• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「だるく」生きる人にも、手がかりは残っている

『車輪の下』ヘルマン・ヘッセ著

2011年7月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

青春小説の傑作『車輪の下』

ドイツの詩人・小説家であるヘルマン・ヘッセ(1877-1962)は、29歳のときに『車輪の下』を書いた。これは、青春小説の傑作と呼ばれている。

青春小説とは何だろう。
若いころに読むと、主人公の言動を自分自身のことのように思う。そんな強い思い入れを持ちながらも、成長するにつれて少しずつ気持ちが離れていき、やがて本棚の隅にしまったまま、そこにあることさえ忘れてしまう。
青春小説とは、そういう「青春時代ならではの親友」のような本のことだろうか。

だとすると、『車輪の下』を青春小説と呼ぶのは間違いかもしれない、とも思う。少なくとも「単なる」青春小説ではないと。ぼくはこの本を青春時代に読んでいない。しかし、「老けた」読者にも、『車輪の下』は、やっぱり素晴らしい本だと思われたから。

不安な近代人はキョロキョロと周囲を見回す

「田舎町のエリート少年ハンスは、故郷から離れた学校へ進学を果たす。
やがてドロップアウトして故郷へ戻るが、その暮らしにも気持ちが乗れないまま死ぬ」

これが、『車輪の下』のあらすじだ。
これだけでもわかるように、この小説にはふたつの世界(次のA、B)が描かれていて、主人公はその間を往復する。

A 前近代的な共同体(である故郷の暮らし)
B 近代的な競争社会(である学校生活)

共同体から離れると、個人は自由になる。と同時に、不安定になる。自分の人生の意味、自分がやっていることの価値、いずれも伝統によって保証されることがなくなるからだ。

何も確信が持てなくて、不安を感じ、周囲をキョロキョロと見回す。
ぼくの人生って、意味がありますよね?
ぼくのやっていること、大事なことですよね?

「みんな」が認めるから、ぼくの生には意味がある。
「みんな」より前に出ているから、ぼくは価値のある人間だ。
近代人は、このように相対的で競争的な価値観を持って生きている。

いや、決して悪いわけではない。
これは、市場主義、民主主義、大衆(文化)主義にふさわしい価値観だとも言えるから。
近代社会にあっては、むしろこのような相対的な価値観を身につけることこそ、「大人になる」ことなのである。反対に、もしこのような価値観になじめなかったら、その人はこの社会からの脱落者になってしまうだろう。
ちょうど『車輪の下』の主人公ハンスのように。

優等生ハンスの目標

もともとハンス少年は、「町の誇り」と言ってもいいくらい優秀な生徒だった。神学校への進学を目指したが、それは地元ではたいへんなエリートコースなのである。
町の期待を背負ったハンスは、受験勉強に邁進する。そのために、子どもだけが生きることのできる魅惑的な時間を失ってしまうのだが。

魚釣り。それはなんといっても、長い小学校時代を通じて、いちばんの楽しみであった。柳のまばらな木かげの中に、じっと立つ。近くで水車のせきが水音を立てている。深い、しずかな水。そして河面にちらつく光。長い釣りざおがゆれるともなくゆれている。魚が餌にかかって、糸をひっぱるときの、なんともいえないよろこび。(実吉捷郎訳)

こんなに豊かな自然に囲まれながら、それとの交流を断ち切ってしまったハンス。大きな犠牲を払って、彼は入学試験に合格する。

ばんざい! これで目標達成だ!
ハンスの前には明るい未来が開けている。
彼の人生の次なる目標は……もちろん、校内トップの成績を取ることだ。

コメント2件コメント/レビュー

自然と深くつながる事で生きる力を得ると言う事は定年退職高齢者としてもとても重要だと感じます。毎日居間のソファーに一人じっと座って、テラス越しに庭を眺めている時に、庭の木々・草花に太陽の光がキラキラ輝くのを見、その輝きが時の経過と共に、また風のそよぎと共に移り変わって行くさまを眺めていると、自分が生きているのだ、太陽の光によって生かされているのだと実感できます。太陽の光エネルギーが植物細胞内で成長エネルギーになるように、結局、人の体内でも光エネルギーが活動エネルギーを作り出しているその躍動感、神秘感、自然との一体感を感じます。飽きが来ません。自然との共生と言うべきでしょうか。(2011/07/26)

「生きるための古典 ~No classics, No life!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

自然と深くつながる事で生きる力を得ると言う事は定年退職高齢者としてもとても重要だと感じます。毎日居間のソファーに一人じっと座って、テラス越しに庭を眺めている時に、庭の木々・草花に太陽の光がキラキラ輝くのを見、その輝きが時の経過と共に、また風のそよぎと共に移り変わって行くさまを眺めていると、自分が生きているのだ、太陽の光によって生かされているのだと実感できます。太陽の光エネルギーが植物細胞内で成長エネルギーになるように、結局、人の体内でも光エネルギーが活動エネルギーを作り出しているその躍動感、神秘感、自然との一体感を感じます。飽きが来ません。自然との共生と言うべきでしょうか。(2011/07/26)

「自然と深くつながることで、生きる力を得る」自然とはいわゆる自然のことだけではない。自然とは「自分自身の体」のことなのだ。自分自身と自分自身の体を分けて考えることは常に必要。そしてその体が持つ本来の欲望をしっかりと眺めて、消し去るのではなくコントロールすること。生理的な欲望、睡眠から始まるそれは、人に活力を与える。だから消し去ろうとしてはならない。自然なる欲望。それが子供の楽しみである。しかしその動きは無軌道である。大人になるとき消し去ろうとするかコントロールして満たそうとするか。真の大人はコントロールする。欲望のご利用は計画的に。だ。(2011/07/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長