• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

判決は気味が良かったですか?

2011年6月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先月の30日、いわゆる「君が代不起立訴訟」について、最高裁が原告側の上告を棄却する判決を下した。
 興味深い話題だ。
 が、記事として取り上げるのは、正直に言って、気が重い。
 今回は、私自身のこの「気後れ」を出発点に原稿を書き始めてみることにする。
 「君が代」について書くことが、どうして書き手にストレスをもたらすのか。
 「君が代」の最初の課題はここにある。圧力。見逃されがちだが、大切なポイントだ。

 気後れの理由のひとつは、たとえば、コメント欄が荒れるところにある。
 愛国心関連の記事がアップされていることが伝わる(どうせ伝わるのだよ。どこからともなく。またたく間に)と、本欄の定期的な読者ではない人々も含めて、かなりの数の野次馬が吸い寄せられてくる。その彼らは、「売国」だとか「反日」だとかいった定型的なコメントを大量に書きこんでいく。休止状態になっている私のブログにも、例によっていやがらせのコメントが押し寄せることになる。メールも届く。「はろー売国奴」とか。捨てアドレスのGmail経由で。
 私は圧力を感じる。コメントを処理する編集者にも負担がかかる。デスクにも。たぶん。
 ということはつまり、コメント欄を荒らしに来る人々の行動は、あれはやっぱり効果的なのだ。

 この程度のことに「言論弾圧」という言葉を使うと、被害妄想に聞こえるだろう。
「何を言ってるんだ? こいつ」
「反論すると弾圧だとさ」
「ん? 読者の側に言論の自由があるとそれは著者にとっての言論弾圧になるということか?」
「どこまで思い上がってるんだ、マスゴミの連中は」

 圧力と呼ばれているものの現実的なありようは、多くの場合、この程度のものだ。
 憲兵がやってくるとか、公安警察の尾行が付くとか、目の据わった若者が玄関口に立つとか、そういう露骨な弾圧は、滅多なことでは現実化しない。その種の物理的な圧力が実行されるのは、お国がいよいよ滅びようとする時の、最終的な段階での話だ。
 わが国のような民主的な社会では、目に見える形での弾圧はまず生じない。

 圧力は、「特定の話題を記事にすると編集部が困った顔をする」といった感じの、微妙な行き違いみたいなものとして筆者の前に立ち現れる。と、書き手は、それらの摩擦に対して、「いわく言いがたい気後れ」や、「そこはかとない面倒くささ」を感じて、結果、特定の話題や用語や団体や事柄への言及を避けるようになる。
 かくして、「弾圧」は、成功し、言論は萎縮する。そういうふうにして、メディアは呼吸をしている。

 当初、私は、この話題を、大阪府の橋下府知事が、起立条例の法案について語ったタイミング(具体的には先々週)で、原稿にするつもりでいた。が、その週はなんとなく気持ちが乗らないので、別の話題(IMF専務理事の強制わいせつ疑惑)を選んだ。翌週も同様。メルトダウンについて書いた。
 結局、私は、書きたい気持ちを持っていながら、実現を先送りにしていたわけだ。
 理由は、前述した通り、面倒くさかったからだが、より実態に即して、「ビビった」というふうに申し上げても良い。
 が、いずれであれ、面倒くさいからこそ書かねばならないケースがある。
 君が代は、そういう話題だ。

