• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

心から納得したいならば、飛び込むしかないのです

『神を待ちのぞむ』シモーヌ・ヴェーユ著

2011年7月12日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

いつまでも「なぜ」と問い続ける

いつまでも問い続けている。
なぜ?
そうつぶやいて、気持ちが宙をさまよう。
なぜ……
またつぶやいて……一歩も先へ進めない。
そういうときがある。

「なぜ」と問うているその心の内には、ほんとうは疑問なんてありはしない。
いきさつ、原因、理由など、もうわかっている。
そんなことはとっくに知っていて、ちゃんと理解していて……。
それでも心は収まるところを見つけられずに、いつまでもいつまでも、さまよい続けている。

「わかってる……でも、なぜ」

ぼくだって、納得したいんだ。
うなづける話を、心が元の場所へ戻って落ち着くような話を、誰か聞かせてくれないか。

でも、これ以上何を聞けば、ぼくは納得するのだろう。
自分でも、わからない。

なぜ……
どこまで聞いても、何を知っても、残る問い。
問いたくもないのに問い続ける、答えのない問い、終わらない問い。

ぼくは、なぜ、このぼくなのだ?

どんな答えを聞かされても、なお問い続けることをやめられない。
答えのない問いが、ぼくらを苦しめる。

たとえば医師が説明する、「遺伝的要因によって、あなたはこの病気になった」と。
なるほど、ぼくはそのような遺伝子を持っているのだろう。だから病気になった。それは、わかった。
しかし、それでもなお、「その遺伝子を持っているのが、なぜ『このぼく』でなければいけないのか?」という、問いにもならない問いが残る。この問いには答えなどない。

あるいは警察官が「この天候で、あの道を車で走れば、誰でも事故を起こす」と言う。
そのとおりだ、必ず事故を起こし、深刻な事態を招くだろう。
しかし「その『事故を起こす人』が、なぜ『ぼくにとって大切なあの人』でなければならなかったのか?」という問いには、やっぱり答えがない。

「これこれこういう人が選ばれる」という必然的法則があり、まさにぼくがその条件を充たしているとしても、「このぼく、この自分が、なぜその条件を充たさなければならないのか」は偶然としか思えないのである。

自分でもわかっている。
ぼくは今、無茶を言っている。

ぼくは、なぜ、このぼくなのだ?
世界は、なぜ、このようなのだ?
そう問うているのと同じなのだろう。

「答えのない問い」を問うことに意義を見出す

答えのない問いは、答えがないから、問い始めたら終わらない。
ずっと胸の中から立ち去ることなく、それは世界を宙に浮かせて、事物の意味やいろいろな想いを希薄化してしまう。生が危うくなってくる。

コメント2

「生きるための古典 ~No classics, No life!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック