• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

イタリアと大阪の実に困った相似

2011年11月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大阪市長選が告示された11月13日の午後、私は大阪駅に降り立っていた。

 大阪に特段の用事があったのではない。途中下車だ。その日の夕方、神戸を訪れる予定があって、往路の新幹線で駅弁を食べる姿が、なんだかわびしく思えたので、大阪で遅い昼食をとるプランを採用したのである。

 大阪に立ち寄るのは、おそらく20年ぶりぐらいだ。
 御堂筋の中心街を自分の足で歩く経験ということになると、さらに久しぶりだ。もしかして、大阪に赴任した新入社員の頃以来かもしれない。ということは、約32年ぶりということになる。その前は万博。41年前。タイム・スリップだ。

 大阪は、すっかり様変わりしていた。薄汚れた印象のあったJRの大阪駅も見違えるようにきれいになって、駅前からの眺望は、一から十まで私の記憶と違っている。別世界に来たみたいだ。

 その日は、2時間ほどかけて、主に梅田の近辺を歩きまわった。
 曽根崎あたりで道に迷いながら、私は、神戸での用事が済んだら、もう一度戻って来ようと心に決めていた。大阪の街の様子がこんなに変わってしまっている以上、アタマの中の大阪像をアップデートしないといけない。でないと、私は判断を誤ることになる。

 翌日は、昼過ぎに大阪に戻ってきた。
 神戸の住吉というところから乗った電車が、「大阪北詰」駅に着いたところで、異変に気づいた。

「あれ? この電車、新大阪には行かないんじゃないかなあ」

 と、私は、同行していた編集者のA藤氏に言った。

「そうですか?」
 彼はよくわかっていない。

「大阪城はたしか市役所のすぐそばだったはずだから、大阪駅とは全然別方向です」

 と、私は大阪の地理について講釈を垂れたのだが、この説明は、後で確認したところ、かなり盛大に間違っていた。乗っている電車が新大阪に向かっていなかったことは言った通りだったが、大阪城は市役所の近所ではなかった。それに、市役所と大阪城が隣接しているのであれば、その北側は大阪駅にほど近いはずで、つまり、私は、市役所の場所も、大阪城との位置関係も、まるでわかっていなかったのである。

 結局、われわれは、「北新地」という駅まで戻って、そこで電車を降りた。
「北新地は梅田に近いはずです」
「そういえばそんな歌がありましたね」

 今度の断言は、そんなに間違っていなかった。というよりも、前の日に北新地あたりをさまよっていた私には、ある程度新鮮な土地勘があったわけで、近いも何も、新地は、ほぼ梅田そのものだった。

 A藤氏とは北新地で別れた。粋な別れの名所なのだそうだ。なるほど。
 で、一人、30年ぶりの大阪を探訪した。曽根崎、堂島から大江橋あたりの地上と地下を昇ったり降りたりして、それからたっぷり夕方まで、中之島、淀屋橋を経て、あとはひたすらに御堂筋を南に向かって下った。

コメント82

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「イタリアと大阪の実に困った相似」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授