コメント295件コメント/レビュー

コメント多すぎてとてもじゃないけど全部読めないです。私が小田嶋さんのエッセイを好きな理由は、その歯切れの悪さですね。政治的な論説でもプロパガンダでもない文章は、どうしても歯切れが悪くなってしまう。だから、エッセイという形がふさわしい。今回の件に関しては、どうなんでしょうね。日本社会は個人レベルの善意のルール破りが多いせいで、むしろ社会レベルでの大きな変革が起こりにくいという面もあると思います。これは何でアメリカ社会の方が法の適用については厳格なのに自由があるのかという問題でもあるのですが、日本の場合、小さな反抗が中途半端なガス抜きになってしまうんですよね。小田嶋さんが懐かしく語る先生だって、ひょっとしたら小田嶋さんを留年させていたほうが、本人のためになったかもしれないですよ。小田嶋さんも本物のアウトサイダーとして大きな仕事をしていたかもしれない。(失礼。)いずれにせよ、毎回コラム楽しみにしています。攻撃的なコメントに懲りず、歯切れの悪いエッセイを書き続けて下さい。(2011/06/06)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「判決は気味が良かったですか?」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コメント多すぎてとてもじゃないけど全部読めないです。私が小田嶋さんのエッセイを好きな理由は、その歯切れの悪さですね。政治的な論説でもプロパガンダでもない文章は、どうしても歯切れが悪くなってしまう。だから、エッセイという形がふさわしい。今回の件に関しては、どうなんでしょうね。日本社会は個人レベルの善意のルール破りが多いせいで、むしろ社会レベルでの大きな変革が起こりにくいという面もあると思います。これは何でアメリカ社会の方が法の適用については厳格なのに自由があるのかという問題でもあるのですが、日本の場合、小さな反抗が中途半端なガス抜きになってしまうんですよね。小田嶋さんが懐かしく語る先生だって、ひょっとしたら小田嶋さんを留年させていたほうが、本人のためになったかもしれないですよ。小田嶋さんも本物のアウトサイダーとして大きな仕事をしていたかもしれない。(失礼。)いずれにせよ、毎回コラム楽しみにしています。攻撃的なコメントに懲りず、歯切れの悪いエッセイを書き続けて下さい。(2011/06/06)

 式典の際に国歌斉唱を拒んで起立しない、という教師も低レベルだし、それに対して条例という手段で強制しようという知事も低レベルだと思いますが、どちらかといえば強制しようという動きを惹起した教師側の方に、先に仕掛けたという意味でより責任があると思います。 国旗・国歌の成り立ちから疑義を呈したいのであれば起立するしないといったレベルで争うのではなく(裁判になればこういう判決が出るのは容易に想像できますし、世の中の人達にも常識のない大人げない連中だと嘲笑されるだけ)、式典は(常識のある人間として)つつがなくこなした上で、それそれとして別の場所で、その成り立ちや意味を含め、本当に現在の日本国民にとって望ましい国旗・国歌とは何か、を世の中に問えばいいのではないでしょうか(まさか国旗・国歌の存在そのものを否定しているわけではないでしょうから)。場合によっては国民投票したっていいですし、それで新しい国旗・国歌に合意できればよし、結果的に現在の国旗・国歌に収れんするならばそれはそれでよしではないでしょうか。国旗はまだしも、国歌の場合は歌詞の内容からして天皇制との関係でいろいろ機微があるかもしれませんが、どうせ議論するなら正面から逃げずに議論すべきであって、起立するしないというレベルでの争いは国旗・国歌の問題を矮小化しているだけだということも左の人もいいかげん気づくべきではないでしょうか。 正直、この起立するだのしないだのという議論はもううんざりです。(2011/06/06)

えーと、著者の意見に賛同いたしかねるので、コメントを入れさせて頂きます。まず、君が代の起立命令が合憲であるとした判断は、私は賛成の立場です。なぜなら、対象が公立の機関だからです。君が代を起立斉唱したくない理由は何でしょうか?根本は、反日的な思想であったりといったところでしょうか?いわゆる反体制的な精神から由来しているのではないかと思います。であるなら、日本の機関である公立学校に望んで所属する、また、その期間から給与を得るなんてもってのほかです。いわゆる形式上でさえ歌うことが出来ないという状態は、よほど日本国に対して私怨なりの感情があるはずです。ならば、私立でも何でも行き先はあるはずです。そういった教師は、きっと授業内でも日本についてマイナスになる要素で授業を行うことでしょう。公立学校は、日本国の利益になる国民を無料若しくは格安で教育する機関なわけです。公立の学校が対象であること、教育費は国が補助していること。あくまでも日本国の将来のための人材を育成している機関であることを念頭に入れてないから、表面しか見てない思想の自由に反しているなんて薄っぺらい感情が起こるんじゃないんでしょうか?公営機関で反体制教育なんて、どこの国でも許されるわけが無い。今まで許されていたことが、日本のすばらしさであり、いまそれをしないといけなくなってしまったということは、それだけ、日本にとって有害な人間が公営機関に所属していることの現われだと思います。(2011/06/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長