• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「かわいいー」という同調圧力と日本の言論

2011年10月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 荒川の下流域にアザラシが迷いこんだようで、民放各局の情報番組は、早速、現地に取材スタッフを派遣している。

 面白いのは、各番組が、当初、このニュースを
「タマちゃん再登場か」
 という言い方で伝えていたことだ。
 タマちゃんの帰還。長いお別れ。かくも長き不在。あの夏のタマちゃん――なつかしい名前だ。

 もちろん、タマちゃんが帰ってくることは、現実的に考えて、あり得ない展開だ。
 6年前に姿を消したあの皮膚病だらけの弱ったアザラシが、東京湾の川に戻ってくるのだとしたら、桂浜には坂本龍馬が戻ってくるだろう。それほど荒唐無稽な話だ。それに、映像をひと目見れば一目瞭然だが、あれはタマちゃんではない。今回のアイツはずっと小さい。

 なのに、テレビの中の人たちは、あくまでも
「タマちゃん出現か?」
 という前提で取材を開始したふうを装っている。
 なぜか。

 たぶん、そう言った方が盛り上がると考えたからだ。
 番組制作者は、視聴者に「タマちゃん」を思い出してほしかったのだ。
 で、今回登場した新人のアザラシ君にも、あの当時のタマちゃんと同じような役割を期待している。毎日新鮮な話題を供給し続ける万能のタレント。夢よもう一度、だ。だから彼らは、流行った映画の続編を撮るみたいな調子で、タマちゃんの後継者を育成するべく、世間を煽りにかかっているのである。

 放送された内容をまとめると、ストーリーはこんなぐあいになる。

1. ある日、番組に荒川の秋ヶ瀬橋付近でタマちゃんが帰ってきたという情報が寄せられた。
2. 早速、取材班は現地に向かった。
3. タマちゃんらしきアザラシの姿が目撃された河川敷の周辺には、人だかりができている。
4. 謎の生物を見たという釣り人やアマチュアカメラマンにインタビューを試みる。
5. 何人かが「タマちゃん」に言及している。
6. 取材班はついに一人のカメラマンが撮影したという謎の生物の映像を入手することに成功。ここでCM。
7. 番組スタッフは映像を持って専門家に分析と鑑定を依頼。
8. 専門家の意見では「タマちゃんである可能性は低い」とのこと。大きさも顔も違う。種類もおそらく別。突然CM。
9. 初登場以来、「アラちゃん」(仮名)の目撃情報は途絶えている。
10. われわれ取材班は、今後も現地にとどまって監視を続行する所存である。それではスタジオに返します。

 無論のこと、取材の順序は上の通りではない。
 上記の内容は、視聴者にわかりやすいように並べ変えた、放送用のお話だ。
 本当は、こんな感じだったはずだ(と思う)。

「ん? アザラシの写真と動画? よし、ソッコーで買い取れ。買い占めろ。現金だ現金。経費はケチるな」
「ヤマダは動画入りのiPad持って専門家のインタビューとってこい。そこいらへんの水族館でオッケーだから」
「ん? タマちゃんじゃないことは専門家でなくてもわかるって? バカかお前は。タマちゃんで視聴者引っ張らないで何で引っ張るんだ?」

「それから川っぷちに行く組は現地の釣り人の声集めとけよ。どうせ爺さんだらけだろうけど、なるべくトーンの良い若いヤツと女子供優先でな。おばさんはダメだぞ。直前になって顔出しNGとか言い出すから」
「ヤマシタは近くの近所の保育園に交渉して、ガキどもが動員できるようなら手当しておけ。いいか、アザラシが顔出さない時のために、園児が水面に向かって名前を呼びかける絵をおさえておくんだぞ。名前? 《アラちゃん》でいいんじゃないか? どうせそんなとこだろ」
「それから、ヤマナカ以下C班のバイト連中は、志木の市役所に住民票を出す予定があるのかどうか、各自持ち回りで何回か問い合わせしとくように。後々のこともあるから、しつこく食い下がっとけよ」

コメント65件コメント/レビュー

「かわいー」に同調する人だけがテレビを見ているのではないでしょうか。そうでない人はとっくにテレビなんか見ていない。(2011/10/18)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「「かわいいー」という同調圧力と日本の言論」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「かわいー」に同調する人だけがテレビを見ているのではないでしょうか。そうでない人はとっくにテレビなんか見ていない。(2011/10/18)

番組の最初は見逃したのだが、今朝の某公共放送で、バブル期を謳歌した女性達が登場するコーナーがあった。コーナーの締めくくりで男性アナウンサーが、「いやー、それにしてもみなさんおきれいですね」と歯が浮くようなコメントをしていて、このコラムを思い出した。そうしたら次の瞬間、若い女子アナが、「ホントですね。私も、ああいう風に歳を重ねていけたら、と思います♪」とコメント。0コンマ数秒ほど、スタジオの空気が凍り付いた。しかし個人的には、そうか、「バブル世代」は、今の若者にとっては「歳を重ねて」いくべき対象として見られているのか、と気付かされ、朝から大いに笑った次第。これだからN○Kは捨てがたい。(2011/10/18)

なるほど、面白すぎて納得してしまいました。同感です。(2011/10/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長