• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“弱い人間”が選んだ名言を集めた『名言力』がベストセラーに

  • 大山 くまお,テリー 植田

バックナンバー

2011年5月19日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

――前回は「エピタフの扉」の元になっているイベントについて、植田さんにお伺いしました。今回は、「エピタフの扉」※の軸でもある“名言”についてお話をお伺いしようと思います。まず、大山さんが『名言力 人生を変えるためのすごい言葉』(ソフトバンク新書)を刊行されたのは、いつ頃だったのでしょうか?

大山くまお 2009年の6月ですね。ちょうど2年前の今頃は必死で執筆していました(笑)。

だったら、“弱い人間”が選ぶ名言集というのはどうだろう

――企画はどのような成り立ちだったのでしょうか?

大山 最初は、編集さんからの投げかけでした。「名言についての本を書いてみませんか?」と。ただ、それまでにも名言集というものはたくさん出版されていて、自分で名言を本にするならどんな名言を集めればいいんだろう? どんなことを書けばいいんだろう? ということを一生懸命考えました。

 名言集にはいろいろなパターンがあるんです。たとえば、戦国武将や哲学者などの名言集、つまり名言の主の大枠が決まっているものですね。ほかにも、偉い評論家の先生などが名言をチョイスした名言集や、ひたすら名言を詰め込んだ名言集などがあります。

 『名言力』の場合は、僕が名言を選ばなければならない。僕は仕事がほとんどないような、無名のフリーライターでしかなかった。この本を執筆しているとき、僕は世の中に対して“生きづらさ”をすごく感じていました。迷いを感じていたり、将来に不安を感じていたりしていましたし、怠け者だったり、遅刻したりもする人間だったわけです。

 だったら、“弱い人間”が選ぶ名言集というのはどうだろう、と。弱い人間である自分を基準にして、自分に響くような言葉をひたすら集めてみたら、不況や結婚難などで同じように“生きづらさ”を感じている人に有用な名言集を作れるんじゃないだろうか。そういう人たちに寄り添った名言集を作れるんじゃないだろうか。それがこの本の大きなテーマであり、それまでの名言集との違いだと考えています。

――なるほど。名言はどのように選んでいったんでしょう?

大山 片端から見ていきました。既存の名言集も見ましたし、名言とは直接関係のない書籍や雑誌なども見て行って、自分に響く言葉を選んでいきました。古典的な、多くの人が認める名言だけでなく、僕が書籍や雑誌から切り出した名言も多く含まれているのが『名言力』という本の特徴でもあります。

 もとがコミックスでも、歌の歌詞でも、自分に響けば、僭越ながら“大山くまお認定”で名言にしてしまったんです(笑)。

コメント0

「エピタフの扉」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官