• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

モスクワで浅田真央さんの世界選手権を見てきました

モスクワ世界選手権観戦記(前編)

  • 岩崎 夏海

バックナンバー

2011年6月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

この記事は、作家の岩崎夏海さんが、浅田真央さんが出場するフィギュアスケートの試合を観戦する、その観戦記シリーズです。今回は、2011年4月末にモスクワで開催された世界選手権についてです。

 2011年4月27日から約一週間、ロシアの首都モスクワへ行き、世界フィギュアスケート選手権を観戦してきた。28日の公式練習から、29日のショートプログラム、30日のフリーと見てきた。その中で、ぼくが見た浅田真央さんがどうであったかを、その時々で感じたこと、思ったことなどを交えながら書いていきたい。

 2011年3月11日、東北地方を大地震が襲ったことと、それに続いて福島の原子力発電所が大きなトラブルに見舞われたことで、主に安全が確保できなくなったのを理由に、3月末に東京で行われる予定だった世界フィギュアスケート選手権は中止となった。すると、すぐにロシアスケート連盟が代替開催に名乗りを挙げ、結局予定されていた日から一ヶ月遅れで、ロシアの首都モスクワで、今シーズンの幕引きとなる世界選手権が行われることになった。

 これは、誰にとっても青天の霹靂だったことだろう。誰にとっても、世界選手権が一度は中止になったり、あるいは延期になることなど予想もしていなかったに違いない。ぼく自身も全く予想していなかった。

 私事で恐縮だが、ぼくは東京の渋谷区に住んでいるので、世界選手権が開催される予定だった代々木体育館はとても近い。歩いていけるくらいの距離だ。今シーズン、名古屋、パリ、長野、台北と、真央さんの出場した試合は全て現地で見てきたのだけれど、その最後の大会が自宅から歩いていけるほどの距離で開かれるということに、何か縁のようなものを感じていた。
 ところがそれは、結局家から一番遠い場所で行われることとなった。モスクワへは、直通便のチケットが満席で取れなかったため、フィンランドのヘルシンキ経由で入った。おかげで、トランジットも含めると、おおよそ19時間の移動となった。

 しかしそれは、一つの良い経験にもなった。フィギュアスケートという競技が、そして浅田真央さんが、世界的な存在であるということがあらためて確認できたし、またぼく自身も、このような機会でもなければ、モスクワに行くことはなかっただろうからだ。そしてまた、モスクワがウィンタースポーツに関しては先進国で、フィギュアスケートに対しても深い理解と愛情とを持つ国であるというのも、知ることはなかったと思う。

ロシアはとても豊かな国だった

 ぼくは、モスクワを訪れるのは初めてだったのだが、来てみて分かったのは、このロシアという国は(少なくともモスクワは)経済的にとても豊かだということだった。降り立った空港が、まず新しくきれいだったというのもあるが、節電に取り組んでいる最中の日本から来たためか、隅々まで灯されている照明がいやに明るく感じられたのが印象的だった。

 また、空港からホテルへと向かう道は、行き交う車で溢れていて、高級車がけっして珍しくなかった。さらには、途中で訪れた24時間営業のスーパーマーケットも商品で溢れかえっていたし、夕食に訪れたレストランも、必ずしも高級店というわけではなかったが、どれもとても美味しかった。
 あるいは、お店に従業員が多いことも特徴的だった。スーパーやレストランに入ると、必ずガードマンも含めた4、5人の店員に振り向かれるのが常だった。また意外だったのは、英語の通じる場所が多かったことだ。ロシア語を話さなくても不便を感じることはあまりなく、これは頑なにフランス語しか喋ろうとはしないパリとは大きな違いだった。

 一点だけ馴染めないところがあるとすれば、それは街があまりきれいではなかったことだ。特に道路は汚く、排気ガスだけではなく、ゴミなどもそこかしこに落ちていた。そのせいか、車は高級車も含めてどれも汚いまま走っており、建物も、外壁や窓を清掃する習慣がないのか、薄汚れていた。ぼくは花粉症でホコリでもくしゃみや鼻水が止まらなくなるので、モスクワにいる間はマスクが手放せなかった。

世界選手権の会場となったモスクワの「メガスポーツアリーナ」

コメント1

「なぜ浅田真央はぼくの胸を打つのか」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長