• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

Vol.40 好きか嫌いか、思い切ってどちらか片方だけにしてみる

俳句は一般論を述べるものではない

  • 千野 帽子,堀本 裕樹

バックナンバー

2011年11月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 朝晩は冬らしさを感じる今日このごろ、かわずくんたちの冬支度は済みましたか? 今日は好き嫌いと外来語について、堀やん先生が語りますよ!

堀本裕樹(以下堀):近所にいまだに朝顔が咲き誇っている庭があるんですよ。真っ青で「ああ、初冬の朝顔もいいものだな」と思いますね。

連載管理人(A)(以下A):西洋朝顔など、冬まで咲く品種があるみたいですね。わが家も真っ白い夕顔が、まだ咲いていますよ。緑のカーテンにするはずだったんですけどねぇ。

 さて今週は、コスモスの句から始めましょう。

コスモスや日記に捨てた好きや嫌い

菊八

 菊八さんの書かれたコスモスの句とはこれいかに。

:(スルー)コスモスといえば、先日吟行で訪れた小海線の線路沿いに咲いていた姿が印象的でした。標高1000メートル以上の涼しい高原に咲くコスモスは、都会で見るコスモスとまた違って、可憐なものですね。

 菊八さんのコスモスの句ですが、上五「コスモスや」と関係のない中七・下五の言葉を組み合わせた一句ですね。

A:「取り合わせ」の句ですね。

:日記を付けているのでしょう。日記に書かれた、日常の好き嫌い。それは人であったり物であったりするのでしょうが、日記は誰に見せるものでもないですから、正直な思いを綴ることができますね。

 しかし、この句で惜しいなあと思ったのは、季語「コスモス」が動くところと、「好きや嫌い」に具体性がないところです。読み手としては、「日記に捨てた好きや嫌い」では、想像をふくらませる手がかりがまだまだ漠然としているのです。何が好きなのか、何が嫌いなのか、そこを明確にすると、句に個性が出る。「その人の句」になるのです。この句では、好きなものか、嫌いなものか、どちらか一つに絞ったほうがいいでしょう。

A:好きなものだけか、嫌いなものだけかですか?

:そうです。たとえば、嫌いなものをきっぱりと言い切った句を観てみましょう。

夏痩せて嫌ひなものは嫌ひなり

三橋鷹女

つはぶきはだんまりの花嫌ひな花

三橋鷹女

日の昏れてこの家の躑躅いやあな色

三橋鷹女

気持ちのいいほど、「嫌ひ」を言い切っていますよね。

A:三句とも三橋鷹女の句なんですね。

コメント0

「千堀の「投句教室575・別館」 飛び込め! かわずくん」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本全体として若い世代にもっと所得の分配をしていくべきだと思う。

川野 幸夫 ヤオコー 会長