです。基本的にエンジンの回転を下げてやれば燃費はよくなります。それは分かっている。でも単純に下げるだけだと室内に音がこもったりとか、低い周波数の振動が出たりとかしてしまう。このへんの処理には時間がかかりました。
 あとはそうだな、タイヤを例に上げましょうか。低燃費タイヤというのはなかなか対応が難しい。低燃費のタイヤって表面が硬いものですから、そのまま付けると乗り心地が悪くなるんです。

コメント3

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「人生いろいろ クルマ作りもいろいろ」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長