• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

マツダが低燃費を究めれば、リッター40kmも夢じゃない?

第120回:マツダ デミオ 13-SKYACTIV【エンジン開発者編 その2】

2011年11月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。2週間ぶりのごぶさたです。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 本連載からイイトコ取りをし、さらに大幅に加筆修正を施した書籍の準備は着々と進んでおります。着々とは申しましてもそこは不肖フェルディナント。遅れるところは編集I氏が恐れていた通りにキッチリと遅れておりまして、書店の店頭に並ぶのは今のところ11月末~12月の頭の予定であります。そろそろアマゾンで予約もできるようになりますので、その際は是非ポチっとお願いします。書籍のタイトルは「英語だけではダメなのよ」です。
 (編集担当I:発行は12月5日の予定ですが、場所によってはもっと早く店頭に並ぶ本屋さんも出てきます)

 行きがかり上本件のアカウントを背負い、今更ながら収支計算をしてみたところ、過呼吸状態となり編集部で泡を吹き卒倒したと噂される編集I氏。彼から後ほど改めてお知らせがありましょうが、こちらでも一応お知らせしておきます。出版を記念致しまして、講演会を開催いたします。

 今まで私の講演会といえば、何と申しますかケーシー高峰師匠系の漫談形式がほとんどだったのですが、今回ばかりは(バックが日経ということもありますし……)真面目な内容で行います。キーワードは“ブレークスルー”。仕事の壁をブチ破るための“使えるセミナー”を目指します。何とゲストスピーカーには「GT-R」の開発責任者である水野親分にお越しいただき、壁を破るための仕事への取り組み方と、マネジメントのあり方をたっぷりとお話し頂きます。
 私はカタギのリーマン稼業と物書きを両立させるセルフマネジメント術を中心に“壁を破るための心構え”をお話しします。実は私、膜を破るのも得意ですが、壁をブチ破るのも得意なんです。今回は珍しくマジメにやりますので、ご用とお急ぎのない方は是非ご来場下さいませ。ご関心のある方はこちらをポチっとお願いします。

 さて、1週間お休みしてしまったので、肩慣らしにいつものヨタ話から参りましょうか。
 アイアンマンレースが近いので、この先週末は霞ヶ浦にバイクのトレーニングへ行ってきました。
 そうそう、今回は新車をおろしたんです。前々から仕込んでいて、漸く完成に近づいたTT(タイムトライアル)バイクのCEEPO。電動デュラにzippのディスクホイールにCOBBのサドルに……と、「いいものだけを世界から」の大人買いを実践していたら、何と今回特集するSKYACTIVのデミオの車両本体価格と同額になってしまいました。
 クルマが安いのか、バイクが高すぎるのか良く分かりませんが、ともかく最早後戻りのできない状態にまで来ています。ここまで巨額投資をしてしまったのですから、もう突っ込んで行くほかありません。

高円寺南のメイストーム秘密工場。フレームを海外通販で買ったら、何とフロントブレーキが同梱されていませんでした。ラン特集では海外ウェブサイトでのお買い物をお勧めしましたが、正直こうしたポカもあるんです。ご利用は計画的に。今回は取り敢えずデュラのブレーキを加工して装着して頂き、週末だけの特別仕様で急場をしのぎます
土曜日は天気もよく、季節はずれの気温で快適に飛ばしました。折り返し地点の道の駅でパチリ。井上氏@青山フラワーマーケットは撮影中もケータイが気になって仕方がないご様子
霞ヶ浦へ来たら、ランチは迷わずココへ。「しをみ食堂」のカツカレー。私はレバニラ炒め定食を頼みましたが、やはりこちらを頼むべきだったか……

コメント1件コメント/レビュー

札幌近郊在住者です。先日、来年夏の車検に向けてプレマシー(マツダ)を見に行きましたが、低燃費型のi-stopエンジンに4WDの設定は無いとのことでした。新型フリードもデミオも同様で、最近流行の低燃費車に4WDの設定は無いようです。●北海道も町中にFFの低燃費車があふれて来ましたが、上り坂の信号やスーパー駐車場入り口で動けなくなったFF車を助けたことが幾度かあります。●ディーラーの方は「FFでも問題ないですよ」「最近のスタッドレスは・・」と甘い言葉(=嘘)でFF低燃費車を勧めますが、それらが雪国においては交通の障害(運転環境の悪化)になっていることについて、メーカーの方々はどのように考えているのでしょうか?●フェルディナントさんには、今後低燃費車についてインタビューするときにそのあたりを聞いて頂ければと思います。●まずは、来年夏までにskyactiv-Dと4WDを搭載したプレマシーが登場することを願っています。(2011/11/10)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「マツダが低燃費を究めれば、リッター40kmも夢じゃない?」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

札幌近郊在住者です。先日、来年夏の車検に向けてプレマシー(マツダ)を見に行きましたが、低燃費型のi-stopエンジンに4WDの設定は無いとのことでした。新型フリードもデミオも同様で、最近流行の低燃費車に4WDの設定は無いようです。●北海道も町中にFFの低燃費車があふれて来ましたが、上り坂の信号やスーパー駐車場入り口で動けなくなったFF車を助けたことが幾度かあります。●ディーラーの方は「FFでも問題ないですよ」「最近のスタッドレスは・・」と甘い言葉(=嘘)でFF低燃費車を勧めますが、それらが雪国においては交通の障害(運転環境の悪化)になっていることについて、メーカーの方々はどのように考えているのでしょうか?●フェルディナントさんには、今後低燃費車についてインタビューするときにそのあたりを聞いて頂ければと思います。●まずは、来年夏までにskyactiv-Dと4WDを搭載したプレマシーが登場することを願っています。(2011/11/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長