• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ポエムな「提言」で復興できるの?

2011年7月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 復興構想会議が6月の25日にまとめた「提言」を読んだ。
 各方面の論評で、おおむね共通しているのは、「提言」が「具体性を欠いて」いるという指摘だ。その通りだと思う。「提言」は断片的で、抽象的で、総花的で、肝心な部分では言葉を濁している。
 とはいえ、法律上の権限や予算の裏付けを持たない復興構想会議発の言葉が、理念的な言及から外に出られないのは、考えて見れば仕方のないことだ。

 一読して、まず最初に感じたのは、文体の湿度の高さだ。
 なんというのか、全体に漂う文学趣味みたいなものが、ひとつひとつの提言の信憑性を毀損している印象を受けたのだ。卒業式の答辞を読む女子高生がそんなに厚化粧で良いのか、という感じに近い。いくらなんでも下瞼のアイラインは自粛しておくべきだったんじゃないのか?

 「前文」は、こんなふうにはじまる。

《破壊は前ぶれもなくやってきた。平成23年(2011年)3月11日午後2時46分のこと。大地はゆれ、海はうねり、人々は逃げまどった。地震と津波との二段階にわたる波状攻撃の前に、この国の形状と景観は大きくゆがんだ。そして続けて第三の崩落がこの国を襲う。言うまでもない、原発事故だ。一瞬の恐怖が去った後に、収束の機をもたぬ恐怖が訪れる。かつてない事態の発生だ。かくてこの国の「戦後」をずっと支えていた“何か”が、音をたてて崩れ落ちた》

 これを読んで「あちゃー」と思わない読み手は、ちょっとおかしい。何かが崩れ落ちていると思う。
「うわっ、なにこの昭和なルポルタージュの書き出し」
「っていうか、むしろNHKの古いドキュメンタリーのナレーションだな。《現代の肖像》あたりの」
「オレ、《黒い報告書》かと思った」
「ははは。で、次の段落から行きずりの不倫がはじまるわけだな」
「由紀子(43)は焦っていた。彼女の中の“何か”が燃え上がろうとしていた、か?」

 書き出しの文体は、古臭いといえば古臭い。が、違う読み方をする人々は「荘重」であるというふうに感じるかもしれない。「格調が高い」と思う読者だっているはずだ。
 いずれにせよ、私が問題にしているのは、文章の出来不出来ではない。好みの問題を別にすれば、これはこれで、良くできた文章だとも思っている。
 問題は、この文体が、この場において適切であったのかどうかだ。

 震災からしばらくの間、「不謹慎」という言葉が、見えない圧力として、われわれの上にのしかかっていた。歌舞音曲はオミットされ、お笑い企画は抹消され、震災直後の一週間ほどは、女子アナの笑顔さえもが、自粛の対象になっていた。

コメント75

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「ポエムな「提言」で復興できるの?」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者