• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

エアコンを止めて分かったニッポンの夏の過ごし方

2011年7月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 暑い。
 エアコンの起動を半ば封印されている今年の夏の暑さは、また格別だ。
 東電の「でんき予報」をアタマから信じ込んでいるわけではない。若干疑っている。なにより、棒グラフという形式がうさんくさいと思っている。何も信じられない。日付さえ。
「でんき予報のホームページだと今日は水曜日になってるけど本当だろうか?」
「さあな。陰謀かも知れないぞ」
 東電は、今後30年ほど、何を言っても疑われる。そこのところは覚悟してもらわないといけない。
「東京電力です。検針に参りました」
「ほほう、メーターに盗聴器を仕込むつもりだな?」
 直接顧客と対面する部門の社員さんは大変だと思う。恨みは経営陣にぶつけてほしい。ぜひ。

 東電情報の信頼性はともかく、野放図にエアコンを回すことには、やはり抵抗がある。日中、一人でいる時は、特にそうだ。自分一人のために、全空間を冷やすのだと思うと、どうしても気がひけるのだ。自分がこんなに小心者だとは思っていなかった。ばかみたいだ。

 で、7月に入って以来、日中はほとんどエアコン無しで過ごしている。35度を超えた日もあるというのに。こんなことは、学生時代に、実家の離れ(もともとアパートとして貸し出していたのだが、隣家のトタン屋根からの照り返しであまりにキツいので、借り手がつかなかった)で暮らしていた時以来だ。

 今回は、その暑い夏の中であらためて気づいたあれこれについて書くことにする。なにぶん高温化した炉心で考えた内容なので、情報としての有用性には自信が無い。役に立たないかもしれない。ただ、暑さがインテリ(←私のことだが)をどんなふうに無力化するのかということについての参考資料にはなると思う。

 最初に率直なところを述べる。この猛烈な暑さは、実地で体験してみると、案外、悪くない。
 懐かしいというのか、なんだか自分がスイカ割りをしていた子供の時代に帰ったみたいで、幻想的な気分になる。うっとりすると言っても良いほどだ。
 一番暑い午後の時間帯は、どうしようもないので寝る。
「そんなに暑くて寝られるのか?」
 と思うかもしれないが、これが寝られるのである。というよりも、扇風機の風を浴びながら、横になっていると、目を覚ましていることの方が難しい。で、寝る。と、一時間半ほどで目が覚める。汗びっしょり。喉がかわいている。

 なんとか起き上がってシャワーを浴びる。
 さっぱりしたところで、炭酸水を飲む。素晴らしく美味い。
 しばらく座っていると、ぼんやりしてくる。日中はまとまったことが考えられない。でも、このぼんやりした感じは悪くない。こんなふうに暑さにアタマをやられた感じでぼんやりするのは何十年ぶりだ。ちょっと素晴らしいぞ。ナチュラルハイのドラッグみたいだ。
 夕方になって、日差しが傾いた頃を見計らって、自転車に乗る。どこに行くというのではない。ハムスターがネズミ車を回すのと一緒だ。ペダルを踏んで、風を浴びて、ひと通り汗だくになって帰ってくる。

 帰宅して着替える。
 もう一度シャワーを浴びる。
 で、炭酸水。
 アタマがぼんやりしてくる。
 ……無駄な日記だとお思いだろうか?
 たしかに、建設的な情報はひとつも含まれていない。というよりも、私自身、この一週間、何件か打ち合わせがあって出かけた以外には、何もしていない。原稿も書いていない。つまり、生産性はほぼゼロだったわけだ。

コメント110件コメント/レビュー

ちなみに関東地方で12時~16時のシエスタを強制導入すれば、原子炉2~3基分のピークカットになります。そのかわり労働時間は9時~12時+16時~20時となり、夕食はスペインなみに21時からとなりますが・・(2012/07/09)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「エアコンを止めて分かったニッポンの夏の過ごし方」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ちなみに関東地方で12時~16時のシエスタを強制導入すれば、原子炉2~3基分のピークカットになります。そのかわり労働時間は9時~12時+16時~20時となり、夕食はスペインなみに21時からとなりますが・・(2012/07/09)

私も、ここ何年か常々考えていました。 『夏の暑さゆえの不便(ゆとり)』もそうですが機械化の不便。昔は、事務の仕事は伝票と帳簿記帳で殆どの時間が終わっていた。一ヶ月でボールペン1本は使い切ったものです。 でも、今はデータはPCに入力し帳簿は勝手に仕分け集計され出力される。ボールペンは、殆ど使いません。 それで、週休3日にでもなったかといえば、データ分析と予測なんかをさせられて時間はいくらあっても足りなくなっている。不思議だ~。 私たちが機械を使い出したのは、何のためだったか思い出して欲しい気分です。 便利になってどうして更に忙しくなっているのやら...。また、私は携帯電話も自分の時間が取られてしまうので嫌いです。 少し不便なくらいが、生活するのには一番良いのではないかと思います。無駄な時間が、大好きです! 今となっては、それが一番の贅沢ですね。(2011/07/20)

まさにだれうまwと思いつつ、自分でもここ10年の日本の暑さはオフィスに冷房を効かせてがんがん仕事するよりも、少なくとも屋外で作業する人には昼を挟んだ3時間をシャスタしないと法律で罰せられる…とかしたほうがいいんじゃないか、と思うくらいの苛烈な夏になっていると思います。自営業をやっている親は夏の間だけ、昼は二時まで建物の中で休んで(昼寝して)日が暮れるまで仕事をしていますが、こうしないと生産性が逆に上がらないと言ってました。長年の経験は侮れませんな。自宅で仕事している身としては、確かに午後三時まで仕事にならないので昼寝して、その分朝と夜に仕事しています。これが意外と仕事出来るんですよね…この気候の中で省エネで仕事しようと思ったら、これしか方法がないんじゃないかと思ってます。夏の生産の低下を受け入れたからこそ、学校って夏休みがあるんだな~と思うと、先人は偉大ですね。(2011/07/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長