• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「いい映画」は、1年あればほぼ全部見られるよ

語り合おう、あの時に見たあの映画「青春の5本」その1

  • 岡 康道,小田嶋 隆,清野 由美

バックナンバー

2011年5月30日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 お待たせしました。先行き不透明、悩み多き時代に「ガラパゴスでいいじゃない!」と吹っ切った姿勢で臨む?「人生の諸問題、青春シリーズ」、再開です。今回からは好評を博した読書編「青春の5冊」に続き、映画編「青春の5編」をお送りします!

小田嶋 東日本大震災の後、TVのコマーシャルがACジャパン一色になったでしょう。

―― あまりに何回も繰り返されるので、苦情が殺到したという。

小田嶋 あれ、TUGBOATがかかわってなきゃいいな、と思ってたのね、俺。

 かかわってないですよ。

小田嶋 いや、もし、かかわっていたら、この先すごく話題に困るな、って。

 僕たちにも、震災後にみんなを励ますような広告を作ってくれませんか、という依頼はあったけど、そんなの、励ませないですよ。自分が被災していたら、ほかの人たちにも届くような言葉って、もしかしたらあり得たかもしれないけど、僕の立場は結局、やじ馬じゃないですか。被災していない連中が、被災した人たちに向かって何かを言って励ますなんて、できないと思ったね。

広告主の名前は、出さないわけにはいかない

小田嶋 そういう思いは別にして、タレントたちがノーギャラで次々と登場して坂本九の「上を向いて歩こう」と「見上げてごらん夜の星を」を歌い継いでいく、というサントリーのCMなんかは、仮にすごく歌のうまいやつが5~6人で歌ったら、いいCMになった可能性はあると思ったよ。矢沢永吉とか、あの中に結構、歌える人が3~4人はいたでしょう。まあ、マッチとかが出てきちゃったときの違和感はすごいと思いましたけど。

 あれ、タレントの方も断りにくい手紙が来たんだろうなあ、って(笑)。ただ、ああいう手法で感動的なCMを作ったとしても、広告である以上は最後の画面にクライアント名が出ますよね。すごくいいことを言っても、最後に「サントリー」なり何なりがやっぱり出ちゃうから、うわっ、こんなときにも好かれたいのかな、って思われるリスクもある。たとえクライアントが、こういう場合は社名ははずしてくれ、と言ったとしても、広告枠で流す以上、番組じゃないから入れないとだめなんです、ということで。

小田嶋 そこは広告というよりも放送業界のルールだよね。

 そのルールからいえば、クライアントが買った時間は、どこの誰が言っているかを明記しないとだめだ、というのがあるんですよ。でも逆にいえば、広告のプロなら、どんなに心に染みそうなCMを作ったとしても、これ、最後にクライアント名が出るよな、って、そうなるのは分かっていたはずですけどね。

小田嶋 多分、作り手はそこまで計算済みなんだろうけど。まあ、実際、じーんと来たばかりに、最後に企業の名前が出てきたときの違和感というのは、ありましたね。

 ディズニーランドだけじゃないですか、震災時に顧客コミュニケーションが成功したのは。だって、あそこ、被災者だからね。

小田嶋 そもそもがね。

 震災発生時も、発生後も、ディズニーランドの対応は素晴らしかったらしいね。入園者たち全員を1人のけが人も出さずに安全なところに避難させて、食事を配って、情報も伝えて、と。

小田嶋 しかもアルバイトや従業員、というか、あそこはキャストと呼ぶそうだけど、キャストがまさに役割に成り切って、「僕たちフェアリーがいるから、きみたちは安心してくれたまえ」といった芝居を貫いたんでしょ。

 だから、自分たちが被災して、直すから、また来てください、というディズニーランドのメッセージだけは届いた気はしますよね。かといって「ミッキー、会いたかった~」なんて、いうのは、これはあり得ない、と思ったけどね。

小田嶋 テレビのニュースだかでやっていたでしょう。再開したディズニーランドに出かけた30歳すぎの子供がいない夫婦が出てきて、「ミッキー、会いたかった~」って、泣いているのよ。

 おかしいよね。

コメント5件コメント/レビュー

ようやく正常再開しましたね。本や映画について語るのもいいですが、フリートークというか、今回の枕のような話をもっと聞かせてほしいです。毎回、対象作品のタイトルを出したりすると、短い時間で話した内容を水増ししてるようにも思えます。(2011/05/31)

「人生の諸問題」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ようやく正常再開しましたね。本や映画について語るのもいいですが、フリートークというか、今回の枕のような話をもっと聞かせてほしいです。毎回、対象作品のタイトルを出したりすると、短い時間で話した内容を水増ししてるようにも思えます。(2011/05/31)

あの~、対談の内容についてコメントする前にひとこと。どうしてこんなに間があいてしまうのでしょうか?様々なご事情があるにしても、間があきすぎです~。どうかコンスタントに-願わくば毎週-お続け下さいませ。まあ、2007年から始まってやっと出発点とのことですから、こちらもガラパゴスペースでお付き合いしていく覚悟ですが・・・。前回の青春の5冊の時は、まさに同い年!とうなりましたが、映画というのはものすごく個人差がありますね。あまり世代がどうこういうものでもないわけですね。ただ、心に残ったかどうかはともかくとして、青春時代を思い出すと言えば、同世代の男性なら「ロミオとジュリエット」とか「日本沈没」をご覧になったのではないですか?しかしお二人とも早稲田で、早稲田界隈の名画座にもいらしてないのはちょっと驚きです。映画のポスターがよく電柱に貼られていませんでしたか?ミア・ファローの「フォロー・ミー」とか。私は「狼たちの午後」や「アメリカン・グラフィティー」を早稲田松竹で見た記憶がありますよ。でも、青春時代にあまり映画を見なかったからこその独自の視点がおふたりにはあるようにも思われ、興味深いです。これからもどうぞ楽しい対談をお願いします。(2011/05/30)

福島原発事故を前振りされたので、映画のタイトルに「博士の異常な愛情」「猿の惑星」「宇宙戦艦ヤマト」「ザ・デイ・アフター」「渚にて」の5本を挙げてくるかと思ったら、何かイマイチ違うタイトルがあがっていました。個人の趣味で云えば、「アラバマ物語」「椿三十郎(三船版)」「ローマの休日」「十二人の怒れる男」「肉弾」「ライムライト」「モダンタイムス」が思い出の青春の映画でしょうか。リバイバル上映も含まれるので、見たのはてんでんばらばらで、誰と見たかまでは覚えていませんが、スクリーンに見入って感動したのだけは忘れませんね。カラーになってからは、その天然色に気を取られて中身を良く見ていなかった様に思います。最近は3Dですからね、刺激を感じるアトラクションとなった映画でなく、モノクロの中身を見る映画が本当に少なくなった様に思います。(2011/05/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授