• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

拝啓「無関心」殿、ボクらと話をしませんか

経産省前ハンストが 世代超えた「語り場」に

  • 藍原 寛子

バックナンバー

2011年9月21日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「こうなってしまったのは政府や電力会社だけの責任ではなく、僕たち国民にも責任があると思います。だからこそ、自分のために、自分の周りの人のために、自分の将来の子どもたちのために、この原発の問題について、未来について、もっとみんなと一緒に考えたい」

 「そして希望を見つけたいです」

 19歳から22歳までの男女4人が9月11日から21日まで、都内の経産省前でハンガーストライキをしている。「将来を想うハンガーストライキ ~コブシを使わず、拡声器を使わず、ただ食べずに想いを発信する」と題したウェブページに掲載された、4人のうちの1人、「どっきょ」こと山本雅昭さん(22、東京都)のメッセージだ。

経産省前のハンスト会場。次々に激励の人々が訪れる

 震災以降、「日本の未来を考えよう」と、全国の大学生や社会人、フリーターなど10代、20代の若者7人が「若者会議」を開催、原発や自然エネルギーなどを考える勉強会や合宿、街頭活動、交流活動を続けてきた。この中の4人が、今回ハンストを行っているという。ウェブページでは、映画監督のはなぶさあやさん、広田奈津子さん、俳優のいしだ壱世さんら著名人のほか、主婦、会社員、海外在住者ら約800人が賛同者として名を連ねる。

 10日間=240時間にわたって、水と塩以外は口にしない。インドの指導者マハトマ・ガンジーが、インド独立を訴えて行ったことで知られる非暴力不服従運動の1つ「ハンスト」。現代日本の20代の若者たちがここに向かったのは、なぜか。

 3.11以降の原発震災の現場を巡り、若者や子ども、女性、高齢者、社会的弱者の声が、なかなか政治に届かない現実。「希望を見つけたい」と語る若者が感じる悲しみ、それはフクシマの人々の思いにも通じるのではないか―。9月15日、経産省前の現場を訪ねた。

「無関心」と対話したい 若者の独白的ハンスト

 ハンストはすでに5日目。経産省入口近くのシートの上で、岡本直也さん(20、山口県)、米原幹太さん(22、千葉県)、関口詩織さん(19、愛知県)、山本さんの4人が、激励に訪れる人々と会話している。足下のビニール袋には、空になって潰されたたくさんのペットボトル。手には塩の袋。日傘とビーチパラソルの間から差す日差しも、歩道の照り返しもまだまだ厳しい、アスファルトとコンクリートの霞が関の官庁街の一角に人だかりができる。

「自分の言葉でみんなが何か言ってくれたらうれしい」と米原さん

 その中心で、麦わら帽子の米原さんに話を聞いた。ハンストは2度目だという。

 「同年代の若者に向けて何かを発信したいというのもあるけど、それより、僕自身が思いを示しておきたいと思って。3・11からずっと走り続けてきたので、1つの区切りと思って」。主張でも批判でもなく、何か独白に近い言葉が返ってきた。

コメント23

「フクシマの視点」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授