• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

平時を知っているから有事に動ける

「危機を超える経営」著者、伊藤邦雄・一橋大学教授に聞く

2011年11月22日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 一橋大学教授・伊藤邦雄氏が新著のテーマに選んだのは、「危機を乗り越える経営」だった。2008年のリーマンショック、2011年の東日本大震災と、ここ数年日本企業の経営を根底から揺さぶる出来事が相次いだ。そのショックに耐え、見事に乗り越えてきた日本企業の強さを解説する。同時に、これらの危機の影で進行しつつあるもう1つの危機がある、と警鐘を鳴らす。

(聞き手は 蛯谷 敏=日経ビジネス記者)

―― この本を執筆するきっかけは、何だったのでしょうか。

伊藤 邦雄(いとう・くにお)
1951年千葉県生まれ。2002年一橋大学大学院商学研究科長・商学部長、2004年一橋大学副学長。シャープ取締役、東京海上ホールディングス取締役なども務める(写真:的野 弘路)

伊藤:きっかけは、2008年のリーマンショックです。私は縁あって大手企業の社外取締役を務めさせていただいているのですが、あのリーマンショック直後の取締役会の緊迫感が強烈に印象に残っていましてね。本当にどうなってしまうのだろうかと、本気で世界経済の終わりを感じました。

 その後数年が経ち、危機が去った後で、ふと、こんな疑問が浮上したのです。この深刻な衝撃を見事に切り抜け、立ち直った企業が少なからずあるはずだ、と。それらはどんな企業で、どんな経営をしているのだろうか。

 そういった企業群を調べていくと、経営のすごく重要な、あるいは本質的な側面が見えてくるんじゃないか。時機が来たら、是非検証してみたいテーマだと考えていました。これが、出発点となった問題意識だったのです。

 ところが、その問題意識に立って調査を始めようとした矢先に、今度は東日本大震災が起きました。これも、リーマンショックとは質は違いますが、日本企業を襲う突然の危機に違いありません。果たして、日本企業はこの危機をどう乗り越えたのか。それを、本書では解説しています。

―― 実際には、どう乗り越えたのですか?

伊藤:危機の感知や危機意識の熟成など危機をうまく乗り越えた企業にはいくつかの共通項がありました。けれど、突き詰めていくと、これはトップの意識に突き当たります。経営トップがいかに組織に危機感を持たせるかということに尽きると思います。

―― トップの危機意識ですか。

伊藤:そう。僕は、経営とは社員に危機意識をどう醸成するかだと思っています。しかも本気でね。多くの企業は危機だ、危機だ、と言っているけれど、それを社員が聞き流しているケースも多い。

 そのためには、日常の変化に気づく力が不可欠だと思います。「あれ?」と思う力です。何かちょっと変だなと、気づけるかどうか。

 例えば、工場を視察していてビス1本落ちていた時に、「こんなこともあるわな」と思うか「何かおかしい」と思うかの違いですよ。

 これは、平時を知っているからこそ気づけるということでもある。それが大きな危機の最初の兆しだったりするわけです。その時に、「あれ、ちょっといつもと違うんじゃないか」と思えるかどうかです。リスクを早く察知して、早く対処すれば軽いところで抑えられるんです。

 その積み重ねが、リーマンショックといった異変を早期に気づくきっかけになります。そして、その意識を、組織の隅々にまで浸透させておく必要があるわけです。

コメント0

「著者に聞く」のバックナンバー

一覧

「平時を知っているから有事に動ける」の著者

蛯谷敏

蛯谷敏(えびたに・さとし)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション編集を経て、2006年から日経ビジネス記者。2012年9月から2014年3月まで日経ビジネスDigital編集長。2014年4月よりロンドン支局長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長