• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

若者よ、動物的な本能はどこにいった?

  • 東国原 英夫

バックナンバー

2011年9月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前宮崎県知事の東国原英夫氏。2007年の宮崎県知事選に出馬し、下馬評を覆し見事当選。就任直後から県庁裏金問題や豪雨災害、口蹄疫被害など次々と災難が降りかかり、対処に追われる4年間を過ごし1期で退任した。今春、行われた東京都知事選に出馬。当初不出馬と見られていた現職石原慎太郎都知事が突如出馬を表明し、169万票を獲得しながらも次点に終わり、今は「無職」となった。

 波瀾万丈・紆余曲折の人生。かつての「お笑い芸人」の顔を残しながらも、強烈な地方分権論を唱え続けるタフな政治家でもある。日経ビジネスオンラインでは、実績もありながら今なお評価が分かれる不可思議な存在である東国原英夫氏に、いま聞きたいことを募集します。答えにくいような質問でも「何でも答える」とのこと。読者の皆様、ぜひ質問をお寄せください。

質問

東京都知事選では若い人に支持されました。が、その一方で、同世代以上の人での支持が低かったと思います。なぜこうも東国原氏の指示は世代により違うのでしょう?芸人活動、宮崎で知事をされた経験、都知事選での結果などを振り返り、「今の日本って世代によって考え方が違う」という実感がありますか?

答え

 (写真:陶山 勉 以下同)

 ・・・。いきなりツライ質問ですね。

 もう半年前になりますので振り返るのも何ですが、いわゆる選挙戦だけに限ってみれば、確かに50代、60代、70代含めて石原慎太郎さんが広く支持を集めてました。私とワタミ元会長の渡邉美樹氏が同じくらいだったかな。なんというか、かぶっちゃったんですね、渡邉さんと私。すべての世代で同じ支持層、ターゲット層を2分しちゃった感じがします。足せば石原さんに届きますからね。ただ、これは選挙前から分かっていたことなので致し方ない。

 都知事選は震災直後でしたから。「変化」を望まなかったという声をかなり多くいただいています。こういう震災の時に改革だとか変革とか、みんなそういうものは望まないでしょ。特に50代、60代に現状維持の意識が広く蔓延したんでしょう。政治やイデオロギー的な保守ではなく、震災による異常事態の保守的心境と言えるでしょう。

 若い人たちに支持された理由?うーん、特に若い人たちとのコミュニケーションに強いと意識したことはないですよ私。ただ、これから彼ら彼女らの時代ですから、真剣に政治に関与してもらいたいんですよ。関心を持ってもらいたいし、参画してもらいたいと心の底から願ってるんです。だって日本はこれからすごい大変な時代を迎えるんです。

 実は自分もね、20代、30代のころは政治や行政に関心がありませんでした。小さい頃からお笑い芸人と政治家にはなりたかったから、常に政治を意識はしていたんですけど。それでも、20代、30代は芸人としての地位を獲得するために奔走していました。だから心の中で意識していても、表面上は政治や行政に対して無関心を装っていた。

 でも、今思えば私は反省しています。そういう政治への関心の薄さが1990年からの日本の体たらくにつながったんじゃないかなと思うんです。政治や行政は暮らしと直結した話です。自分たちの将来について今のうちから政治や行政、国に対して、またその運営のあり方について関心を持ってもらいたいと強く思う。

 若い世代の人たちはとにかくがむしゃらに目の前に仕事を抱えていて忙しい。だからそういう若い世代に興味を持ってもらう秘策があるかというと、ないんです。

 ただ、投票率を上げるために選挙制度を変えることが重要だと思います。やっぱりインターネット経由でも投票できるよう改めるべきでしょう。そうすれば投票率は10ポイントくらい軽く上がる。東京都知事選は57%でしたが、こんなんじゃダメです。70%くらいいかなくちゃ。

50代、60代、元気があるのはいいけどそろそろ・・・

 50代や60代の人たちは元気がありますよね。特に団塊の世代は元気があり過ぎる。団塊の世代の方たちが引退すれば社会はもっと変わると思いますけどね。

 芸能界見てくださいよ。ビートたけしさんとかタモリさんとか、60代の人たちいまだに元気で現役です。明石家さんまさんなどは団塊の世代ではないですけど、芸能界でいえばたけしさんもタモリさんもほぼ同期。30年前から現役を続けていて、いまだにトップランナーですよ。みのさんも年代が違うけど未だに元気。いいことなんです。いいことなんですけどね。それが若者の台頭が進まない要因でもある。世代交代が本当にないですよね。

 政治もそうです。60代の団塊の世代前後の人たちがいつまでも退かない。いつまでも同じような顔ぶれがいますよね。

 世代的にやはり強烈なんでしょう。企業もそうじゃないですか?「やらせメール事件」を起こした九州電力だって社長は真部利応さんでしょ。けど、事件発覚後に記者が真部さんに進退を問うと「会長に聞いてみます。私1人では決められませんから」と答えたというんですよ。おいおい物事決めるのって社長じゃないのか?と思いましたよね。権力が上に残っている証拠です。

コメント0

「そのまんまに訊け!東国原英夫・人生相談室」のバックナンバー

  • 2011年9月29日

    若者よ、動物的な本能はどこにいった?

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)