• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

Vol.10 ニュースのネタを安易に17音にするべからず

言葉とどう向き合うのかが問われている。

  • 千野 帽子,堀本 裕樹

バックナンバー

2011年4月7日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

おまっとさんでした。日経ビジネスオンラインのお茶受けタイム、「飛び込め! かわずくん」です。草餅、蕨餅、鶯餅、桜餅、椿餅、すべて春の季語で今美味しいですね。ビバ! お餅の国のひと。

今回は、先月〆切った特選と佳作をご紹介いたします。今回は佳作も一句ずつです。

千野帽子

●特選
卒業式犬連れてっていいですか
碍子
●佳作
春雨や机にころぶ差し薬
ちく和

堀本裕樹

●特選
春雨や机にころぶ差し薬
ちく和
●佳作
硫酸の壜のくらさや卒業す
碍子

堀本 ぼくと千野さんで、それぞれちく和さんと碍子さんの句を特選と佳作、逆に選んでいますね、面白い。

千野 本当だ。〈犬〉と〈差し薬〉のどっちを特選にするか、かなり悩みました。

――特選の句評は、発売中の4月5日発売の日経ビジネスアソシエ4月19日号(特集は「朝活必勝マニュアル」)124ページをご覧ください。

堀本 佳作の「硫酸の壜のくらさ」というのは、日常であり褻(ケ)、「卒業」は非日常であり晴(ハレ)ですね。俗と聖ともいえるが、その対比が中七の「や」によってはっきりと示され調べにもメリハリが出ました。

千野 この句に関して、自分の見方はちょっと違います。「や」というのは強い「切れ」だし、文語終止形というのがまたけっこうしっかりと切れる。これでは句がダメ押しをしすぎていてくどい。中七「や」切れのあとの下五は体言止めのほうが吉。仮に〈硫酸の壜のくらさや卒業歌〉としてみました。いかがでしょうか?

堀本 その理論もありですね。ぼくの頭のなかには中村草田男の代表句〈校塔に鳩多き日や卒業す〉があったんですね。なので「型」に関してもよしとしました。

――同じ句でも評価は違う、これが句会の面白さですね。投句してくださったみなさまがた、ありがとうございました。引き続き、兼題「朧」と「陽炎」、自由題での投句をお待ちしております。では今回は、あとひといきの句の後押しをする、「堀やん先生の選句物語」3回目ですよ!

コメント10件コメント/レビュー

陽炎ひて背のさまざまなハイヒール のわわ(2011/04/25)

「千堀の「投句教室575・別館」 飛び込め! かわずくん」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

陽炎ひて背のさまざまなハイヒール のわわ(2011/04/25)

陽炎や受取の印捺す係 廣島屋(2011/04/13)

陽炎やランプの魔人出てこない 碍子(2011/04/11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長