• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

政治家にはうだつの上がらなさそうな人が多い

ノンフィクション作家中村安希氏に聞く

2011年12月2日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 新進気鋭のノンフィクション作家・中村安希さんが、若手政治家18人へのインタビューをもとに「Beフラット」(亜紀書房)を出版した。その経歴は、米国留学、日本での派遣労働、そして海外65カ国への旅と、ともすれば保守的で内向きとも言われるロストゼネレーションの中で異彩を放つ。中村さんにこれからの日本を背負って立つ若手の政治家がどう映ったのか聞いた。
(聞き手は福家 整=日経ビジネスオンライン副編集長)

―― まずは執筆のきっかけを教えてください。

中村:2009年に政権交代があって、年が明けると世の中は小沢問題で一色に染まっていました。そんなときに民主党のある議員から、「民主党には若手や中堅どころにいい政治家がいるんだから耳を傾けてほしい」という依頼が出版社にあったそうです。出版社側が書き手として探したのが若手の女。女で若くてノンフィクションやってる人となると、今やほぼ皆無らしいです。そこでお声がかかりました。

中村 安希(なかむら・あき)
ノンフィクション作家。1979年京都府生まれ、三重県で育つ。高校卒業後に渡米。カリフォルニア大学アーバイン校舞台芸術学部を卒業。日米で3年間社会人生活を送った後、65カ国を旅する。その旅行体験を綴った「インパラの朝」で2009年第7回開高健ノンフィクション賞を受賞。近著に「食べる。」

 出版社からは、政治ジャーナリストの書いたものは読みたくはないし、作らないでと言われました。彼らの中で手垢がついていない人は少ないし、彼らに任せると国民が分からないぐらいニッチな話題に入り込んでしまう。それに彼らはまた政治家にインタビューをして生きていかなければならないので取材対象に気を使わないといけないでしょう。

 その点、私は1回だけですから好きなこと書いて終わり。満遍なくすべての先生について書いたり、ホットな話題について書くということは一切しなくていい。自分の世代観を背負ってでしか書けないですから。

 最初は民主党の本を出すという話だったんですが、出版社が用意したアポ通りに議員会館で取材をしていったら、民主党の議員があまり面白くなかった。それに民主党の中であまりにも意見がばらついていて、それを一本にまとめて書くなんてことは不可能ということになり、自民党、みんなの党にも横断的にインタビューして、本当に面白いと思ったことだけを、自分の体験にひきつけて書くという形にした。

―― 若手から中堅の18人の政治家にインタビューしてみて、彼らに日本を変えていく力があると感じましたか?

中村:できないですね。社会にいてもうだつが上がらなかっただろうな、という人が多かった。彼らが一般の会社に入っていたらどのくらいお給料をもらっていたんだろうとか、どのくらいリスペクトされていたんだろうとか、どの程度のポジションにいけたんだろうなとか、いろいろ考えたりしたんですけど。

―― じゃあ日本では二流、三流の人間に政治を任せていると?

中村:いやあそうですよ。そういう本ですよ、これは。だから逆に、本書で例外的に取り上げた山内康一さん(衆議院議員、みんなの党)や小川淳也さん(衆議院議員、民主党)は政治家にならないほうがいい人生を送ったんじゃないかと思います。

 山内さんは元々難民問題や海外援助がやりたかったわけで、しゃべり方を聞いていてもやはり頭はいいし、自分のやりたいことをこれまでまっすぐやってきて、いまなんで自分が政治やってるんだとか、思うところもあるんじゃないですか。彼は派閥活動などをやらないタイプの人なので、選挙は得意じゃないかもしれないですが、やりたいことがはっきりしているので、落選したとしてもその後もいきいきとやりたいことをやっていくと思う。

コメント3件コメント/レビュー

政治ジャーナリストへの見解やメディア批判はその通りです。ただ民主主義下の政治なんてものは批判されるためにあるようなものです。「本当に、優秀で力のある少数の人々に国家運営を任せたい」なんてことは、いかなる政治体制下でも不可能です。それを可能にする方法論も述べずに、こんなことを安易に述べるのはアンチ国民国家・アンチ近代民主主義であり、寡頭制・独裁制支持と捉えられますよ(笑)また派遣労働者を批判してますが、彼らの「怠け」で一番得をしているのは既得権益層や正社員でしょ。そういった方たちが、本気で努力しだしたら、今度は自分たちが失職する可能性には気付いてますか?世の中には限られたパイしかなく、そこからいかに搾取するかが利益なんですよ。せっかく独立・中立した立場なら、もっと冷徹かつ皮肉に満ちたインタヴュー記事が読みたいです。(2011/12/02)

「著者に聞く」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

政治ジャーナリストへの見解やメディア批判はその通りです。ただ民主主義下の政治なんてものは批判されるためにあるようなものです。「本当に、優秀で力のある少数の人々に国家運営を任せたい」なんてことは、いかなる政治体制下でも不可能です。それを可能にする方法論も述べずに、こんなことを安易に述べるのはアンチ国民国家・アンチ近代民主主義であり、寡頭制・独裁制支持と捉えられますよ(笑)また派遣労働者を批判してますが、彼らの「怠け」で一番得をしているのは既得権益層や正社員でしょ。そういった方たちが、本気で努力しだしたら、今度は自分たちが失職する可能性には気付いてますか?世の中には限られたパイしかなく、そこからいかに搾取するかが利益なんですよ。せっかく独立・中立した立場なら、もっと冷徹かつ皮肉に満ちたインタヴュー記事が読みたいです。(2011/12/02)

良かったです。どうして議員の失言、アホな行動が出てくるのかと考えていましたが、少し納得。この本を読んでみます。(湘南オールドソルトA)(2011/12/02)

新聞社が揚げ足取り記者に終始している証拠ですね。非公式の談話を暴露するモラルのなさも、政治家を引きこもりにさせるでしょう。彼らの能力の問題だけではない。『ある大手新聞の記者に、「若手有力政治家に取材をしたいと申し込んだら断られた」と言う話しをしたら、「そりゃ当然ですよ。あの人は党の大事な人なんだからあなたなんかと会って、失言なんかを拾われたら大変なことになる」と言われたんですよ。』(2011/12/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授