• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

F氏の秘密のお買い物場を公開!3万円コース

肉体派ビジネスエリート編 season3【第2回】

2011年9月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。フェルディナント・ヤマグチでございます。

 誠に唐突ではございますが、韓国はソウルに来ております。今回は純粋なプライベート旅行でございまして、折からの円高ウォン安を存分に享受させて頂き、朝から晩まで遊び倒しております。
 何しろ1ウォンが0.07円前後と歴史的な安値圏で推移しているわけで、“1万ウォン”と、ちょっとビビる桁のお札を切ったところで、円に換算すれば僅か700円。その辺の食堂にブラリと入って腹いっぱいメシを食べても、1人頭1000円払うことなどまずありません。無論日本人相手の高級クラブや高級レストランに入れば“それなり”の値段になってしまうのですが、それにしたって上限は知れています。

グツグツと煮えたぎる甘藷湯(カムジャタン:豚の背骨とジャガイモ鍋)。
こちらでは一品頼むとご覧のように何皿もの“おかず”がお代わり無料で付いて来ます。
ああ、写真を見ながら原稿を書いていてもヨダレが垂れてくる。もうパブロフの犬状態。これにビールを頼んでもお値段たったの9000ウォン≒630円!! 韓国は安いウマイ早いの飲食パラダイスであります

 ソウルは地下鉄がとても充実しています。初乗りは1000ウォン≒70円と格安でありまして、首都ソウルを文字通り網の目のようにカバーしています。乗車券はICカード化されていて、その券売機はタッチパネル操作で日本語表記も可能であり、ハングルが読めなくても簡単に買うことができます。
 タクシーも激安ですから(金浦空港からソウルの中心部まで飛ばしても2万8000ウォン≒1960円)、気兼ねなく使うことができるのですが、街の空気を手っ取り早く感じるには、やはりその土地の公共交通機関を使うのが一番です。

ソウルの地下鉄車内風景。標準軌なのでしょうか、日本の地下鉄よりも車内はゆったりしています。乗降に関しては割と無秩序で、降りる人がいても構わずドカドカと乗ってきます。まぁこれは東京でも変わりませんか
さすがは電子立国韓国であります。両若男女が席に着くなりやおらスマホを取り出してピコピコとやり出します。車内通話率も高し。みなさま大声で通話をエンジョイされております
車両によっては自転車持ち込みスペースがあります。これはナイス。未だ実験段階のようですが、自転車専用の改札や、自転車用のスロープなども徐々に設置していくのだとか。もちろんラッシュ時は持ち込み禁止とか様々な制約はありますが、自転車社会に向けての“大いなる一歩”というところでしょう
ソウル市は自転車通勤を定着させよういろいろ工夫をしているようで、来年中に何と全長207キロメートル(km)の自転車専用道を整備するという壮大な計画をブチ上げています。既存の道路を1車線削ったり、車線の幅を狭くしたりするなどして自転車専用道路を“捻出”しようというのですからダイナミックです。
この辺は日本も見習ってもらいたいですね。誰も渡らないような山奥に、それこそ猿やタヌキしか通らない橋を掛けるカネがあるのなら自転車専用道路を整備して欲しい。写真は歩道に設置された自転車用パーキングと空気入れのポンプ。ソウル市の計画担当者は間違いなくご自分が“乗る人”なのでしょうね

コメント3

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「F氏の秘密のお買い物場を公開!3万円コース」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック