• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お祈りも弁当もOK~学校の理解が進む

日本社会に生きるムスリム3

  • 佐藤 兼永

バックナンバー

2011年10月4日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 親にとって、子どもの教育は大きな関心事の一つだ。ムスリムの親にとっても、それは同じだ。ムスリムの場合、さらに特有の悩みもある。子どもが小さく、家の中でだけ育児をしている時には、親がほぼ全てをコントロールできる環境で子育てができる。しかし子どもが学校に通い始めると、そうはいかない。平日の昼間の大半を、イスラム教の知識をほとんど持たない他人だらけの環境に預けることになる。

学校生活で最初に問題になる4つのポイント

 ムスリムが子どもを学校に通わせる上で心配なことのうち、学校側の理解と配慮が必要となるものが4つある。まずは給食。そして礼拝と断食。女の子の場合は、これに服装の問題が加わる。

 給食にはイスラム教で禁忌される食べ物が含まれることが多い。礼拝と断食は、だいたい小学校高学年から義務になる。ムスリムの女性の服装に関する問題は、実はスカーフだけではない。伝統的なイスラム教の解釈では、頭部を隠すだけでなく、手足や首筋などの肌も露出してはならない。女性らしい体型が分かりにくい、ゆったりとした服装を選ぶことがムスリムの女性の義務だと考えられている。そこで、半袖半ズボンの体操服や水泳の授業で水着を着ることが問題になる。中学生以降になれば、制服のスカートの丈も問題になる。

 もちろん子どもが外国人やハーフであること、あるいはムスリムであることでいじめられないように注意を払ってもらうことも必要だ。また、子どもの信仰心を育むという究極の問題もある。ただ、学校の理解がまず必要となるのが、この4つの問題だ。

 これらの問題は意外にも、学校に相談すると即座に解決してしまうことが多い。子を持つムスリムへの取材から、ムスリムの親からの要望に柔軟に対応する最近の学校の姿が見えてきた。

「要望を全部、すごく丁寧に、きめ細やかに聞いてくれてます」

給食を食べる同級生と話しながら、弁当を食べる大久保泰君(左)。埼玉県春日部市立正善小学校は、泰君をはじめとする大久保賢さんの3人の子どもたちに弁当を持参することを認めている。泰君は入学当初、弁当だけを食べていたが、しばらくして牛乳だけは他の生徒と同じものを口にするようになった。以来、妹と弟が入学する度に同様の配慮を受けている。そして2011年の1月からは、ご飯が白米の時は、暖かい給食の白飯を食べている。この日は給食の献立が混ぜご飯だったので、母親が混ぜご飯の弁当を作った。給食費は牛乳と白飯の分だけ納めている。

 埼玉県春日部市に住む大久保賢さんには、マレー系タイ人のムスリムである奥さんとの間に3人の子どもがいる。小学校4年生になる長男の泰(たい)君を筆頭に、2年生の長女、麻衣ちゃん、1年生の次男、信介君だ。3人とも、近所の春日部市立正善小学校に通っている。

 大久保さんは「うちの子どもたちは、小学校の(担任の)先生たちや校長先生に恵まれてます。素晴らしい先生たちです。私たちの要望を全部、すごく丁寧に、きめ細かく聞いてくれました。とてもありがたいです。別に自分で(その学校を)選んだわけじゃなく、ごく普通の春日部市立の校区の学校なんですけども」と語る。

 長男が入学する際に家族全員で学校に面談に出向き、具体的な要望を伝えた。給食の代わりに弁当を持たせることを理解してもらい、礼拝についても話し合った。

 「小学1年生はまだ礼拝は義務ではない。しかし練習のために礼拝をさせたい」という話をし、理解を求めた。すると校長から礼拝の具体的なやり方を聞かれた。やり方を説明し、礼拝のために個室を提供してもらえないかと聞いた。個室を求めたのは、同級生の前での礼拝は、子どもが恥ずかしがると考えたからだ。

コメント0

「日本に暮らすムスリムの日常」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員