• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

クルマも人生も、う~エキサイトメント!

第92回:MINI クロスオーバー【マーケティング担当者編】

2011年5月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。フェルディナント・ヤマグチでございます。

 今年も恒例のホノルルトライアスロンへ参加して参りました。
 思い起こせばトライアスロンのデビューを飾ったのがこの大会(初回はなんとクラゲの大量発生でスイムのパートがランと差し替えられ、ラン‐バイク‐ランのデュアスロンになってしまいましたが……)。
 今回で3回目の参加であります。

ゴール直前で地元の若い衆にブチ抜かれるの図。直前まで私が前だったのに……やられました

 トライアスロンの世界へ誘ってくれた本田直之氏を始め、古田敦也氏や長谷川理恵さんなど(ゴール時のスッピン顔であれほどキレイなのですから……彼女は相当な美人です)参加メンバーが華やかなのもこの大会の特徴です。もちろんBALS高島郁夫氏、ゼットン稲本健一氏、ワンダーテーブル秋元巳智氏の“MINI三人衆”も参加され、それぞれにエンジョイしておられました。

トライアスロン界のMINI三人衆

 そう、まさにエンジョイ。明るく楽しく殺伐としていないのがこの大会のいい所です。

 で、肝心のリザルトは以下の通り。

Ferdinand Yamaguchi 148 M45-49 16 25:28 3:06 1:10:32 1:28 47:39 2:28:11

 名前の後ろの数字は総合順位。M45-49は男子45歳から49歳のカテゴリーを意味し、その後ろの数字はカテゴリー順位を示します。25:28はスイムの所要時間。以降、トランジション1(スイムからバイクへの乗り換え時間)、バイクの所要時間、トランジション2(バイクからランへの切り替え時間)、ランの所要時間、総合タイム、と続きます。

 私が参加したオリンピックディスタンス(スイム1.5キロメートル=km・バイク40km・ラン10km)のフィニッシャーは705名、内M45-49のフィニッシャーは76名でした。その中で総合148位、年令枠16位……。うーん。まだまだです。せめて総合100位、年齢10位くらいには入りたいところ。そのためには今のタイムから8分ほど縮める必要がある。
 因みに昨年のリザルトは以下の通り。

Ferdinand Yamaguchi 172 M45-49 14 28:08 2:57 1:11:46 1:52 52:27 2:37:08

 今年と比較してみるとトータルタイムは9分も速くなっている。このペースでいけば来年は……と、それほど話は簡単ではありません。この辺になってくるとタイムを短くするのにもひと苦労。でもまあ1年掛けてジックリ鍛えれば何とかなるでしょう。問題は今のこの“熱い気持ち”を維持できるかどうか。モチベーションの維持にはそれなりの努力と工夫が必要です。この点についてはまた別の機会を見つけて書きたいと思います。

 さてさて、それでは参りましょう。今回はMINI「クロスオーバー」の最終回です。
 ビー・エム・ダブリュー株式会社の(そう、MINIはBMWの一部門なんですね)MINIマーケティング・ディビジョンのプロダクト・マネジメントマネジャーの佐藤毅氏と、BMW広報室製品広報マネジャーの前田雅彦氏からお話を伺いました。

*   *   *

コメント3件コメント/レビュー

ディーゼルは、某4選しちゃった知事さんがパホーマンスをして、丁度その頃ブームだったクロカン4駆の凋落とセットですっかり日本の乗用車から消えてしまいましたよね… 出足のトルクの太さと実用燃費の良さは今でも問題なく通用するので、環境適応ディーゼルにはもっと出て欲しいです(まぁ輸入車が積極的ですので、そのうち国産車も復活するでしょう)。 本編の旧ミニと新ミニは基本別物ですから、お互いがお互いを干渉することは無いでしょう。現行ミニのあの形を気に入った方が買えば良いだけです。(2011/05/31)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「クルマも人生も、う~エキサイトメント!」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ディーゼルは、某4選しちゃった知事さんがパホーマンスをして、丁度その頃ブームだったクロカン4駆の凋落とセットですっかり日本の乗用車から消えてしまいましたよね… 出足のトルクの太さと実用燃費の良さは今でも問題なく通用するので、環境適応ディーゼルにはもっと出て欲しいです(まぁ輸入車が積極的ですので、そのうち国産車も復活するでしょう)。 本編の旧ミニと新ミニは基本別物ですから、お互いがお互いを干渉することは無いでしょう。現行ミニのあの形を気に入った方が買えば良いだけです。(2011/05/31)

毎週木曜日の配信を楽しみにしています。Miniというと、Mr.ビーンの運転によるフットワークの軽さが真っ先に浮かんでくるのですが、今回登場の"Mini大好き"の皆さんは、ビーンの無茶ぶり(戦車に踏み潰されてしまったMiniもありました)をどのように感じてらっしゃるのでしょうかね。ローワン・アトキンソンさんのMiniに対する想いも気になります。(2011/05/28)

元売会社のものです。ADフジノ氏、編集I氏が軽油の価格についてコメントをしておりますが、どうしても看過出来なかったのでコメントさせていただきます。過去の日本では確かに軽油中の硫黄分が高かったのですが、環境問題の観点から硫黄分を段階的に削減し、現在、硫黄分10ppm以下のサルファーフリーとなっております。硫黄分除去のために精製装置に巨大なコストを掛けましたが、軽油単価には転嫁しておりません。過去の軽油代に比べて現在上がっているのは単純に原油コストが上昇しているからに過ぎません。(2011/05/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授