• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

大阪の「維新」とまだるっこしい民主主義

2011年12月2日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 もやもやしている。
 今回もわかりにくい話を書かねばならない。

 「まとまりがない」「長い」「何を言いたいのかわからない」というコメントが、毎週、何通か届く。
 ご指摘の通りだと思う。

 文章を「情報伝達のツール」であるとする考え方からすれば、私が本欄に書いている原稿は、かなり完成度の低いドキュメントということになる。でなくても、ビジネス文書の作文法としては失格だろう。

 しかしながら、文章は、情報を伝達する以前に、人間が思考を展開する際のベースになるものだ。

 自分の考えがはっきりしていないことがものを書く動機になるケースすらある。人は、文章を書くことによってはじめて、自分の精神と真に直面することができる生き物だからだ。その意味では、必ずしも一本道の論理だけが尊いわけではない。たとえば落語のように、要約不能な「行間」や、内容とは別次元の「ニュアンス」に真価を宿しているタイプのコンテンツもある。文学と呼ばれるものは、おしなべてそういうできあがりかたをしている。自分が書いている原稿を文学だと言い張るつもりはないが、コラムは報告書ではない。営業日報よりは落語に近い。何が言いたいのかわからないのは、むしろ当然だ。私自身、自分が何を言いたいのかを知るために原稿を書いていたりするわけだし。

 なお、本欄のテキストの長大化傾向について、「原稿料の水増しを意図しているのではないか」という疑念が何度か寄せられているが、それは誤解だ。当コラムの原稿料は従量制ではない。一本いくらの定額制だ。書き手にとっては、たくさん書くほど、行数あたりの単価が下がる仕様になっている。それでもなお私が毎回長い文章を書いているのは、考えがカタチをなすまでに、それだけの道筋が必要だからだ。他意はない。つきあいきれない人は、アタマが良すぎるのか、でなければ悪すぎるのだと思う。

 今回書こうとしている主題は、文章に簡潔さを求める声と無縁ではない。
 この数カ月、私は、「明瞭さ」「効率」「果断さ」「クイックネス」「簡潔さ」「一貫性」「合理性」を求める声に、毎日のように直面している。上記の単語を列挙しているのは、当コラムのコメント欄に感想を書きこんでくる面々だけではない。日本中の、実に多様な立場の人々が、同じような声をあげている。

 私には、彼らの性急さがいったいどこからやってくるのか、それがよくわからない。単に私が浮世離れしているのか、でなければ、時代遅れの人間になりつつあるのか。答えはいまだに見つかってない。

 オリンパス問題、TPP、暴対法、大阪での選挙結果、自転車の車道通行問題、各種のコンプライアンス関連事案――思うに、これらのヘッドラインは、いずれも同じ課題をはらんでいる。すなわち、ここに列挙した話題は、すべて、「グレーゾーン」に対する寛容さの欠如に関連しているのだ。

 私たちは、自分たちの中にある「日本的」な、「なあなあ」の、「曖昧」で「無原則」なあれこれについて、うしろめたさに似た感覚を抱いている。そして、その一方で、グレーゾーンを取っ払う作業にうんざりしてきてもいる。別の言い方をするなら、われわれの社会は、白と黒との境界領域にある、「不明瞭さ」や「不効率」や「ルーズさ」に対して、鷹揚に構える余裕を失っており、他方、グローバリズムに取り込まれたローカルな組織に独特な、無力感に苛まれているのだ。

コメント142件コメント/レビュー

「橋下氏が市の財政を黒字にした」などという戯言を信じている人が、まだここにはいるのですね。その口で「小田嶋は大阪の実情を知らない。現実を見よ」などと言っても、まるで説得力がありませんよ。(2011/12/05)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「大阪の「維新」とまだるっこしい民主主義」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「橋下氏が市の財政を黒字にした」などという戯言を信じている人が、まだここにはいるのですね。その口で「小田嶋は大阪の実情を知らない。現実を見よ」などと言っても、まるで説得力がありませんよ。(2011/12/05)

教育改革についてだけ述べます。問題教師が多いのは事実だし、学校に改革が必要なことも事実。問題はその後。オダジマ氏が指摘なさるように、競争原理にも善をもたらす分野と害をもたらす分野がある、ということをどうして橋下氏はじめ多くの人が理解しないのか、わかりません。本当に学校を変え、子供のための教育改革を進めようとするならば、現実に驚くべき成果をあちこちで出している、佐藤学氏主導の「学びの共同体」づくりに、どうして学ばないのか、わかりません。教育を「政治主導」にして、競争原理で教師を切り始めたら、2,3年で大阪の教育現場は取り返しのつかない崩壊をしてしまうでしょう。犠牲になるのは子供達です。付け加えておきますが、私は、日教組は支持しないし、国旗・国歌に敬意を払うのは当たり前と思う者の一人です。(2011/12/05)

倒産しかけた会社に入り、ヒアリングをしてみると、この著者のようなことを言うものが多かった。そんな人たちが会社や社会をゆっくりと弱らせていく。仕事が楽で、責任が無い人ほどそういう傾向がみられる。経営のまずさと著者のような人間が組み合わさると、大阪市役所のような組織が出来上がるのでしょう。結局はその人たちを無視することが一番の立て直しになった。その人たちは、経営や組織の質が上がると自然といなくなっていた。今更ゆっくりしていては、立て直せるものも手遅れになるから、橋本新市長は知事時代から頑張っているのでしょう。何にしろ、経営というものはそういうものだと思います。(2011/12/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長