• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

震災被災者の支援は「本当のジハード」

日本社会に生きるムスリム8

  • 佐藤 兼永

バックナンバー

2011年11月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は、日本に暮らすムスリムによる、東日本大震災の被災者への支援活動を紹介する。震災発生直後から現在に至るまで、日本のムスリムがコミュニティとして支援活動を主体的に行ってきた。この事実は、彼らを理解するために、ぜひ知っておく価値のあることだ。

 全国各地そして世界各地のムスリムが様々な支援物資や義援金を被災地に寄せた。例えばイスラム教団体のイスラミック・サークル・オブ・ジャパン(ICOJ)は、8月31日までに54回の支援活動をした。食料や生活必需品を被災者に送り届けるだけでなく、岩手・宮城・福島を中心に各地の避難所で炊き出しを行った。ICOJの中心メンバーは、日本在住歴の長い外国人ムスリムだ。しかしマレーシアやインドネシアなどイスラム圏からの留学生や日本人ムスリムも、彼らの支援活動に加わった。

 このコラムでは、東京都豊島区の大塚モスクを拠点にした、日本イスラーム文化センターによる被災者支援活動を紹介する。彼らの活動は、11月8日現在で96回にのぼる。支援物資を積んだ最初の車が大塚モスクを出発したのは、震災発生の翌週、3月15日のことだった。

 この支援活動は、おにぎりや水、紙おむつや衣類など、緊急支援物資を現地に届けることから始まった。だが、しばらくたつとおにぎりが炊き出しに変わった。被災者が仮設住宅に移り始めると、布団をはじめとする生活物資の提供も行うようになった。仮設住宅の入居者同士が部屋を出て交流する機会が持てるという理由で、現在も炊き出しを続けている。

マリック・バーバル・カーンさん。大塚モスクに寄せられた支援物資を載せた車を運転し、津波の被害を受けた気仙沼市街を通過する。
宮城県気仙沼市の岩松公民館に設置された避難所で、日本イスラム文化センターのボランティアと共に支援物資を降ろす現地のボランティア。震災直後は、自衛隊や自治体の支援が滞りがちな小規模な避難所を探して“飛び込み”支援を行った。その場で不足している物資を聞き取ると、メーリングリストで情報共有し、さらなる物資や食料、義援金を募った。

 日本イスラム文化センターの事務局長を務めるクレイシ・ハールーンさんは「震災発生直後から支援に乗り出せたのは、トルコの国際NGO人道支援基金の後押しがあったからかもしれない」と語る。このNGOのスタッフから支援の申し出を受けたのは3月11日の夕方。地震が起きてから、わずか2時間しかたっていなかった。クレイシさん自身、茨城に暮らす奥さんの両親はおろか、奥さんや子供の安否すら確認できていない時だった。NGOからの国際電話を受けたことで、被災者を支援するという考えが頭に浮かんだ。

 トルコのNGOは被災地を回って、どのような支援が必要かを調査し、日本在住のムスリムに伝えると帰国した。その際に義援金の提供を申し出たが、クレイシさんはそれを断った。日本に暮らす自分たちがまず資金を出してボランティア活動を始めるべきだと考えたという。

 ちなみに日本イスラム文化センターはこの後、自らが支援を継続する一方で、一度は辞退した義援金をトルコのNGOなどから受けるようになった。

マレーシア人留学生のヌール・アキラさん(手前)とシティ・ナディアさん。福島県いわき市のいわき芸術文化交流館アリオス内の避難所で4月3日に、現地のボランティアと共に炊き出しのカレーを配膳する。
前田ミサコさん。アリオス内の避難所で、日本イスラム文化センターによる炊き出しのカレーを夫・昭二郎さんの口に運ぶ。前田さん夫妻は福島第1原発の事故による避難地域に指定された福島県双葉郡楢葉町からいわき市に避難してきた。避難所に詰めていたいわき市職員によると、アリオスに避難していた被災者がこの時期に温かい食事を摂ることは稀だった。

コメント2件コメント/レビュー

どんなに素晴らしい教えも、「宗教」として体系化された途端、必ず利権争いの道具に悪用する人間が現れます。日本のメディアはこれまで、ムスリムの悪用例ばかりを強調する報道をしてきましたが、このような記事を積極的に報道することが、自由貿易以上に、かつそれ以前の問題としてはるかに重要な”開国”だと思います。(2011/11/15)

「日本に暮らすムスリムの日常」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

どんなに素晴らしい教えも、「宗教」として体系化された途端、必ず利権争いの道具に悪用する人間が現れます。日本のメディアはこれまで、ムスリムの悪用例ばかりを強調する報道をしてきましたが、このような記事を積極的に報道することが、自由貿易以上に、かつそれ以前の問題としてはるかに重要な”開国”だと思います。(2011/11/15)

おそらくマスコミやジャーナリズムは宗教色が報道に出るのを遠慮したのだと思います。「キリスト教会」というネットワークを持つキリスト教系各団体も、教会という各地域に偏在するコミュニティ拠点を活かして3・11の夜から活躍していましたが報道されたのを見た覚えがありません。(2011/11/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長