• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「どや顔」で目指せナンバーワンへの道

2011年6月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 理化学研究所と富士通が共同で開発しているスーパーコンピューター「京」の計算能力が、このほど、世界1位に認定された。日本製のスパコンが世界一の座に就いたのは、実に7年ぶりだという。まことにめでたい。暗い事件が続く中、久々に心から祝福できるグッドニュースだ。

 祝福ついでに、記者クラブの面々は、蓮舫行政刷新相のコメントを求めるべく永田町に押し寄せた。余計なお世話といえば余計なお世話ではある。が、取材陣の殺到は、一方において、仕方のない流れでもあった。というのも、大臣とスパコンの間には浅からぬ因縁が介在していたからだ。
 彼女は、2009年11月の事業仕分けで、10年度分の次世代スパコン開発予算(約268億円)を、事実上の予算凍結と判定した際の、仕分け担当者であり、スパコンの計算速度について、「2位じゃだめなんでしょうか」という、技術発達史上名高い問いを投げかけた当事者でもある。
 なるほど。一言あってしかるべきところだ。

 取材に対して、蓮舫大臣は、「極めて明るいニュース。関係者のご努力に心から敬意を表したい」と、述べた。
 穏当なコメントだ。これだけ述べてにっこり笑っていれば、一件落着、誰もそれ以上は突っ込まなかったと思う。
 が、大臣は負けん気が強い。お約束のコメントを言わされて、そのまま引き下がるようなタマではなかった。
 20日付けの読売新聞によれば、蓮舫大臣は上記のコメントに続けて、次のように述べている。《自らの発言については「メディアが勝手に短い部分を流した」と反論。「ナンバーワンになることだけを自己目的化するのではなく、国民の皆様の税金を活用させていただいているので、オンリーワンを目指す努力を期待したい」と注文をつけた。》

 ははは。
 記者は、メモをとりながら、内心で手を叩いたはずだ。
 ほほほ、記事に「イロ」がついたぞ、と。
 蓮舫大臣は、記事の行間に「顔」をもたらすことのできる稀有な政治家だ。
 極めて高い映像喚起力を備えた彼女の表情は、読者の側から見て、顔を思い浮かべやすい。得難いタレントだ。
 今回の場合、わたくしども新聞読者の脳裏には、記事の行間を通じて、蓮舫大臣の「ぐぬぬ顔」が供給された。記号化された屈辱。その高らかな歯ぎしりの響き。いや、痛快だった。
 「どや顔」は、「ぐぬぬ顔」によって浄化されなければならない。「顔」による事態の精算を何よりも重視する大衆文芸の文法では、ストーリーの結末は、ふさわしいキャラクターのビビッドな表情によって埋められなければならない。でないと、カタルシスが発生しないからだ。
 かくして、スパコンとその仕分人をめぐる不条理の物語は、2年間におよぶ伏線敷設期間を経て、無事、落着したわけだ。あらまほしきハッピーエンドの真上に。ぐぬぬぐぬぬ。素晴らしいではないか。

 ちなみに言えば、蓮舫大臣の言った「オンリーワン」は、この際、何の意味も持っていない。少なくとも計算機開発の技術者が目指すべきゴールではない。なぜならテクノロジー開発のステージは、「個性」がモノを言うミスコンテストのオーディションとは違って、シンプルな競争原理が支配する、公明正大な競争の世界だからだ。

コメント58件コメント/レビュー

なんかオダジマ氏らしくない文章でしたね。なんか裏があるんですよね?ていうか、ナンバーワンって切り口によって誰でも(この場合は何でも)なれるんでは無いでしょうか?ナンバーワンになったことでどれだけ影響力が発揮できるかが問題で、そのとき(京も一瞬でしたね)その機能だけでナンバーワンになってもね-。(2012/06/26)

オススメ情報

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「「どや顔」で目指せナンバーワンへの道」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

なんかオダジマ氏らしくない文章でしたね。なんか裏があるんですよね?ていうか、ナンバーワンって切り口によって誰でも(この場合は何でも)なれるんでは無いでしょうか?ナンバーワンになったことでどれだけ影響力が発揮できるかが問題で、そのとき(京も一瞬でしたね)その機能だけでナンバーワンになってもね-。(2012/06/26)

研究費のムダって言ってる人がいるけど、もし計画そのものに問題があるとするなら、その審査の杜撰さにある。世の中の研究者の多くは、こう言ったら悪いが「はした金」的な予算で頑張っている。予定が遅延しても予算執行の次年度繰り越しはダメとか、他の研究費と混ぜて使えないとか、執行に柔軟性がないところが研究費がムダになってしまう原因なんですよ。そういう規定にこそ蓮舫さんはツッコミを入れるべきだった。今回の記事はちょっと揚げ足取り的なところもあったけれど、主旨には賛同します。(2012/06/26)

記事を読んで、欧米人の「個性」で固められた世界に卓越した技術で切り込んでいった伊藤みどりと、「金メダルが欲しい」と臆せずに口にしてオリンピックに挑み号泣した浅田真央を思い起こさせました。どんなに狭い分野でもナンバーワンを目指して徹底した努力を続ける人は、自ずからオンリーワンにもなっているでしょう。オンリーワンという言葉に言い訳のにおいが染みついたのは残念ですが、それだけ時代がこの言葉を欲していたのだと思います。衰退の時代には文化が爛熟しますから、むしろ日本の衰退のシグナルの一つとして後から歴史が振り返られるのかもしれないですね。(黒羊)(2012/06/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

若手社員に現場力を身に付けさせるため、 「修羅場、土壇場、正念場」を 経験するように促しています。

飯島 彰己 三井物産会長