• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「君は優秀だ」と言われたら、家族を犠牲にしちゃいますか?

「青春の5本」その4 「グッド・シェパード」に見る米国の組織と個人

  • 岡 康道,小田嶋 隆,清野 由美

バックナンバー

2011年6月20日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 好きな映画を語り合っているうちに、男にとっての「帰属意識」というテーマが浮かび上がってきた「人生の諸問題・青春の映画編」。今回はそれを象徴するかのような、かのデ・ニーロ監督、マット・デイモンとアンジェリーナ・ジョリー出演の映画「グッド・シェパード」を題材に、それを掘り起こしてみます。

(いったいこれって何の話? という方はぜひ前回からどうぞ)

 グッド・シェパード(2006年米国、ロバート・デ・ニーロ監督)に描かれたCIAの人材スカウトってのはね、日本でいうと、ある日、早稲田大学教育学部に在学中の、大学生の小田嶋隆さんの許にCIAが訪れて、「あなたが選ばれました」と告げるんだよ。

小田嶋 え。

 知力、体力、言語能力、家族関係、友人関係、思想信条、学業成績、ともかく何から何まですべて調べはついていて、こいつは大丈夫だな、となる。それで「CIAにどうぞ」と言われるわけ。

―― それ、断ることもできるの?

 いや、断るとかどうとかじゃなくて、「どうぞ」と言われたら行くでしょう。だって国家機関から、君は優秀だ、と言われたら、応えようと思うじゃないですか。

男性編集者その1 オレ、行きます。相当誇らしげな気分で行きます。

男性編集者その2 オレもひと言でさーっと行きます。そうか、オレってそんなにか…って。

 100%行くよね。小田嶋だって行くでしょう。

小田嶋 行くだけは行く。

クリエイティブディレクター 岡 康道氏(写真:大槻純一、以下同)

 たとえ3日で帰るにしても(笑)、小田嶋だって行くだけは行くよね。(小田嶋さんが新卒入社の企業を8カ月で辞めた経緯はこちら)僕は瞬時に行く。一切の就職活動を辞める。ああ、これで決まったなって。

小田嶋 まあ、断ることもできなくはないんだろうけど。…怖いよね、そこまで調べられているなんて。

 洗いざらい。しかも家族には明かせないんだよ。だから結婚するにしても、表面上は普通の何とか鉄鋼とかに勤務ということになっていて、ただ輸出課とかだから、異常に出張は多いですよ、と。でも本当はスパイだから、殺されるかもしれないし、殺さなきゃいけないときもあるかもしれない。じゃあ給料がいいのか、といえば、そんなことはない。そのうち奥さんが「この人、何か隠している」と勘付くようになり、メンタルをやられ、すると子供の教育にもいいはずがなく、家庭は崩壊していく。そうやって、さまざまな不幸を抱えながら一生やっていく、という運命になるんです。

誇りのためなら、見返りは不要

―― ということが分かっていても、断らないですか。

 映画の中に、「CIAに定冠詞の『the』が付かないのは、なぜだか知っているか?」と、CIAの男が語る場面があるの。「それは『God(神)』に『the』が付かないのと同じことだよ」と言って、暗い廊下を去っていくんだけど、カッコいいわけです。つまり、我々は志だけでやっている、と。あるいは幻想かもしれないけれど、世界の自由社会を支えているのは自分たちなんだ、という誇りだけで一生を過ごすという話なの。

小田嶋 究極の無私ですね。

 すごいよね、これ。

小田嶋 究極の無私がCIAって皮肉だよね。

注・「グッド・シェパード」
 1961年、キューバ共産主義政権の転覆を目論んだピッグス湾作戦が、情報漏洩で失敗。その指揮を陰で執った有能なCIA諜報員、エドワード・ウィルソンが窮地を脱しようとする物語を軸に、“いかにして彼は有能なCIA諜報員になりしか”を、錯綜した人間関係と冷酷なエピソードの中で、複合的に描く。「グッド・シェパード」とは「よき羊飼い」の意。

小田嶋 俺、岡がこの対談用に出してきたタイトルということで、昨晩DVDで観たんだけど、ともかくとても分かりづらかった。毎日たくさん映画を観ている人は、あんな不親切な作りでも付いていけるのかな、って首をひねってしまったくらい。ほら、漫画のコマ割りが分かる人と分からない人とがいるじゃない? 長いこと漫画を読んでないのに、たまに少女漫画なんか読んだりすると、あの複雑なコマの処理が分からなくなって、付いていけなくなるんだけど、DVDを観ていて、同じ悲しみを抱きましたね。

―― 映画を語る前に、まず筋に付いていけなかった、と。

コメント3件コメント/レビュー

映画はまだ見てないんですが、「褒めてくれるなら、報酬はいらない」という価値観は、少し分かる気がします。私は研究職なんですが、研究者の世界って、そんな感じですよ。自他共に認める「優秀な研究者」という一握りのエリート集団がいて、その彼らから「お前の仕事は素晴らしい」と褒められることが、この業界における最高の「報酬」だと思いますね。ノーベル賞なんか、まさしくそうでしょう?賞金も大きいですが、ノーベル賞委員会から「あんたの仕事はノーベル賞ものだよ」と評価されたこと自体が嬉しいわけで。(2011/06/20)

「人生の諸問題」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

映画はまだ見てないんですが、「褒めてくれるなら、報酬はいらない」という価値観は、少し分かる気がします。私は研究職なんですが、研究者の世界って、そんな感じですよ。自他共に認める「優秀な研究者」という一握りのエリート集団がいて、その彼らから「お前の仕事は素晴らしい」と褒められることが、この業界における最高の「報酬」だと思いますね。ノーベル賞なんか、まさしくそうでしょう?賞金も大きいですが、ノーベル賞委員会から「あんたの仕事はノーベル賞ものだよ」と評価されたこと自体が嬉しいわけで。(2011/06/20)

清野さんって著者プロフィールのトップでしたっけ。今回は厳しい一言がなかったのでさびしい。調教されすぎではないでしょうか。また、男性スタッフが付いていたので遠慮なさったのっでしょうか?とても残念です。(2011/06/20)

日本てのは、いい国なんだかしょーもない国なんだか…ただ、ハリウッド映画が描くような人間とか組織について理解はしておかないと、欧米人や欧米の植民地になってた国とは、うまく外交関係を保てないのかもしれない――と思ったりして。そこに、中国とかインドとか、また異種の価値観を持った国ともつき合っていかなきゃならないし……少なくとも、日本人の価値観以外にも、たくさんの価値観や理想があることは、子供のうちから教えておいた方が良いのかもしれない■“You coward!”って、最強の罵倒語みたいですね、欧米の映画を観てると。男が女にそのセリフを言われるシーンって、「最悪の気分」て感じの場合が多い。一方で、それまでグダグタしてた男が、突然「男らしく」なったりする場合もあるけど(笑) 日本人の男性が、人から言われて一番こたえるセリフってなんだろう? 卑怯者? 腰抜け?…coward と同じか。(2011/06/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員