• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

我に返ったあとの消費の「適量」

2011年4月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東京ディズニーランドの再開を伝えるニュースは、なんだか奇妙だった。
 テレビの中の人たちの伝え方が偏向していたわけではない。むしろ、ニュースを受け止める私の側の感じ方に、微妙な変化が生じていたということなのだと思う。

 ニュースデスクは、明るい話題に飢えている。視聴者も同様だ。震災後40日を経て、多くの国民は、復興につながる明るいニュースを希求している。そんな中でもたらされたディズニーランド再開の話題は、うってつけのグッドニュースになるはずだった。

 が、その、誰もが待っていたはずの福音は、いざ形になって届いてみると、スタジオの中に、なんだか白々しい感じの後味を残して通り過ぎて行った。
 ミッキーマウスたちの軽妙なダンスを伝える取材VTRを眺めながら、私は、
「ミッキーよ。お前は神妙な顔ができないのか?」
 と、お門違いである旨は承知しつつも、どうしてもそう思わずにいられなかったのである。

 私が見た民放のニュースワイド番組は、一組の若夫婦にスポットを当てることで、ディズニーランド再開の一日をレポートしていた。
 登場したのは、30代とおぼしき都内在住のカップル。ともにディズニーが大好きで、震災があった日も東京ディズニーリゾートで落ち合う予定だったのだという。

 カメラは、ランド再開当日に駆けつけた彼等の表情を追う。
「ミッキーぃー! 会いたかったぁあー」
 と叫ぶ彼女の横顔をアップでおさえた後、カメラは引きの画面で、ミッキーとミニーが力いっぱいに手を振る様子を紹介する。涙ぐむ妻。歓声をあげる子供たち。感動的な絵柄だ。

 が、私は、シラけていた。
 いや、被災地に配慮してファンタジーは自粛すべきだとか、娯楽は後回しにしろだとか、そういう堅苦しいことを言おうとしているのではない。

 でも、やっぱり、ダメなものはダメだ。私はついていけなかった。
 思うに、これは一時的な気分の問題ではない。
 ああいう規模の災害に遭遇すると、ものの見方の根本のところが変わってしまう。
 少なくとも「娯楽」についてはそうだ。震災の前と後とでは、こちらの心構えに微妙な違いが生まれている。

 「パラダイムシフト」という言葉を使うのは、大げさかもしれない。でも、震災の前までは他愛なく笑って受け止めていられた様々なものが、受容できなくなっている。ということは、やはりこれは、気分の変動というよりは、人生観の変容に近い何かが起こっているということなのだ。

 たとえば、お笑い芸人のうちの幾人かは、私にとって、向こう2年ぐらいは顔を見たくない存在になってしまっている。震災前から、特に歓迎して見ていたわけではないが、それでも、これほどまでにうとましく感じてはいなかった。そう思うと、この違いは大きい。これから先、色々な分野でキャスティングが少しずつ変わってくるかもしれない。

 今回は、娯楽について書きたい。
 ゴールデンウィークも近いことだし、行楽の予定をどうしたものか思案に暮れている人も多いと思うだからだ。
 どのように過ごすにしても、この機会に、休日を楽しむことの意味について考えてみるのは無意味なことではないはずだ。

コメント79件コメント/レビュー

早々と義捐金を1億円寄付して、その後一言もしゃべらないイチローはやはり偉い。少し遅れて出した松坂も偉い。私は大嫌いだが、2億円寄付してそのことを一言もコメントしない久米宏は偉い。それに引き替え、炊き出しに奮闘する芸人、歌うことが支援だといって現地で歌う歌手みんなマスコミに出たいだけの後出しじゃんけんだ。こんな時に真価がわかる。(2011/04/24)

オススメ情報

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「我に返ったあとの消費の「適量」」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

早々と義捐金を1億円寄付して、その後一言もしゃべらないイチローはやはり偉い。少し遅れて出した松坂も偉い。私は大嫌いだが、2億円寄付してそのことを一言もコメントしない久米宏は偉い。それに引き替え、炊き出しに奮闘する芸人、歌うことが支援だといって現地で歌う歌手みんなマスコミに出たいだけの後出しじゃんけんだ。こんな時に真価がわかる。(2011/04/24)

今回の小田嶋さんの攻撃目標は、最近のライフワークの一つであるテレビ(キー局)批評なのかな?と思いました。私も一緒(怒りながらテレビ観ている)なので快哉です。テレビ批評、これからもガンガン続けてください!!From 余震で気持ち悪くなっている臆病な千葉県民(2011/04/24)

私みたいな被災していない人が本当に被災された方々の気持ちになれるのでしょうか?自然の力への畏敬の念と一瞬にして愛するもの平凡な日常を失った人々への何と言っていいのか表しようのない気持ちを持つことは誰でもできると思いますが、本当に様々な多くの被災者の気持ちになれるのでしょうか?勿論、甚大な被害を見るに付け、そのことについて、しっかりと考え、深く悩む時間は必要だと思いますが、それはある程度の期間でしかないと思います。筆者は、本当に最後の一人が救われるまで、慎み深く生きていけますか?私はできません。被災しなかった人たちができることは、ディズニーであろうが何だろうが自分の日常をしっかりと生きて行くことだと思います。そして、被災者の精神的肉体的苦痛や疲労のほんの一部でも分かち合うために、日常に加えて寄付やボランティアをしていくことだと思います。日常の営みは経済です。経済とは「経」を斉しくわたすことです。(2011/04/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

今や中国は、米国よりも世界的な経済力がある。

イアン・ブレマー 国際政治学者