• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

笑いで考える「穴に埋める国」との関係

2011年7月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 事故の第一報はツイッターのタイムラインで知った。
「中国の高速鉄道で脱線事故か」
 というヘッドラインを見て、何人かが
「やっぱり」
「やると思ってました」
 といった調子の、フライング気味の感想を書き込む。まだ緊迫感は無い。どこまでも凄惨なオスロの事件(オスロ市街と郊外の湖で起きた連続テロ事件:この時点で80人以上の死者がカウントされていた)と比べて、中国の脱線事故は、この時点では、どちらかといえば牧歌的な出来事であるというふうに受けとめられていたからだ。
「安心の中華クオリティー」
「底抜け脱線鉄道(笑)」

 しかしながら、ほどなく、事故現場の写真が配信されると、タイムラインは、しばらくの間、微妙な静寂に支配される。おそらく、ツイッターにぶらさがっている人々は、橋から転落した車両の写真を見て、事故の深刻さを認識した。でもって、失言を恐れるモードに突入したのだと思う。これはうかつなことは言えない。間違っても冗談になんかできない。
「ああ……」
「これはひどい」
 以下、断片的な、奥歯にもののはさまった感じのツイートが並ぶ。

 2ちゃんねるを見に行くと、既にスレッドが立っている。ものすごいスピードで不謹慎な言葉が書きこまれている。しかも、メンバーの多くは事故にまつわるあれこれをひたすらに笑いに転化しようとしている。

 本来なら、そうした「不謹慎なジョーク」のうちのいくつかを紹介して、ツイッターと匿名掲示板との間にある雰囲気の違いを明示したいところなのだが、残念ながらそれはできない。不可能だ。匿名のジョークは文責のあるテキストとして掲載するには、あまりにも卑劣だからだ。誰も責任を取れない。というよりも、そもそも匿名には責任が無いのだ。

 名前を持たない書き手は、不謹慎を恐れない。なにより彼らには慎むべき本体(具体的には「名前」に代表される社会的な立場)が無い。防衛に値する世評も持っていない。ということは、彼らはあらかじめ恥の無い世界に住んでいる。引用なんかできるはずがないではないか。

 今回は、中国で起きた追突・脱線事故について書く。
 といっても、事故の原因を分析したり、彼の国の高速鉄道が抱える技術的な課題を指摘しようというのではない。中国社会の先行きについて提言を述べるつもりもないし、事故が日本経済に及ぼす経済的なインパクトについて語るプランも持っていない。
 それらは、専門家の仕事だ。私の任ではない。
 私は、事故を受けて、私たちの周囲に漂っている奇妙な「気分」について考えてみたいと思っている。

 というのも、専門家の分析を待たないとはっきりしない真相や課題はともかくとして、私どもメディアの受け手であるパンピーは、まずなによりも「気分」を変えるためのスイッチとして、ニュースを摂取する存在だからだ。

 事故の詳細は、まだはっきりしていない。おそらく、すべての事実が白日のもとにさらされるまでには、まだまだ相当の時間がかかるはずだ。
 が、「事実」とは別に、「気分」は既に醸成されていて、われわれは既にそれを味わっている。
 その「気分」は、事故が起こる以前からあらかじめ準備されていたものだ。別な言葉でいえば、日中間にわだかまっていた過去のいきさつや未消化な感情を、われわれは、事故を機にひとまとまりの形として、外に吐き出そうとしているということだ。

コメント60件コメント/レビュー

中国の事故については、新幹線をめぐる経緯がいろいろあるだけに不謹慎であっても、「そらみろ」と言いたい気持ちは確かに多少はある。しかし、日本はたった二分の遅れを取り戻すために、「スピードの出しすぎ」という、先進国では信じられないような人為ミスで、100人以上の死者を出す列車事故をおこした国である。それもほんの数年前に。もちろん事故車両を物理的に穴には埋めなかったものの、とても中国のことを笑う気分にはなれない。今、中国のことを笑う人たちはあの事故のことを忘れてしまったのだろうか。(2011/08/02)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「笑いで考える「穴に埋める国」との関係」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

中国の事故については、新幹線をめぐる経緯がいろいろあるだけに不謹慎であっても、「そらみろ」と言いたい気持ちは確かに多少はある。しかし、日本はたった二分の遅れを取り戻すために、「スピードの出しすぎ」という、先進国では信じられないような人為ミスで、100人以上の死者を出す列車事故をおこした国である。それもほんの数年前に。もちろん事故車両を物理的に穴には埋めなかったものの、とても中国のことを笑う気分にはなれない。今、中国のことを笑う人たちはあの事故のことを忘れてしまったのだろうか。(2011/08/02)

あえてファンとして厳しく言わせてもらうが、おもろうなかった。とここまで書いて、これだけじゃあんまりかと思ったので、もう一度本文読み返した。「不謹慎な需要」「必ずしも悪意ではない」「笑いは、緊張に対する反作用」。この3つはそれぞれ正しい。ただしこの文脈の中で一緒につなげて使うのはどうかと。「笑った人間はある程度解毒される」、本当にそうだと信じていますか?笑いですべてをつなげて最後は確信犯的なおやじジョークで落とす。オダジマさんには正面からネトウヨどもと戦ってほしい、いやこれは要求高すぎるな、もとい、いなしてほしいです。それがオダジマ節だと思っているんで(2011/08/01)

小田嶋 隆 さんほんとうに、あなたは天才です。毎回楽しみにしています。(だい)(2011/08/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長