• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日産さんのリーフさんのエンジニアさんが語る、EVの神髄

第95回:日産自動車 リーフ【開発者編】その2

2011年6月16日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。フェルディナント・ヤマグチでございます。

 全国のヨタ話ファンのみなさま。お待たせいたしました。今回は路上で見かけた驚愕の風景をネタにお話しいたしましょう。いえ、実はヨタというよりも少しマジメなお話。お子様をクルマに乗せる際の、チャイルドシート装着に関するものであります。

 賢明なる読者諸兄はご存知のとおり、小さなお子様をクルマに乗せる時は、チャイルドシートを使用することが義務づけられています。1999年5月10日に、いわゆる改正道交法が公布され、翌年の4月1日から施行されました。その時に定められたのが“チャイルドシートの使用義務”。道路交通法第71条の3第4項です。少し長いですが条文の一部をそのまま引用しましょう。

「自動車の運転者は、幼児用補助装置を(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置であって、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定に適合し、かつ、幼児の発育に応じた形状を有するものをいう。以下同じ)を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。ただし、疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗せるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りではない」

 法の世界ではチャイルドシートのことを“幼児用補助装置”と言うんですね。用語の解説に条文の半分近くを割いているところが何ともシュールですが、ともかく子供が怪我や病気、或いは授乳などの特別なケースを除いては、クルマに乗せたら必ずチャイルドシートに座らせなければならない。これはもはや“親のモラル”ではなく、“ドライバーの義務”であるわけです。
 違反するとシートベルトの着用義務違反と同様に“基礎点数が1点付加”。つまり“減点1”が待っている。まあしかしこれは点数の問題じゃありませんね。子供の命を守るために取るべき当然の措置。モラルの低いドライバーがシートベルトを着用しないのとはまるで意味が違います。
 分別のある大人が、自ら下した判断で死ぬのは勝手ですが、子どもの場合はそうはいかない。何しろ彼らが“衝突時のヤバさ”なんて理解している筈がないのですから。だから泣こうが騒ごうが保護者がキチンと管理をしなければいけない。「ウチの子は暴れん坊だからクルマの中でじっとしていられなくて……」なんてのは屁理屈以外の何ものでもありません。窮屈で可哀想だから、と車内で放し飼いにしておくのはネグレクトと言っても差し支えない所業だと私は思います。

 で、この写真。
 実は先日M嬢の誕生日のお祝いで食事に出かけたのですが、その際、幹線道路で見かけたシーンです。

都内の幹線道路で見かけた“窓から顔を出す赤ちゃん”。ダメです。これはいけません

 これはいけません。危険極まりない。道は混んでいたからクルマはノロノロとしか動いていませんでしたが、例え時速10キロメートルでも、この状態で急ブレーキを掛ければ子供の頭部は間違いなくBピラーに激突する。
 その結果どうなるか。頭がカチ割れるかもしれないし、首がヘシ折れるかもしれない。何れにしてもタダでは済みません。
 見たところ若い父親が運転し、後部座席には母親と思しき女性が座っていましたが、特に子供の身体を支えている様子もない(身体を支えていてもダメなものはダメですが……)。いったいどういうつもりなのか。これは犯罪にも等しい行為です。絶対に止めて欲しい。

 私は取材を通して、クルマを開発する現場の方々から様々なお話を伺っています。
 どこのメーカーも、開発者は燃費や乗り心地と同様に……いやそれ以上に、乗員の安全に関して大変な努力を払っています。それはバカっ速の「GT-R」でも、軽自動車の「ムーヴ」でも、もちろん今回取材させていただいた電気自動車(EV)の「リーフ」でも同じことです。どうしたら事故を回避できるのか。そして万一事故を起こしてまったら、如何にして乗員、さらには事故相手のダメージを軽減できるのか。それこそ夜も寝ないで考えに考え抜いています。
 しかし、ユーザーがこの体たらくでは彼らの努力も水泡に帰してしまう。シオシオのパーです。この写真を見て一番ガックリされるのは警察でも保険会社でもない、クルマの開発エンジニアではありますまいか。ああ、オレらがいくら努力しても、これじゃアカンわ……と。

 クルマは便利です。しかも楽しい。しかし使い方を一歩間違えれば凶器に変わってしまうことも事実です。我々はそれを十分に理解する必要がある。そしてそのことを(楽しさと危険性の両面があることを)子供達に正確に教えるのも我々大人の義務というものでしょう。

