• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

科学リテラシー事始『ニセ科学を10倍楽しむ本』 ~原発情報に振り回されないために

  • 赤木 智弘

バックナンバー

2011年5月23日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ニセ科学を10倍楽しむ本』山本弘著、楽工社、1995円

 東日本大震災によって福島第1原子力発電所が深刻なダメージを受けて以来、放射線に関する曖昧で雑多な情報があふれ返っている。多くの人達はそうした情報に振り回され、何を信じていいのか、分からなくなっているのではないだろうか?

 しかし、少なくとも私はそうした情報に惑わされず、冷静に必要な情報を見極めていると自負している。別に放射線に関する特別な知識があるわけではない。ベクレルやシーベルトなんていう単位も、ちゃんとした意味を知ったのは、それこそ今回の事故が起きた後だし。

 では、なぜ曖昧な情報に惑わされることがないかといえば、科学的な物の見方をほんのわずかに知っているからだ。

 科学と言っても、特に専門的な難しいことを勉強したわけではない。ただ、世の中にはびこる「ニセ科学」というものをおもしろがっているうちに、科学的な物の見方が自然と身についたのである。

科学に道徳の根拠を求めるな

 今回紹介する『ニセ科学を10倍楽しむ本』は、SF作家で、トンデモ本などを趣味的に検証する「と学会」会長の山本弘が送る、小学校高学年以上に向けたニセ科学の入門書。登場人物たちの会話形式で、平易な言葉で分かりやすく書いてあるから、科学と聞くと身構えてしまうような人でも安心して読める。

 「ニセ科学」とは、まえがきによれば「科学的なように見せかけているけれど、実はぜんぜん科学的ではないもの」のことである。

 本書には、水が言葉を理解するという「水からの伝言」。テレビゲームをし過ぎるとボケと同じような脳波になるという「ゲーム脳」。食の安全安心にまつわる「買ってはいけない」。合コンなどの席でお世話になる「血液型診断」。雲や動物が地震を知らせる「地震予知」。ノストラダムスが有名な「地球滅亡説」。そして「アポロは月に行っていない説」など、有名なニセ科学が網羅されている。それらの説がどのように間違っているのかを、本書の主役であり、ニセ科学に詳しい「パパ」と、ニセ科学に騙されがちな子供たちやおばあちゃんなどとの仮想会話によって解説している。

 たとえば「水は字が読める?」の章は、水を入れた瓶に「ありがとう」の紙を貼って凍らせるときれいな結晶ができ、「ばかやろう」の紙を貼ると結晶ができないという実験で一躍ベストセラーとなった『水からの伝言』(波動教育社)。

 この本を学校に持ち込み、キレイな言葉を使うことの重要さを教えるために、道徳の教材として使おうとする「教師」に対して、パパは、さまざまな視点やデータから、水は言葉を理解しないし、キレイな結晶ができるのもトリックであると説得する。

 その中で、パパは、教師に対してこう述べている。

パパ「道徳を教えるなら、それこそ童話や小説でもいいじゃないですか。事実ではないものを事実だという必要が、どこにあるんですか? 『道徳のためならウソを教えてもいい』なんて考え方は、それこそ道徳的じゃないでしょう?」

 そして、ニセ科学という言葉を世間に広めた、物理学者である菊池誠の言葉を引いて「道徳やしつけの根拠を自然科学に求めるべきではない」という。

 これらの言葉は、実はニセ科学の本質を述べている。

コメント18件コメント/レビュー

ニセ科学を題材として、それとあわせて中国野菜の例をだされると、読者には受け入れの姿勢ができている。そこで統計を出して示すと「科学的」に見えて信じやすい、まるでニセ科学と同じ。ここで示されている統計でいえるのは、「発見された」基準値違反は他国並みであること。基準値違反の程度は示されていない、流通業者(親会社が日本企業であることも多数)との関係、流通経路は検討されていない、等々。要は、中国野菜は安全です、という結論も出ない。リスクを確率で引き受けることができるか、という問題に過ぎない。(2011/05/24)

「超ビジネス書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ニセ科学を題材として、それとあわせて中国野菜の例をだされると、読者には受け入れの姿勢ができている。そこで統計を出して示すと「科学的」に見えて信じやすい、まるでニセ科学と同じ。ここで示されている統計でいえるのは、「発見された」基準値違反は他国並みであること。基準値違反の程度は示されていない、流通業者(親会社が日本企業であることも多数)との関係、流通経路は検討されていない、等々。要は、中国野菜は安全です、という結論も出ない。リスクを確率で引き受けることができるか、という問題に過ぎない。(2011/05/24)

中国の農薬とかは頻度だけでなく、その超過度合いも比較しないといけない気がします。安全基準の何倍以上となった割合とかだと全然違うのかもしれませんね。全く科学的根拠はないですが。(2011/05/23)

最近広瀬隆の「東京に原発を」を読み返しました。冒頭の原発が事故を起こす確率論から、間違った計算を示しており、当時の「危険を訴えるためなら、嘘を付いても」と言う姿勢が感じられることに不安を覚えたばかりでしたので大変ありがたく感じました。特に中国野菜については感じるところ多かったです。「数字は嘘を付かないが、嘘を付く者は数字を使う。」と言います。ニセ科学を多用する人も数字をよく使うようです。技術立国の日本人ならば、この程度の見識を身につけたいと思いました。(2011/05/23)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長