• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

私も原子力について本当の事を言うぞ

2011年9月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東日本大震災から半年が経過しようとしている。
 個人的には、3月11日からの半年間で、時代がすっかり変わってしまった感じを抱いている。

 震災以前の出来事は、たった1年前に起きた事件であっても、遠い昔の記憶であるように感じられる。不思議な感覚だ。
 震災を契機として、具体的に何が起こって、われわれの精神のどの部分がどんなふうに変化したのかについては、今後、長い時間をかけて、じっくりと検証しなければならないのだと思う。が、細かい点はともかく、わたくしども日本人の時代認識が、震災を機に変わってしまったことは確かだ。

 一例をあげれば、「戦後」という言葉が死語になりつつある。
 これまで、昭和が終わって元号が平成に変わっても、二十世紀が二十一世紀に移っても、「戦後」という時代区分は不動だった。で、その言葉は、つい半年前まで、国民の間に広く共有されていた。

 それが、震災を経てみると、「戦後」は、にわかに後退している。
 終戦記念日をはさんだ8月のお盆休みは、例年、戦争についての回顧番組や、戦中戦後の混乱期を振り返るドキュメンタリーの類が番組欄を埋めることになっている。今年も、いくつかその種の特集番組が放送されてはいたが、数自体は明らかに少なくなっていた。

 新聞はもっと露骨だ。
 たとえば、8月6日の原爆記念日について、産経新聞のその日の朝刊は、まったく紙面を割いていない。読売新聞も「編集手帳」というコラム欄で軽く触れたのみ。その他の各紙も、例年に比べると記事量を減らしている。
 新聞各紙は、戦後60余年にわたって繰り返されてきた「お約束」の回顧記事を、一斉に引き上げはじめたのである。

 このことを、「戦争体験の風化」という常套句を使って嘆くムキもあるが、おそらく、各社のデスクは、読者の側の時代認識の変化に対応したのだと思う。60余年前の悲惨な記憶を呼び戻すまでもなく、悲劇は、いま現在、進行形で目の前に広がっている。とすれば、恒例のお約束記事は、ひとまず背景に引っ込んでもらうほかに仕方がない、と、そういうふうに彼らは判断したのではあるまいか。

 かくして、長らく共有されてきた「戦後」というのんべんだらりとした時代に、はじめて「震災」という区分標識が穿たれたわけだ。で、震災を経た後の時代については、「震災後」という新しい名前が付くことになり、「もはや戦後ではない」という、本来ならとっくの昔に常識化していなければならなかった認識は、復興が果たされたことによってではなく、新たな国難に直面することによって、国民の間に共有されることとなったのである。

 もうひとつの変化は、新聞各紙が自社の意見をはっきりと表明するようになったことだ。
 無論、これまでにも、各社ごとに姿勢傾向の違いがなかったわけではない。が、日本の新聞社は、伝統的に、社としての見解を前面に押し出すことよりは、社会の公器として両論併記の無難な言論を掲載することを重視していた。
 それが、震災を機に、どうやら変わってきている。たとえば原発の扱いや復興の方針について、新聞社は、かなり旗幟鮮明な態度を示すようになってきている。

コメント162件コメント/レビュー

今回は、素晴らしい内容ですね。原発推進派は、相当危機感を抱いているのでしょう。読売も本音を出さざるを得なかったんだと思います。しかし、あきらかに逆効果だと思いますね。もう既に、新聞自体を読まなくなっていますが、読売という名前だけで嫌悪する人が増えてくるでしょうね。もうパワーに頼る時代ではないと思うのですが。昔を懐かしむのは個人の趣味の範囲だけにしていただきたい。(2011/09/13)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「私も原子力について本当の事を言うぞ」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今回は、素晴らしい内容ですね。原発推進派は、相当危機感を抱いているのでしょう。読売も本音を出さざるを得なかったんだと思います。しかし、あきらかに逆効果だと思いますね。もう既に、新聞自体を読まなくなっていますが、読売という名前だけで嫌悪する人が増えてくるでしょうね。もうパワーに頼る時代ではないと思うのですが。昔を懐かしむのは個人の趣味の範囲だけにしていただきたい。(2011/09/13)

人間は圧倒的なパワーにどうしようもなく魅せられてしまう、というのには、指輪物語を思い出しました。指輪を破壊するのは人間ではなくホビットに頼まなければならなかった、ということで。こういうもっと本音を出した話し合いは必要ですね。(2011/09/12)

コメントで「ノーガード戦法」の話が出ていますが、自分も結局の所、そこに原因の半分が集約されると思っています。イエスマンしか居なくなる組織の腐敗化も似たようなもの。言霊とでもいうのか、言葉狩りの為に都合の悪い事象に蓋がされて機能不全に陥る。このタイプの問題は今でも全く改善されない。サイバーノーガード戦法が成り立つような制度を作ってしまう日本。平和を守れるかどうかは、その対極についても詳しくて対処出来るようであってこそ守れるもの。敵も己も知らずでは何事も危うい。(2011/09/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長