 私ごとき不調法者がナマイキを言って恐縮ですが、親愛なる日経ビジネスオンラインの読者諸兄。どうかご自身にシートベルトを!そしてお子様にはチャイルドシートを!
 事故が起きてからでは遅すぎます。

 それにしても何でこんな辛気臭い話になったのでしょう。これじゃヨタでもなんでもない。
 これでは調子が出ませんね。
 それじゃ最後に少しだけいつものフェル節を……。

コメント10件コメント/レビュー

フェルさんへ。久しぶりにコメントします。文中「モタイヤの転がり抵抗とか、ボディの空気抵抗とか、そうした部分が与えるマイナスのインパクトがうんときいてきちゃう。」と開発者がおっしゃっていますが、明らかに理屈がおかしいでしょう。私は電気自動車については門外漢ですが、文中の情報だけからも以下のことが推察できるはずです。1)“電気モーター”はエネルギー効率がよい2)でもバッテリーが重くて車重が同クラスに比べて重たくなってしまうデメリットが一方で発生3)でもモーターはそもそもすでに高効率だしバッテリーも直ぐには軽量化は不可能4)結果通常の車を大きくしのぐ低燃費化を実現するためにはモーター、バッテリー以外の空気抵抗や転がり抵抗を抑えることが重要になってくる。▼でしょ?フェルさんともあろうかたがこんな簡単な理屈に気づかないはずはない。よいしょですか?(笑)(2011/06/20)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「日産さんのリーフさんのエンジニアさんが語る、EVの神髄」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

フェルさんへ。久しぶりにコメントします。文中「モタイヤの転がり抵抗とか、ボディの空気抵抗とか、そうした部分が与えるマイナスのインパクトがうんときいてきちゃう。」と開発者がおっしゃっていますが、明らかに理屈がおかしいでしょう。私は電気自動車については門外漢ですが、文中の情報だけからも以下のことが推察できるはずです。1)“電気モーター”はエネルギー効率がよい2)でもバッテリーが重くて車重が同クラスに比べて重たくなってしまうデメリットが一方で発生3)でもモーターはそもそもすでに高効率だしバッテリーも直ぐには軽量化は不可能4)結果通常の車を大きくしのぐ低燃費化を実現するためにはモーター、バッテリー以外の空気抵抗や転がり抵抗を抑えることが重要になってくる。▼でしょ?フェルさんともあろうかたがこんな簡単な理屈に気づかないはずはない。よいしょですか?(笑)(2011/06/20)

私はゴーンさんが来る前に自動車メーカー各社の生産設備を作ってたんですが、日産さんの座間工場に設備の引き合い打ち合わせに来たとき、工場を見て「こりゃダメだ」と思ったものです。トヨタさんやホンダさんの工場に差をつけられすぎている状態で、追いつくには一度更地にして工場建屋の設計からやり直さないと見込み無しという。 ■私はまだ若造だったんで、頑張って無表情を取り繕ったつもりでしたが、多分顔に「こりゃダメだ」って書いてあったんでしょうね。座間の人も「このままではよくない」と言っていたんですが、それって総論で、実際に新規設備を入れようって話が出ると各論反対って感じで潰れてたようです。結局その時の引き合いも潰れました。今だから言いますが、正直日産はもう消える会社だと思いました。(ある意味、消えたと言えます。今の日産は不死鳥のごとく、燃え尽きた中から生まれ直した新規の会社と言えるので) ■だからゴーンさんが来てすぐに座間閉鎖の決断を有無を言わせず通したとき、「うわ、こりゃホンモノが来た」と思ったものです。単なるコストカッターじゃないと。実際、当時の日産には建屋から作り直す余裕なんか無かったですから、閉めるしかないし、社長の決断力と権限を社員に刷り込む為にもそれが妥当だろうと。(単なるコストカッターなら経費を削減して稼動させるでしょうが、座間工場の問題は経費じゃなくて、市場対応力というおカネじゃない部分で差が付き過ぎていたのです)(2011/06/19)

まあ身も蓋もないことを言ってしまえば、たかだか数十kgの人間一人か二人を運ぶのに、数百kgの鉄の箱に危険きわまりなく環境も汚染するガソリンを積んで、それを燃やして爆発させて時速数十~100km以上で走らせようなんて、狂気の沙汰でしかないんですけどね。(2011/06/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長